投稿

12月, 2016の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






2016年、大晦日となりました。

ここ数日は東方の山々の稜線がはっきりと見渡せる澄んだ空気の中で陽光が穏やかに温かく出ずる日々が続いています。予報では正月三が日もこの天気は続きそうです。今年最後のエントリーとなりました。

 今年も拙ブログに多くのビューを頂き、本当にありがとうございました。

 例年通り統計を見ますと、今年はメディアフォーマット論へのアクセスが多く見られました。これはハイレゾ関連への関心の高さではと分析しています。そしてスピーカー製作、レコードプレーヤーへの高いアクセスが例年同様に見られました。一応のアーカイブズとして捉えられているのならばと数年に渡りページ校正作業を続けて参りました。

 そんな地味な作業もあり今年は月1-2回のペースでの投稿となりましたが、結果やっとリンク切れやレイアウト修正の目処が立ちました。なんとか1日平均100ビュー前後で推移している状況は、トップページからアクセス頂いている、おそらく同じオーディオ愛好家の方々あってのことと想像しております。そうであれば有り難いことで、皆さまへ改めて感謝申し上げます。

 それと今年は2010年のブログ開設と同頃に始め一旦休止したTwitterやその他SNSにチャレンジしてみました。Twitterはブログ補完的な位置付け、Tumblr, Instagramは写真やアートワーク投稿・リブログを中心に利用しています。各SNSそれぞれに良さはありますが、総じてフォロワーの方々からインスパイアを受けています。ただ継続性は不確実、あくまでもブログが本分です。

 今年も上半期までは年数回コンサートへ出かけました。メジャーなソリストやオケだけではなく、若手演奏家の演奏会に出席する機会が幾度かありフレッシュな演奏と会場を盛り上げようとするサービスマインドの初々しさが印象的でした。後半は訳あって自制していましたが、来年は程々に演奏会に行く機会に恵まれればという感じです。

 オーディオについては広い意味で環境を整えることに終始した一年でした。MQA対応デバイスのインストール、セッティングの変更やシステムの試行錯誤、DIYプランの構想準備、また以前から計画していたことについて良縁、機会に恵まれついに着手できたりもしました。そのあたりは過日、機会があれば拙ブログにてご紹介させて頂きたいと思います。お楽しみに。

 それでは皆さま、よいお年を!

レビュー OpneHomePlayer ーWeb Config UIー

イメージ
UPnP/OpenHome上で稼働するOpenHomePlayerにWeb Config UIが追加されLinn Konfigから詳細設定ができるようになっていました。OpenHomePlayerはオープンソース・フリーウェアのレンダラーソフトで、簡単に言うとPCやラズパイがDSになるというアプリ。以前、拙稿にて機能性等に触れていますのでご参考まで。

 Linn KonfigのCONFIGURATION画面にDSやサーバーと並んでOpenHome Media Player(test)が表示されます。MacminiにOpenHomePlayerをインストールしていますので画面ではレンダラーがmac-mini.localと表記されています。

 Web Config UIではPCの音声をDSでストリームするSongcast機能やVolumeコントロール, TuneInやTIDAL(日本未展開)などのストリーミングサービスへのログイン設定が可能になり、タブレット画面からDS代わりのMacminiをコントロールしながらミュージック・サービスを利用できるようになりました。

 以前のOpenHomePlayerは詳細設定ができませんでしたので、一昔前のDSに一歩近いた感じがしますが、とは言ってもSpaceOptimisationなどのDSP機能は使えません。またテスト版ということもありMacでの稼働はフリーズなどの不安定さが残ります。他のソフトウェアと補完的に使うようなシーンで有効でしょう。

 試していませんが、Raspberry Piなどのデバイスではどうなんでしょう。


コラム オーディオスタイル ー再生芸術ー

「再生芸術」というフレーズに接することがあります。例えば「この音はまさに再生芸術である」とか「再生芸術がこの部屋にはある」などという言い回しですが、些か仰々しいこの定型句のようなフレーズは、その使い方として概ねオーディオ装置への賛美、またはその所有者への褒め言葉に用いられているようです。

 では「再生芸術」とは何でしょうか。端的に言えば、ピアニストがバッハ、ハイドン、モーツアルトの書き遺した楽譜をピアノで弾くことと理解しています。つまり、音楽家なり演奏者が楽器・楽譜を用いて芸術作品の楽曲を再現(再生)する行為のことだと。ただその言葉について、誰がいつ頃からどのような文脈で言い出したのか、不勉強なのでよくわかりません。

 Wikipedia*では「再生」という項において「演奏者が楽器などを演奏することで、芸術作品としての音楽(楽曲)を表現すること。」「受信機において、受信した周波数の信号の一部を増幅回路に再入力(正帰還)して増幅度と選択度を高める電子回路の方式。」と記され、前者は再生芸術、後者は再生回路と一応区分されています。その他の辞典でも意味は概ね重なります。

 上述の通り「再生」「芸術」と名詞で分ければ意味がわかります。それが「再生芸術」と名詞と名詞が連なったときにどちらが形容詞として機能するのか若干わかりにくい語句へと変化いたします。あたかもアップルとペンのように。前出の認識に沿えば「(演奏者による楽曲の)再生(行為)という芸術」と前句が形容詞として働くことが自然な文法として成り立ちます。

 では「再生芸術がこの部屋にはある」をどう捉えればいいのでしょうか。上述の認識を当てはめれば「音楽家なり演奏者が楽器・楽譜を用いて芸術作品の楽曲を再現(再生)する行為がこの部屋にはある」・・・なんだか回りくどい言い方になってしまいました。それもそのはずで、文脈には「オーディオ装置での再生行為」という暗黙知があるのでそれがなくても違和感のない語句として通ずるものと考え得るわけです。

 ですからこの場合「再生芸術」=「オーディオ装置での再生行為」が成文として正しいと言えるのです。いいえ、果たしてそう言えるのでしょうか。「音楽家なり演奏者が楽器・楽譜を用いて芸術作品の楽曲を再現(再生)する行為」が「オーディオ装置での再生行為」と同一視できる位の・・・という比喩ならば許容でき…

レビュー LUXMAN CL-38u

イメージ
遠い記憶を辿れば、木造家屋の板張りの居間の片隅にソニーのブラウン管式カラーテレビとナショナルのラジオ、襖を挟み隣接する床の間のある畳敷きの客間の一辺にビクターのステレオセットが設置されていました。いずれも赤焦茶系のウォールナットやチーク材のウッドキャビネットを纏い、家電があたかも家具と同列に扱われていた時代。

 近接し観察する。手を伸ばし触ってみる。凸凹としたメーカーのロゴプレート、カチッと切替音のする金属製のレバー式スイッチと円筒形のツマミ、押せば伸び目地にうっすら埃の入ったサランネット、テレビの起動音とパチパチとする静電気、レコードをかけると左右から等身大を超えた大きな声。これら音響の原体験。

 さて機器を正面から眺めると、シンメトリー&アシンメトリーにスイッチ類の均整がとれた配置とヘアライン加工のフェイスパネル。スイッチに手の伸ばし電源を入れると、パイロットランプが橙色に灯火し、円筒形のボリュームツマミ上の目盛りとなる小さなランプが点滅。しばらくするとカチッと音がし点灯に切り替わり再生の準備があっけないほどに整います。

 この機器が期待する音になるまでに2年お付き合いしたでしょうか。その間にオーディオラックでの配置や信号線のクロストークにも気を遣いましたが、エージングの歳月を経て設計者の意図したレンジへ広がるべくして至ったということの方がより本質的だったような気がしています。ふと気付いた時には、さすがに安堵の気分に浸ったことを思い返します。

 入力2系統、出力2系統をそれぞれ繋げています。お気に入りはフォノとメインイン。どちらも導入前の思惑通りでしたが、フォノはMM, MC high, MC lowに対応し、深淵と広袤を増す滋味あるサウンドを聞かせてくれます。メインインにはアキュフェーズをつなげておりますが、溌剌とした鮮烈明快なサウンドステージの土台に仄かな優艶な彩りを与えてくれています。

 古い録音のLPをターンテーブルにセットしゆっくりと針を落としますとややアンバランスな篭った音がする時があります。そういうときにはトーンコントロールノブを回し調節しますとアコースティックな響きを取り戻します。モノ盤の録音はStereo/Mono切替レバーを上下しますと、カートリッジを替えることなくリアルなサウンドを再現いたします。ヘッドシェル固定式のストレートアームに…

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release