投稿

12月, 2014の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

2014年、あと1日となりました。

穏やかな冬の陽光を窓外に眺めながら、日がな一日、音楽を聴き過ごしていました。今年最後のエントリーです。

 今年も拙ブログに多くのビューを頂き、本当にありがとうございました。

 例年通り統計を見てみますと、ネットワークオーディオとDIYへの継続的な関心の高さ、そして新たにレコードプレーヤー投稿へのアクセスも目立っています。拙ブログはエントリーサイドに立ったコンテンツが多いので、同様にアナログにトライしてみようとする方々へは情報として少しでも役立っているのかなと・・・共にTry&Errorを楽しんで参りましょう。

  振り返ると、新年早々ブログデザインを変えてみました。グラフィカルなレイアウトはビューワーとして利便性が高いようですが、過去のエントリー写真の関連付けを誤って切ってしまうという思いもよらぬアクシデントを経験しました。ビューワーの虫食い状態は頂けないのでデザインを再び変更し、過去投稿の連続性はアーカイブズの要点ですから、引き続きコツコツ補正していきたいと思いっています。

 また、オーディオ仲間に誘発されてレコードプレーヤー再生の撮影・編集・YouTubeアップロードと挑戦してみました。一つの投稿への作業コストは大幅に増えましたが、一方で楽しんで動画を作ることができました。おかげさまでレコードプレーヤー関連の投稿と動画への関心を多くの方に持って頂き、本当にありがたいことでした。

 また、最近の投稿で少し触れましたが、部屋替えをしたことでオーディオ環境が変わりました。それと前後するように新たな機器へも興味を抱き、そしてその顛末は新しい年に入りましたら、関連投稿を始めてみようかと思っています。こうして降り返ってみると、今年はブログに見えない部分で結構動きました。また新たな課題も見えてきました。

 今年はそれなりに足場が固まってきましたので、来年は少しばかり飛躍できればいいなと思っています。

 それでは皆さま、よいお年を!



アンプを考えてみる。-No.3

イメージ
今のメインアンプに至るまで複数の選択肢。その一つがトランジスタアンプでした。名はP-4100。アキュフェーズのセパレート型トランジスタアンプ。

 アキュフェーズの容姿と言えばシャンペーンゴールド、シンメトリカルデザイン、パワーVUメーター。華美でもなく、地味でもなく、端正で品行方正。洗練された存在感。国産アンプのエンクロージャーが幅440mmに収まる中、アキュフェーズは20mm以上サイズが大きい。そして重い。保守的な重厚長大志向。

 そのサウンドはアキュレイト。容姿イメージをそのままサウンドに反映したかのように卒がない。鮮烈で、抑制的。力強く、しなやか。いずれの相反する要素をもどちらも内在し、包括し、折り目正しく増幅された電流 電圧がスピーカーバッフルを支配し、音の情報が空間を支配する。

 アキュフェーズのパワーアンプをミキサーにつなぎ鮮烈な音を聞いたり、あるいは好みのプリアンプを繋げて音色を楽しむ。この2パターンを想定していました。そうこうしているうちに、可変抵抗体を使用しないAAVA方式を採用したプリメインアンプE-360が発売され、1台で2パターンを享受できることを知りました。



 前面パネルのスイッチを押すと、カチッと音がしてVUメーターランプが点灯する。この前面パネルは何か惹きつける。何だろうとしばらく考えていたが、黒色ベースのパネルに灯る電灯色と赤色と緑色の、カラーバランスの塩梅がいいのだと思う。アキュフェーズはエンクロージャー、サウンド、そして存在感までデザインしている。



つづきは、アンプを考えてみる。-No.4です。




オーディオユニオン 【中古】 Accuphase プリメインアンプ E-370 (税込)
価格:349800円(税込、送料無料) (2018/1/25時点)

アンプを考えてみる。-No.2

イメージ
今のメインアンプに至るまで複数の選択肢。その一つが真空管アンプでした。名はCL-88/MQ-88。ラックスマンのセパレート型真空管アンプ。 

 まずその容姿が斬新でした。伝統的な木箱ケースや前面パネルにツマミを並べて配置したプリアンプのエンクロージャーとは全く趣向の異なるデザイン。異彩を放つのはパワーアンプも同様。アルミ質感のシャーシがボンネットを囲うと、一見して真空菅アンプとは見紛う。LEDを効果的に使ったメーター類も印象的。 しかし不思議なことに、プリアンプとパワーアンプを並べると端正でモダンな真空管アンプのオーディオセットが見えてくる。

 そのサウンドはレンジが広くリッチ。キメの細やかさやを保ちつつ力強いドライブ力も兼ね備えている。一昔前の真空管アンプと比べると、むしろトランジスタアンプに近い印象さえ受ける。今思うと、ラックスマン11年ぶりの新作は、真空管アンプをハイレゾ時代に遜色なく聴かせる挑戦的でエポックメーキングな逸品でした。

 いいなと思いながら、そのいでたちを受け入れるまで少々時間がかかりました。その間にラックスマンがサウンドを進化させつつ、容姿を一新したセパレート型真空管アンプを発売しました。名はCL-38u/MQ-88u。以前から名機CL36/MQ60でTANNOYやJBLを悠々と鳴らすオーディオセットに憧れを抱いていましたが、そのノスタルジー志向は必ずしもある世代だけのものではありません。


 暗闇の中でスイッチを入れると、橙色の火が真空管の中にポッと灯り、その火を見つめていると次第にフィラメントが赤く色づいていく。同時にボンネットに近づけた顔にほんのり熱が帯びることを感じ、この時間軸で変化する物理変化こそアナローグであり、この儀式があってこそ真空管メインアンプでオーディオを聴くという醍醐味。


つづきは、アンプを考えてみる。-No.3です。



【送料無料】【オーディオ逸品館】LUXMAN-MQ-88u
価格:332,420円(税込、送料込)

アンプを考えてみる。-No.1

イメージ
今のメインアンプに至るまで、複数の選択肢を考えていました。

 スピーカーとの組み合わせはどれも甲乙付け難く、サウンドの志向性は大きく逸れることはなく、違いがあるとしたら増幅形式の違いとルックスの違い。最終的な選択は、その時のベストセレクトだったと言えますが、様々な制約がある中で難しい選択であったとも言えます。


 サウンド。嗜好性については中庸でかつ僅かに艶がある、言わばレンジの広い現代的な真空管サウンドが心地良く感じます。デザイン。それは機能性を昇華した挑戦的なミニマルなデザインや、いわゆるオーソドックスで保守的なプロダクトデザインを好みます。
 最終的にはスピーカーから出てくる音と、空間が音で満たされメンタルやフィジカルに届くことが全てですから、アンプの増幅形式についてこだわりはありません。その装置の機能性が形状に表れる佇まいや関連動作は見飽きないものですし、聴覚で音を感じ視覚で装置を愛でるひとときは、オーディオ趣味のエッセンスでもあります。

 それら装置を眺めながら、ふと考えるときがあります。あの組み合わせだったら、どうだったであろうかと。


つづきは、アンプを考えてみる。-No.2です。





Jeff Rowland ジェフローランド プリアンプ Capri S 2
価格:503800円(税込、送料無料) (2018/1/25時点)

ラベル別INDEX

もっと見る