投稿

6月, 2019の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ロッセン・ミラノフ & 児玉 桃 「チャイコフスキー」

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた『第121回定期演奏会 ミラノフ&児玉桃 ザ・チャイコフスキー!』へ行って参りました。例年は節分過ぎから気温が落ち着きますが、今冬は節分直後に寒波が押し寄せ、その後すぐに気温が上向く変則的な気候に左右されています。週末の午後は湿度を感じるあいにくの曇り空でしたが、穏やかな天気は人々の外出を誘うようです。

 開演15分前に到着するとエントランスホールには既に大勢の人が行き交い、チケットチェックの入口へと吸い寄せられます。会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子。その背後に赤い絨毯の指揮台。オーケストラセットはフルに近く、ステージ下手にオルガンと2台のハープ、ステージ背後には左手に銅鑼が目に入ります。ティンパニ奏者が開演直前までチューニングし、ステージ裏から管楽器の音が聞こえます。

 座席は2階左寄り。年齢構成は中高年が多い印象。開演を告げるアナウンスのあとステージが明るく照らされ、両手よりPACオーケストラ団員が登壇すると拍手が起こります。コンマスの豊嶋泰嗣さんがチューニングを始め、揃ったところで客席が暗転、下手より赤いドレスにシルバーゴールドのアクセントを纏った児玉桃さんと黒のタキシード姿のロッセン・ミラノフさんが登場するとひときわ大きな拍手が起こります。ミラノフさんと児玉さんが客席へ一礼し、いよいよ開演です。



PENTATONE公式YouTubeチャンネル 「Mari Kodama & Momo Kodama: Tchaikovsky Ballet Suites for Piano Duo」  

演目は
 ・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
  (アンコール)
  (休憩)
 ・チャイコフスキー:マンフレッド交響曲 ロ短調 Op.58
  (アンコール)


 今回のプログラムはオール・チャイコフスキープログラムです。ピアノ協奏曲 第1番は誰もが一度は耳にしたことがある有名な序奏と録音でも人気のある作品です。一方、マンフレッド交響曲は番号付けのない唯一の交響曲作品で普段は耳にする機会が滅多にありません。前半はピアニスト・児玉さんとPACとの共演、後半はミラノフさんのタクトが聞きどころ見どころ。期待に胸が膨らみます。




 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 …

コラム Rhapsody in Audio - 音楽と音響と人の未来 -

イメージ
あるオーディオショウへ赴きました。フロアの廊下で忙しくすれ違うスーツの方が会釈し、こちらも一礼。ブースへ入るとスピーカーからクラシック音楽が朗々と鳴っていました。担当者以外に誰もいない椅子に着座すると、担当者が流れている楽曲名を伝え、音源は持参したか、何かリクエストはあるかと尋ねました。今のままで結構だと答えると担当者は頷き、一緒にサウンドを聞き入ります。

 しばらくして楽曲が終わる頃、普段はどんな音楽を聞くのかと担当者は尋ねました。クラシック、ジャズ、ポップスの順に答えると、次はジャズ音源をセレクト。サウンドが流れるとまた二人で聞き入ります。途中でアンプを覗き込むと、ボリュームを少し落としアンプの説明が入る。次の予定もあり楽曲の間に来訪者が入室したタイミングで部屋を出ました。担当者と互いに目配せ、ありがとうと一言を添えて。

 別のフロアの廊下を通るとメーカー代理店関係者が離れていても聞こえるくらいの声量で話し込んでいました。ブースへ入ると担当者以外は誰もおらず椅子に着座します。流れている楽曲を1分程聞いて機器について伺おうと思った時には担当者は部屋にいませんでした。しばらく椅子に座って聞いていましたが、戻ってくる気配がない。仕方がないので部屋を後にします。ふと気がづくと廊下で話し込む関係者の声が部屋の中まで聞こえていました。

 顧客対応はヒューマンファクターですので当然違いは生じます。ただ筆者はカスタマーサービスのクオリティ、とりわけ前者の配慮の行き届いたホスピタリティある対応に好感を抱きました。ではなぜ、ほぼ同じ状況で差が生じたのでしょうか。

 ショウは英語でExhibition、つまり展示会。その理念目的は、一般的には”顧客創出””既存顧客との持続的な関係性の構築”が主軸です。内容はプロモーション。何をプロモーションするのか。この場合、音響(および音楽)です。構成は主催者、展示者、参加者。参加者とは業界関係者とエンドユーザーです。オーディオショウは目的・内容・対象・時期で分かれていますが、先述のショウは”既存顧客との持続的な関係性の構築”の比重が高い場であると認識しました。

 翻って前者は、既存顧客との関係を重視する運営の場においても新規顧客が満足する体験を提供しました。少なくとも見込み顧客である筆者との関係構築に成功しています。一方後者は、顧客対応がお…

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release