投稿

1月, 2018の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ロッセン・ミラノフ & 児玉 桃 「チャイコフスキー」

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた『第121回定期演奏会 ミラノフ&児玉桃 ザ・チャイコフスキー!』へ行って参りました。例年は節分過ぎから気温が落ち着きますが、今冬は節分直後に寒波が押し寄せ、その後すぐに気温が上向く変則的な気候に左右されています。週末の午後は湿度を感じるあいにくの曇り空でしたが、穏やかな天気は人々の外出を誘うようです。

 開演15分前に到着するとエントランスホールには既に大勢の人が行き交い、チケットチェックの入口へと吸い寄せられます。会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子。その背後に赤い絨毯の指揮台。オーケストラセットはフルに近く、ステージ下手にオルガンと2台のハープ、ステージ背後には左手に銅鑼が目に入ります。ティンパニ奏者が開演直前までチューニングし、ステージ裏から管楽器の音が聞こえます。

 座席は2階左寄り。年齢構成は中高年が多い印象。開演を告げるアナウンスのあとステージが明るく照らされ、両手よりPACオーケストラ団員が登壇すると拍手が起こります。コンマスの豊嶋泰嗣さんがチューニングを始め、揃ったところで客席が暗転、下手より赤いドレスにシルバーゴールドのアクセントを纏った児玉桃さんと黒のタキシード姿のロッセン・ミラノフさんが登場するとひときわ大きな拍手が起こります。ミラノフさんと児玉さんが客席へ一礼し、いよいよ開演です。



PENTATONE公式YouTubeチャンネル 「Mari Kodama & Momo Kodama: Tchaikovsky Ballet Suites for Piano Duo」  

演目は
 ・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
  (アンコール)
  (休憩)
 ・チャイコフスキー:マンフレッド交響曲 ロ短調 Op.58
  (アンコール)


 今回のプログラムはオール・チャイコフスキープログラムです。ピアノ協奏曲 第1番は誰もが一度は耳にしたことがある有名な序奏と録音でも人気のある作品です。一方、マンフレッド交響曲は番号付けのない唯一の交響曲作品で普段は耳にする機会が滅多にありません。前半はピアニスト・児玉さんとPACとの共演、後半はミラノフさんのタクトが聞きどころ見どころ。期待に胸が膨らみます。




 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 …

コラム なぜCDを買うのか?からみえるもの

なぜCDを買うのか?先日SNSで目に留まったフレーズです。そのフレーズと文章は多くの方々に共有・共感されていました。私も部分的に同意する一人でもあります。でも正直に言わせていただきますと違和感がありました。それはなぜかと考えてみました。

 なぜCDを買うのか?・・・アーティストの応援になるから。その点を否定する気はありません。CDを買うことにアーティストを応援する側面があることは確かだと思います。それは販売枚数が上がることで彼らのモチベーションにつながるだろうし、売り上げの一部が彼らの生活基盤と次の創作活動を支えることになるでしょうから。

 次にCDを再生するときのワクワク感・・・それが大なり小なりあることも否定しません。ミュージックプレーヤーで楽曲をスクロールしPlayアイコンをタップするよりも、ラックからメディアを探しCDトレイを開閉したり、レコードに針を落としたりする動作の方が音楽を再生する高揚感がやや増すことは肯定できる実感です。

 ではなぜ違和感なのか?・・・CDのブックレットは確かに大手ダウンロード配信には無いものです。1曲づつダウンロードする販売方式にブックレットは不釣り合いかもしれませんし、ハイレゾを購入してもブックレットが付いてこないことは一般化しています。でも本当にダウンロード配信にブックレットは付かないものなのでしょうか。

 海外に目を向けますと、多くのハイレゾを含むダウンロード配信サイトではCDに封入されているものと同じようにジャケット画像もブックレットも音源と同時にダウンロードできます。そのフォーマットはPNG, JPEG, PDFですのでPC内で拡大表示できますし、高画質印刷も可能です。特殊な例として楽譜を付加することさえできるのです。

 そこで違和感の正体が理解できました。CDにはあるものとして例示したアーティスト応援とワクワク感とブックレットのうち、とくにブックレットは国内だけの常識であり、それを文章を通して読むと、CDというフィジカルメディアだけの魅力のように集約し(暗にダウンロードと)相対化されうるように伝わっている点への違和感だということです。

 更に言えば、冒頭の文章への共感の多さはイコール常識のギャップの大きさかもしれないと考えると共感できえない感覚は更に増します。付言しておくと、なぜCDを買うのか?に反感を抱いている…

コラム いま聴く90年代ロックのキラーチューン3選

イメージ
いつから音楽を聞くようになったのか。思い出すと「物心ついたときから」というごくありきたりの一般的な答えになります。音楽一家ではなく音楽の授業も嫌いでしたが、それはハーモニカ、ピアニカ、リコーダー・・・クラスメイトの前で実演しなければならないプレッシャーが堪らないからに他なりませんでした。

 笑顔を作るコーラスも嫌いでした。今でこそ児童合唱にはリスペクトや微笑ましさすら感じますが、当時は指導の強いる姿勢に対し嫌悪に近い感情を抱いていました。エモーショナルなゴスペルと出会えば好きになったかもしれませんし、クラシックの理論的・反復的な練習に幼くから親和的であれば、また違った音楽観が生じていたのかもしれません。

 昔から楽器に触れ付いては離れはしましたが、一貫して(映像も含めた)音楽は聴いていました。オーディオからはやや遠ざかった時期もありましたが、ずっと音楽とは付き合い続け、タワーレコードが「No Music, No Life」というキャッチコピーを広告表現したときは”カッコいい!”よりも”やられた!”という感情が近かったように思います。今回はそのコピーが生まれた1996年当時の音楽レビュー的なコラムです。




Dreams [The Cranberries]




 クランベリーズ 1993年発売のアルバム「Everybody Else Is Doing It So Why Can't We」の中の1トラック。作詞作曲はDolores O'Riordan, Noel Hogan。この楽曲は発声やメロディに特徴があります。ドロレスだけではなくアイルランド出身のU2ボノやエンヤなどのシンガーも同じような表現をすることがあります。リージョナルでポリティカルな理由が背景にあるのかもしれません。

 そしてオルタナティブ・ロック初期のフォーキーでアビエントなテイストが感じられる点も特徴的と言えます。この楽曲はトム・ハンクス & メグ・ライアン主演の映画「You've Got Mail」、フェイ・ウォン主演の映画「恋する惑星」とダブルで大ヒットした映画に使用され、当時本当によくFMラジオで流れていましたし、アルバムは世界で500万枚以上のセールスを記録しています。




Torn [Natalie Imbruglia]




 ナタリー・インブルーリア 1998年発売のデ…

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part12

イメージ
2018年1月6日、Stereophileのジョン・アトキンソン氏が「More on MQA」と題する記事を掲載しました。これは昨年末から始まったMQAに関する「AS WE SEE IT」シリーズの続編です。拙稿Part11では総論とご紹介しましたが、今回の記事の中で彼は一般論の側面を記述したと述べています。いわゆるマーケティング論でもありますので、後半のジム・オースティン氏の技術論の記事と併せてお読みい頂くと、MQAの議論のテーブルの広さと深さがわかるのでないかと考えています。該当の記事から引用し意訳させて頂きます。


「伝達される情報の経済...エンコードされたものだけが必要なものだけでした。ただそれだけのこと(脚注1)」

 「1月号の”As We See It”で書いたように、J. Robert(Bob)StuartとPeter Cravenによって開発されたエンコード/デコードシステムであるMaster Quality Authenticated(MQA) は、当誌や他でもMQAエンコードされたファイルは元のPCMオリジナルよりも音質が良い傾向があるとするレポートがあるにも関わらず、広く批判されています。 また先月号ではジム・オースティン氏がMQAの再構成フィルタのタイムドメイン性能を調査し、私はより一般的な側面について検討し、最後にこう記述しました”MQAの批評は密接に関わる音楽産業界、オーディオメーカー、消費者を議論に巻き込みます。来月は"As We See It."と題しこれらを説明します。」

 「この号(p.125)では、MQAに関する連載シリーズのPart2で、ジム・オースティン氏が情報理論の観点から主題を検討しています。Claude Shannon(クロード・シャノン)のこの用語のコイニングでは、情報・帯域幅および時間は”メッセージを送るためのアイデアが物理的可能性の範囲内にあることを示す3つの精緻で交換可能な量”とみなすことができる(脚注2)。MQAは冒頭のエッセイで述べた目標を達成することと等価を有しているように見えます。エンコードされるのは、必要なものだけです。」

 「しかし私がMQAの理論的洗練さを検討しているにもかかわらず、納得できずに不本意に録音したり反対したりする方がいます(脚注3)。たとえばJana D…

レビュー アン・サリー クリスマス・コンサート

イメージ
昨年末になりますが、兵庫県立芸術文化センターで行われた「アン・サリー クリスマス・コンサート」へ行って参りました。12月の第2-3週は「Hyogo クリスマス・ジャズ・フェスティバル2017」として世界に名だたるジャズプレイヤーが兵庫へと集まります。当コンサートもそのプログラムの一つであり、アン・サリーさんのクリスマスコンサート・3DAYSの2日目でもありました。

 週末の午後で交通機関は混んでいましたが、開演時間の30分前には会場へと到着いたしました。天気はやや曇りながらティータイムの陽はまだ高く明るく、エントランスにはミドルエイジを中心に比較的年齢層が高めの人々で賑わい、週末のクリスマスイベントの雰囲気とともにライブ前に独特な高揚感のような空気も感じられました。

 会場は一昨年の神戸学院小ホールから阪急中ホールへキャパが拡がりました。ステージには青灯の暗がりの中央にマイクスタンド、それを取り囲む下手からエレピとグランドピアノ、ウッドベース、ドラム、背もたれ付きのピアノ椅子が2脚。座席は2階中央、ステージを俯瞰的に見下ろす天井桟敷のような位置です。その中ホールは普段、演劇等にも利用されています。




 ミュージシャンの方々がステージへ現れると客席から拍手が沸き起こります。ピアノ椅子にはトランペットの飯田玄彦さんとギターの小池龍平さんが腰を下ろしました。各自チューニングを始めそれが揃った頃にジャムが始まり、バンドマスターでしょうかピアノの小林創さんが合図をすると1st setの1曲目「胸の振り子」のイントロに入り、いよいよコンサートの始まりです。

 アン・サリーさんが袖からゆっくりとステージセンター歩み、客席が拍手で迎えます。イントロからアン・サリーさんの優しくも凛々しい歌声がマイクを通して発せられます。ステージはシンプルなセットながらライティングの演出とミュージシャンの方々の高度な演奏に惹き込まれます。そして曲間のチャーミングなMCで緊張感がほぐれ、次第に体がリズムを刻み出します。

 ギターで出演した小池さんがリハーサルの時でしょうか、会場の音質が良いことをSNSで発信されていましたが、再現性という点ではアルバム「Bon Temps」の音に近い演奏だったように感じました。ですから後刻、家でBon Tempsを聞くとコンサートの演奏の記憶が蘇ります。ゆえにパフォー…

2018年、始まりました。

イメージ
新年、明けましておめでとうございます。

 今年の元旦は凍てつく空の向こうにある山の稜線と雲の隙間から初日の出が射して見える厳かな雰囲気の朝を迎えました。お節をいただきながら家族で歓談、やがて穏やかな陽気となり近所の神社へと初詣。昨年一年の御礼と今年一年の繁栄祈願を行って参りました。再び年賀状を拝見しながらゆっくりいたしました。

 世間では夙に正月気分は薄れてきていると言われておりますが、我が家も例外ではなく元日こそ来客予定がございましたが、2、3日はショッピングモールへと出かけたり、用事を済ませたりと、音楽を聞く暇もないくらい充実した年始でございました。ですから未聴のレコードが待っております。

 例年通りデスクトップのショットです。サイドテーブルにMacbookを置いてみました。Thunderboltケーブルを長くとりましたので設置と作業に融通が効くようになり、はしご椅子とサイドテーブルの両方で使っています。フィジカルな外付けを使わないほぼノートブックで完結する環境です。

 今年は昨年できたコンサートやソフト鑑賞以外のなかなかできなかったDIYや楽器練習などに時間を置こうと考えております。DIYは頭の中で考えつつも実現できるかどうかまだわかりませんが、いずれ挑戦してみたいと意気込みだけ宣言しておきたいと思います。お約束ですが、ゆっくりマイペースのブログ更新予定です。

 今年も「Float A Flow」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release