投稿

6月, 2016の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー エドガー・モロー 無伴奏チェロ・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「エドガー・モロー 無伴奏チェロ・リサイタル」へ行って参りました。10月に入り朝晩、窓から入る風には涼を通り越してやや寒さを覚え始めています。そんな週末の午後は突き抜ける青空に雲が気持ちよく浮かんで漂うような好天に恵まれました。公共交通機関を利用し、会場へと続く人波に続きます。

 広場前にはいつものようにダンス練習に励む若者たち。エントランスには忙しく行き交う人々とCD販売のブースに人だかりができていました。KOBELCO 大ホールには開演15分前に到着。座席は1階中央。ステージには背板のない椅子と低い譜面台のみ。年齢構成は幅広く子供の姿も目立ちました。

 開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。下手よりエドガー・モローさんがチェロを持ちステージに歩み寄ると客席は大きな拍手で迎えます。黒のスーツ、開襟の白シャツ、靴下は茶系のチェック柄、エナメルの黒靴。モローさんが客席に深々と一礼し、椅子に着座。いよいよ開演です。






 演目は
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009
  (休憩)
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012
 (アンコール)


 今回は2018年の兵庫県立芸術文化センター・KOBELCO大ホールでのリサイタル以来、同会場での2度目の観劇です。しかもオール・バッハの無伴奏チェロ組曲のプログラムはモローさんの魅力がより伝わってくることを期待し、と同時に無伴奏チェロ組曲の曲目自体への渇望を催し、胸が高鳴ります。





 バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番:お馴染みの旋律。チェロの胴鳴り豊かな響きがホールに満たされ、広い音域はステージ全体を楽器に見立てたかのような鳴り。プレリュードが終わったときに拍手したいくらい惹き込まれる演奏でした。バロック時代の空間を想像しながら現代の音をオーバーラップさせ聞いていました。

 バッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番:第一番につづき、目を閉じるとあたかもアンサンブルで弾いているかのような錯覚、重奏感のある厚みを音に感じます。あまりにも心地よい響きにこくりこくりと舟を漕ぐ周囲の客席。夢うつつに近い現実に意識を置きつつも、モローさんが楽章の合間に額を拭う仕草が記憶に残ります。

 休…

コラム デジタルソリューション考・Part6 Roon・RAATとエクスペリエンス

昨年頃からroonがメディアで取り挙げられる機会が増えてきました。roonはRoon Labs社のミュージック&メディア・ソリューション・サービス。その原型はMQAフォーマットで今話題のMeridian Audio社のネットワーク・オーディオ・システムSooloos。roonはその開発部門からソフトウェアセクションがスピンアウトした企業の製品のようです。

 roonのウェブサイトを一読し、早速用意されているTrialサービスを利用してみました。roon、roon server、roon remote、roon bridgeと順に、いわゆるプレーヤー、サーバー、コントローラー、レンダラー機能を有するアプリケーションを各デバイスにインストールすると、メディアサーバーに保存している音源のアルバムアートがiPadのroon remote画面にすばやく美しく表示されました。

 続いて入出力デバイスの設定を行いプレイリストに曲を並べ再生すると、USB-DACを通じてスピーカーから音が出てきました。この間の一連のアクションはPC・ネットワークオーディオのフローと同じです。ただしroonはUIの視覚的、制御的な優位性がファーストタッチで実感でき、さらに楽曲等の付随情報にあたかも情報のページをめくるが如くアクセスできる機能も比較優位性を覚えました。そこでもう一度roonのウェブサイトを覗くと、目に付いたフレーズがありました・・・「experiene




 Experience 【エクスペリエンス=経験】エクスペリエンスとは、狭義のUX・ユーザーエクスペリエンス(デザイン)、広義のCX・カスタマーエクスペリエンスのことで、顧客経験価値または全体最適と称されるマーケティング用語です。これは顧客が企業の製品・サービスで感動を経験し、企業がその関係を持続し続けるためのサービスマネージメントというような概念です。

 従来はCS・カスタマーサティスファクション、CRMを採用するマーケティング手法が一般的でしたが、顧客とサービスの関係を感情・感覚で捉えると関心<満足<感動とスケールが右に行くほど重要であり、より顧客理解を進めるためにCSからCXへという流れが昨今のマーケティングにはあります。事例を挙げればAmazon、Appleは古参ですが、最近ではファッション系ECサイトのZ…

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part4

MQAフォーマットに関しての投稿が続きます。John Atkinson氏がStreophile誌上で「Inside MQA」と題するフォーマット解説を行っています。(Inside MQA | Stereophile.com)

 技術解説がメイントピックスですが、前段に興味深い一節がありました。As well asから始まるセンテンスで、MQAはストリーミング配信の音質向上とは別にレコード業界に他のベネフットがあるということを彼は主張しています。それはMQAがFLACのようなロスレス・パッキング・スキームとは異なるという点だと述べています。

 そのベネフィットとは、MQAによってレコード会社は著作権上の問題を絡む、ハイレゾマスターの複製をもはや販売することはなくなり、その代わりにマスターと同等に聞こえるであろう、いずれかの商品を販売し、マスターを複製することはできなくなるだろうということのようです。

 昨今のフォーマット論はオーディオ業界主導のマーケティング戦略の一環という側面が大きく、製作側の視点に立ったものなのか疑問を感じる、偏った評論や広告が巷に溢れ、そもそもハイレゾマスターのリリースに消極的、否定的なアーティスト側も、オーディオ業界隈に限定した話としてオーディオファイルほどの関心を抱くことはなかったのではないでしょうか。

 さてここへ来て、MQAのリリースが誘発し、いよいよフォーマット論の核心の論点に入ったという感を持ちます。それはフォーマット論を語る上で欠かせない、製作側のベネフィットという視点です。それはとりもなおさず、MQAがリスナー、アーティスト、技術者そしてレーベルというステークホルダーにメリットがあるデジタルメディア・音楽メディアとして成立するのか?という、今最も必要とされている論点でもあります。

 この点は前回の投稿で言及したマーケティングの事情という一節と重なり、元をただせば、当ブログのコラム「音楽メディアとフォーマット」でデジタルメディア時代の課題設定とした掲げた音楽産業界のベネフィットとコストというテーマに立ち返るもので、単にフォーマット論という枠を超えた議論に広がる可能性が見えてきました。

 ちなみにそのMQAですが、米RIAAがMPEG 4 AUDIO SLSと並びハイレゾとして認定することをアナウンスしました。(HI-RES M…

ラベル別INDEX

もっと見る