投稿

4月, 2019の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

コラム No Audio Too Taboo - 公正さについて。ある視点から -

イメージ
今日、我々は日常的に多種多様な国内外の音響製品に接する機会があります。そしてそれに付随するサービスも一様ではなくまた異なります。たとえば製品管理において、シリアルナンバーのみ管理しているメーカー、シリアルは必須だが便宜的に顧客情報を管理しているメーカー、シリアルも顧客情報も一元管理するメーカーと姿勢は様々です。そこへ代理店が加わるとさらに複雑になるケースがあります。

 たとえば、とある海外メーカーが製品シリアルと顧客情報を一元管理していたとします。製品アップデート時には”必ず”シリアルと顧客情報が必要になります。故障等のサポートが必要な場合は代理店を通じてサービスを受けることになりますが、その際はさらに”代理店が発行した登録番号”と顧客情報が必要になります。代理店は中古品・二次流通品について原則的にサポート対象外とし、ユーザーが中古品を売買する際にはメーカーの顧客情報を自ら名義変更する必要があります。

 後者のような顧客管理は代理店の対応からサービスという要素以外に流通管理の側面が垣間見えてきます。経験上、メーカー代理店サイドの厳格な管理とユーザーサイドの融通はトレードオフを生じることがありますので、機能も含め顧客管理やサービスを変更する際には、メーカーサイドによるユーザーサイドへ丁寧な説明努力とユーザーの利益確認などのコミュニケーションは双方にとって合理的行動であり、これらは権利や規約などを持ち出すまでもなく、モラルや公正さという観点で然るべきことと捉えています。

 また、言うに及ばず国内外には組織・個人を含む複数のオーディオメディアが存在しています。彼らは日々リリースされるオーディオ機器・関連製品・イベントニュースのほか、レビュー・コラムを掲載しています。筆者の知るところでは、彼らのほとんどは紙媒体やWEB、SNS等のクロスメディアを採用し、プリントとデジタル・サブスクリプションサービスのために出版事業とWEBメディアの運営を行ない、我々オーディオファン、音楽愛好家はそれらの情報に日々接しています。

 我々が彼らメディアに期待することは何でしょうか。いち早くニュースを掲載する速報性、製品からサービスまで広く取り上げる総合性、情報に誤りがない確実性、複数の角度から観察する多面性、製品を高い知見で評価する専門性、様々な意見を受け入れる多様性、視点に偏りがない中…

Moon Boat / 西川彩織グループ [music review]

イメージ
西川彩織グループによる2019年2月発売のアルバム「Dreamer」からの1トラック。同アルバムは西川さんがコンボとして初めてリリースしたファーストアルバム。アートワークは街灯らしきオレンジの光にグリーンのやイエローなどカラーがコラージュし西川さんを照らし出すポートレイト。

 レーベルはdoLuck Jazz。録音は2018年9月12-13日、前橋・夢スタジオにて行われ、レコーディング&ミキシングはNori Shiota氏、マスタリングはGene Paul氏 (G&J Audio)、プロデューサーはKiyotaka Hirai氏がクレジットされています。9曲中7曲の作曲と全曲のアレンジは西川さん自身が行なっています。




[Trailer] Saori Nishikawa Group 1st Album "Dreamer"

 ピアノによる叙情的なメロディのイントロダクション。音の粒が立ち上っては消えるかのような情景をイメージ。Dコードのリフにベル、ツリーチャイム、シェイカー、シンバルによるきらめく音の重なり。ウッドベースが主旋律を高らかに歌うように低く鳴る。ついでエレキギターが歌い継ぎ、ピアノが加わる。パーカッションの小刻みで居心地のよいリズム感。

 アルトサックスが主旋律を楽しげに歌い出す。エレキギターとアルトサックスによるインプロヴィゼーションは都会的に洗練されたクールさとホットな情熱をも併せ持つプレイング。サポートするピアノ、パーカッション、ドラムの繊細かつ大胆な疾走感。あたかも多彩な音の打ち上げ花火を見ているかのような華やかさ。

 ”Moon Boat”と名付けられたこの楽曲は古典・万葉集からインスピーションを受けた旨が西川さんのコメントとしてライナーノーツに記されています。宇宙を漕ぎ見れば、彩り鮮やかな星の海、それがバンド自身と奏でる音といったところでしょうか。平成最後のミュージックレビューが数日後に迎える新たな年号・令和の典拠となった万葉集つながりの楽曲とは偶然か、はたまた必然だったのか。

 西川彩織グループはセクステッド。ドラムの西川さんのほか、小田采奈さん(アルトサックス)、松原慶史さん(ギター)、千葉岳洋さん(ピアノ)、佐藤潤一さん(ベース)、小柳えめりさん(パーカッション)の比較的若手で構成されており、各プレーヤーの闊…

Ocean Deep / Chlara [music review]

イメージ
Chlaraによる2018年12月発売のアルバム「evo sessions」からの1トラック。アルバムは世代を超えた名曲のカヴァー集です。アートワークはChlara(クララ)さんが歌唱中のスナップショットでしょうか。ステージライトのイレギュラー・リフレクションを活かしたアートワークは、もしかしたらスタジオ録音時の模様なのかもしれません。

 レーベルはevosound。録音は2018年9月6日、Manila・Spryta Recordings Studioにて行われ、ミキサーはTom Hall氏 (Disk Eyes Productions, Seattle)、マスタリングはBastiaan Kuijt氏 (BK Audio, Amsterdam)、プロデューサーはRicson Mercado氏、エグゼクティブ・プロデューサーはAshley Whitfield氏 (Evolution Management Ltd.)がクレジットされています。









 「Ocean Deep」の原曲のコンポーザーはRod Trott、Jon Sweet両氏。シンガーのCliff Richard氏により1983年リリースのアルバム「Silver」に収録されAORのテイストを感じるスローバラード作品。2018年リリースのChlaraさんのバージョンではピアノ、アコースティックギター、パーカッションによるシンプルな構成。

 Dコードで始まるピアノのメロディとギターの和音にシンバルのアクセントが加わるイントロダクション。Chlaraさんがそっと歌い出します。優しく清澄で艶のある声のテクスチャでフワっと漂いスーッと消えゆくようなヴォイスにアコースティックギターのブリリアントな音色が絡み合い、ほんのりぬくもりを感じる繊細なサウンド。

 できない、ひとり、そして深海と切ないフレーズがつづく歌詞に込められたであろう心の機微を声で表現するChlaraさんと、その感情と楽曲の旋律の美しさを多彩な音で表現するバンドの演奏にグッと惹き込まれます。ギターのフレットが擦れる音、ピアノ伴奏の厚い響き、ワイヤーブラシの打音とツリーチャイムの金管の質感、定位がクリアに再現されている優れた音質。

 当アルバム作品をPCに取り込みMQA対応DACのデコーダを通すとMQA認証マークが青点灯します。MQA-CDのレゾリューションは…

コラム いま聴く平成のポップス30選 洋楽・オルタナティブロック編

イメージ
前回に引き続き平成の時代の音楽をプレイバックいたします。今回はオルタナティブロック。オルタナティブロックとは”もう一つのロック”、相対するものは従来のロック。背景にはショービジネス化したロックミュージックへの不満がありました。オルタナティブロックは先ずカレッジチャートで人気を博し、身の丈のカジュアルなファッションとシンプルかつストレートな音楽性で90年代以降、急速にロックシーンで支持されます。期せずして平成元年がその端境期でもありました。それでは聴いてまいりましょう。




平成元年(1989): The Stone Roses - Made Of Stone (The Stone Roses)




平成元年(1989): The Jesus And Mary Chain- Coast To Coast (Automatic)



平成2年(1990): R.E.M. - Stand (Green)




平成3年(1991): R.E.M - Losing My Religion (Out Of Time)




平成3年(1991): Spin Doctors - Two Princes (Pocket Full Of Kryptonite)




平成4年(1992): Soul Asylum - Runaway Train (Grave Dancers Union)




平成5年(1993): Radiohead - Creep (Pablo Honey)




平成5年(1993): Pearl Jam- Rearviewmirror (Vs)




平成6年(1994): Primal Scream - Rocks (Give Out But Don't Give Up)




平成6年(1994): STONE TEMPLE PILOTS - Interstate Love Song (Purple)




平成7年(1995): Blur - Girls And Boys (Parklife)




平成8年(1996): Suede - Trash (Coming Up)





平成9年(1997): The Chemical Brothers - Block Rockin' Beats (Dig Your Own Hole)






平成10年(1998): Massive Attack - Teardrop (Mezzanine…

ラベル別INDEX

もっと見る