投稿

4月, 2019の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー エドガー・モロー 無伴奏チェロ・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「エドガー・モロー 無伴奏チェロ・リサイタル」へ行って参りました。10月に入り朝晩、窓から入る風には涼を通り越してやや寒さを覚え始めています。そんな週末の午後は突き抜ける青空に雲が気持ちよく浮かんで漂うような好天に恵まれました。公共交通機関を利用し、会場へと続く人波に続きます。

 広場前にはいつものようにダンス練習に励む若者たち。エントランスには忙しく行き交う人々とCD販売のブースに人だかりができていました。KOBELCO 大ホールには開演15分前に到着。座席は1階中央。ステージには背板のない椅子と低い譜面台のみ。年齢構成は幅広く子供の姿も目立ちました。

 開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。下手よりエドガー・モローさんがチェロを持ちステージに歩み寄ると客席は大きな拍手で迎えます。黒のスーツ、開襟の白シャツ、靴下は茶系のチェック柄、エナメルの黒靴。モローさんが客席に深々と一礼し、椅子に着座。いよいよ開演です。






 演目は
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009
  (休憩)
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012
 (アンコール)


 今回は2018年の兵庫県立芸術文化センター・KOBELCO大ホールでのリサイタル以来、同会場での2度目の観劇です。しかもオール・バッハの無伴奏チェロ組曲のプログラムはモローさんの魅力がより伝わってくることを期待し、と同時に無伴奏チェロ組曲の曲目自体への渇望を催し、胸が高鳴ります。





 バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番:お馴染みの旋律。チェロの胴鳴り豊かな響きがホールに満たされ、広い音域はステージ全体を楽器に見立てたかのような鳴り。プレリュードが終わったときに拍手したいくらい惹き込まれる演奏でした。バロック時代の空間を想像しながら現代の音をオーバーラップさせ聞いていました。

 バッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番:第一番につづき、目を閉じるとあたかもアンサンブルで弾いているかのような錯覚、重奏感のある厚みを音に感じます。あまりにも心地よい響きにこくりこくりと舟を漕ぐ周囲の客席。夢うつつに近い現実に意識を置きつつも、モローさんが楽章の合間に額を拭う仕草が記憶に残ります。

 休…

Moon Boat / 西川彩織グループ [music review]

イメージ
西川彩織グループによる2019年2月発売のアルバム「Dreamer」からの1トラック。同アルバムは西川さんがコンボとして初めてリリースしたファーストアルバム。アートワークは街灯らしきオレンジの光にグリーンのやイエローなどカラーがコラージュし西川さんを照らし出すポートレイト。

 レーベルはdoLuck Jazz。録音は2018年9月12-13日、前橋・夢スタジオにて行われ、レコーディング&ミキシングはNori Shiota氏、マスタリングはGene Paul氏 (G&J Audio)、プロデューサーはKiyotaka Hirai氏がクレジットされています。9曲中7曲の作曲と全曲のアレンジは西川さん自身が行なっています。




[Trailer] Saori Nishikawa Group 1st Album "Dreamer"

 ピアノによる叙情的なメロディのイントロダクション。音の粒が立ち上っては消えるかのような情景をイメージ。Dコードのリフにベル、ツリーチャイム、シェイカー、シンバルによるきらめく音の重なり。ウッドベースが主旋律を高らかに歌うように低く鳴る。ついでエレキギターが歌い継ぎ、ピアノが加わる。パーカッションの小刻みで居心地のよいリズム感。

 アルトサックスが主旋律を楽しげに歌い出す。エレキギターとアルトサックスによるインプロヴィゼーションは都会的に洗練されたクールさとホットな情熱をも併せ持つプレイング。サポートするピアノ、パーカッション、ドラムの繊細かつ大胆な疾走感。あたかも多彩な音の打ち上げ花火を見ているかのような華やかさ。

 ”Moon Boat”と名付けられたこの楽曲は古典・万葉集からインスピーションを受けた旨が西川さんのコメントとしてライナーノーツに記されています。宇宙を漕ぎ見れば、彩り鮮やかな星の海、それがバンド自身と奏でる音といったところでしょうか。平成最後のミュージックレビューが数日後に迎える新たな年号・令和の典拠となった万葉集つながりの楽曲とは偶然か、はたまた必然だったのか。

 西川彩織グループはセクステッド。ドラムの西川さんのほか、小田采奈さん(アルトサックス)、松原慶史さん(ギター)、千葉岳洋さん(ピアノ)、佐藤潤一さん(ベース)、小柳えめりさん(パーカッション)の比較的若手で構成されており、各プレーヤーの闊…

Ocean Deep / Chlara [music review]

イメージ
Chlaraによる2018年12月発売のアルバム「evo sessions」からの1トラック。アルバムは世代を超えた名曲のカヴァー集です。アートワークはChlara(クララ)さんが歌唱中のスナップショットでしょうか。ステージライトのイレギュラー・リフレクションを活かしたアートワークは、もしかしたらスタジオ録音時の模様なのかもしれません。

 レーベルはevosound。録音は2018年9月6日、Manila・Spryta Recordings Studioにて行われ、ミキサーはTom Hall氏 (Disk Eyes Productions, Seattle)、マスタリングはBastiaan Kuijt氏 (BK Audio, Amsterdam)、プロデューサーはRicson Mercado氏、エグゼクティブ・プロデューサーはAshley Whitfield氏 (Evolution Management Ltd.)がクレジットされています。









 「Ocean Deep」の原曲のコンポーザーはRod Trott、Jon Sweet両氏。シンガーのCliff Richard氏により1983年リリースのアルバム「Silver」に収録されAORのテイストを感じるスローバラード作品。2018年リリースのChlaraさんのバージョンではピアノ、アコースティックギター、パーカッションによるシンプルな構成。

 Dコードで始まるピアノのメロディとギターの和音にシンバルのアクセントが加わるイントロダクション。Chlaraさんがそっと歌い出します。優しく清澄で艶のある声のテクスチャでフワっと漂いスーッと消えゆくようなヴォイスにアコースティックギターのブリリアントな音色が絡み合い、ほんのりぬくもりを感じる繊細なサウンド。

 できない、ひとり、そして深海と切ないフレーズがつづく歌詞に込められたであろう心の機微を声で表現するChlaraさんと、その感情と楽曲の旋律の美しさを多彩な音で表現するバンドの演奏にグッと惹き込まれます。ギターのフレットが擦れる音、ピアノ伴奏の厚い響き、ワイヤーブラシの打音とツリーチャイムの金管の質感、定位がクリアに再現されている優れた音質。

 当アルバム作品をPCに取り込みMQA対応DACのデコーダを通すとMQA認証マークが青点灯します。MQA-CDのレゾリューションは…

コラム いま聴く平成のポップス30選 洋楽・オルタナティブロック編

イメージ
前回に引き続き平成の時代の音楽をプレイバックいたします。今回はオルタナティブロック。オルタナティブロックとは”もう一つのロック”、相対するものは従来のロック。背景にはショービジネス化したロックミュージックへの不満がありました。オルタナティブロックは先ずカレッジチャートで人気を博し、身の丈のカジュアルなファッションとシンプルかつストレートな音楽性で90年代以降、急速にロックシーンで支持されます。期せずして平成元年がその端境期でもありました。それでは聴いてまいりましょう。




平成元年(1989): The Stone Roses - Made Of Stone (The Stone Roses)




平成元年(1989): The Jesus And Mary Chain- Coast To Coast (Automatic)



平成2年(1990): R.E.M. - Stand (Green)




平成3年(1991): R.E.M - Losing My Religion (Out Of Time)




平成3年(1991): Spin Doctors - Two Princes (Pocket Full Of Kryptonite)




平成4年(1992): Soul Asylum - Runaway Train (Grave Dancers Union)




平成5年(1993): Radiohead - Creep (Pablo Honey)




平成5年(1993): Pearl Jam- Rearviewmirror (Vs)




平成6年(1994): Primal Scream - Rocks (Give Out But Don't Give Up)




平成6年(1994): STONE TEMPLE PILOTS - Interstate Love Song (Purple)




平成7年(1995): Blur - Girls And Boys (Parklife)




平成8年(1996): Suede - Trash (Coming Up)





平成9年(1997): The Chemical Brothers - Block Rockin' Beats (Dig Your Own Hole)






平成10年(1998): Massive Attack - Teardrop (Mezzanine…

ラベル別INDEX

もっと見る