投稿

3月, 2013の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

Apple Macmini メディアサーバー -No.8 バックアップ編(Get Backup Lite)

イメージ
Macには標準でTimeMachineがインストールされていますが、当Macminiの場合は外付けHDDに音楽ファイルを収納していますので、TimeMachineではその範囲が及びません。外付けHDDが故障したりデータ消失のリスク時のために、もう一つの外付けHDDにバックアップを取ることにします。




MacminiはUSB3.0ポートが4つありますので他の外付けHDDを接続し、例えばGet Backup Liteというバックアップ・同期のフリーソフトがあります。


MBP側にGet Backup Liteをインストールし、Macminiのフォルダ・ファイルをバックアップと同期するものです。拙宅ではWiFi(LAN)越しに使います。


UIはわかりやすくて[Backup] [Synchronize]の2メニュー。 上図は [Synchronize]画面ですが、左窓がMacminiの外付けHDD内のiTunesフォルダを、右窓がMBPの外付けHDDを指定。操作はバックアップすれば、後は同期することでMacmini側のファイル変更があればMBP側も反映されるというものです。スケジュールも設定できます。
Wi-Fi経由の場合、転送速度はトラフィックに依存します。システムデータはTimeMachineで、音楽ファイルはバックアップソフトで、という補完的に使う感じです。

目次
Apple Macmini メディアサーバー -No.1 導入編。
Apple Macmini メディアサーバー -No.2 準備編。
Apple Macmini メディアサーバー -No.3 サーバーソフト導入編。
Apple Macmini メディアサーバー -No.4 OS X Server導入編。
Apple Macmini メディアサーバー -No.5-1 OS X Server 初期設定編 。
Apple Macmini メディアサーバー -No.5-2 OS X Server サービス設定編-1。
Apple Macmini メディアサーバー -No.5-3 OS X Server サービス設定編-2。
Apple Macmini メディアサーバー -No.6 メモリ換装編。
Apple Macmini メディアサーバー -No.7 リモートマネージメント(VNC)編。
Apple Macmini メディアサーバ…

Apple Macmini メディアサーバー -No.7 リモートマネージメント(VNC)編

イメージ
リモートマネジメントを使って他のPC/MacからMacminiをコントロールします。
NASの場合、PC/MacからコントロールアプリやLinuxターミナルコマンドでアクセスしますが、Macminiをサーバー化した場合は先述のファイルアクセスと以下の画面コントロールが同程度の操作になると思います。



Macmini [システム環境設定] > [共有] > [リモートマネージメント:入] > [コンピュータ設定]


VNC 使用者が画面を操作することを許可 パスワード:任意 (PC/Macからコントロールする時のパスワード*を決めておく。)


[オプション] > [監視 制御、監視されていることを知らせる:チェック]

■Macの場合:
[Finder] > サイドバーの[共有] > [画面を共有]


Macminiの管理者名、パスワード*を入力し接続。


MBPからMacminiのデスクトップ画面をコントロールできました。

■PCの場合: VNC Viewerを利用します。
MacminiのIPアドレス入力。


パスワード*を入力。


PCからMacminiのデスクトップ画面をコントロールできました。

今回はMacminiのOS X Serverをさらに使うことを前提で「リモートマネージメント」での画面共有を行っていますが、Macには[システム環境設定] > [共有]に「画面共有」という機能があり、Mac同士でかんたんに画面共有できます。

つづきは、Apple Macmini メディアサーバー -No.8 バックアップ編(Get Backup Lite)です。

Apple Macmini メディアサーバー -No.6 メモリ換装編

イメージ
音楽再生と写真ファイル編集など同時アクセスすると拙宅の環境では音切れが稀に生じます。メモリ不足か転送速度だと思うので、とりあえずメモリ増量してみることにしました。4GB+4GB=8GBに換装します。




Macminiを裏返すだけ。


裏蓋をあけるだけ。


メモリを外すだけ。


メモリを取り付けるだけ。


Macminiを表向けるだけ。


メモリ認識をチェック。…完了。

動作は快適です。同時アクセス時の稀な音切れも解消しました。常駐プログラムはデフォルトアプリ以外では主にOS X Server、Twonky、PS3MediaServer、SongBoxで大きくメモリ消費するプログラムは使っていませんが、例えばMBPの4GBでFusion+Windowsを使って問題ないので、トレードオフを考えたらコストパフォーマンスはいいんじゃなかろうか?という感じです。



つづきは、Apple Macmini メディアサーバー -No.7 リモートマネージメント(VNC)編です。


Apple Macmini メディアサーバー -No.5-3 OS X Server サービス設定編-2

イメージ
■[サービス] ファイル共有

他機からHDDまたは指定フォルダにアクセス権を設定する必要があります。言い換えれば、デフォルトではアクセス権はありません。


[システム環境設定]>[共有]を選択。


[共有]> 共有フォルダ:外付けHDD1 ・ユーザー:管理者名 「読み/書き」に設定。 ・外付けHDD1>右クリック>「情報を見る」 ポップアップウィンドウが開きます。
(個別フォルダにアクセス権を設定する場合は外付けHDD1ではなく[共有フォルダ]に指定したいフォルダを追加し同様の設定を行います。)

ポップアップウィンドウの表示。 共有とアクセス権:  ・鍵マークをクリック>管理者パスワードを入力。 ・歯車マークをクリック>内包している項目に適用。
これで外付けHDD1へのアクセス権が設定されました。 (個別フォルダも同様の設定で可能です。)

■他機からのアクセス。 MBPからMacminiのiTunesフォルダを参照してみたいと思います。
Macではoptionキー+iTunesアイコン、PCではShiftキー+iTunesアイコンでiTunesライブラリを選択できます。


サイドバーのMacminiを選んで管理者名、パスワードでログイン。


iTunes Mediaフォルダが見えました。


MBPのiTunesが起動しMacmini外付けHDD1内のiTunes Mediaフォルダが参照されています。(この状態でMBPでCDをリッピングすればMacminiへ音楽ファイルは格納されますし、再生できます。)

■PC/Windows機からのアクセス。
ワークグループ名を同じ名称で設定していればネットワーク越しにMacminiが見えます。 Macminiを選択するとポップアップウィンドウが出てきますので、管理者名、パスワードを入力。


Macminiにアクセスできました。


■PC/Windows機の[コンピュータ]以下にMacminiの指定フォルダを登録する場合
[ネットワークドライブの割り当て]でMacminiの指定フォルダを登録して下さい。
Macminiの管理者名・パスワードでログインし、外付けHDD1に読み/書きアクセス権を与えていますので、MBPからもPC/Win機からもフルアクセスできます。
OS X Serverは個別ユーザー登録と個別アクセス権の付与も可能ですので…

DIY タモ材のデスク(ピアノ台) -No.3 概略図編

イメージ
デスク(ピアノ台)の概略図を掲載します。

■用意するもの
・角材(支柱)4本 51mm*51mm*610mm
・角材(サイドバー) 5本 51mm*51mm*350mm ・角材(ブリッジ) 3本 51mm*51mm*1300mm ・シナ積層合板 1枚 23mm*452mm*1402mm 角材はタモ無垢材を使ってます。シナ積層合板の寸法は角材のそれぞれ縦/横の和です。完成寸法からの差でも構いません。


赤松集成材 角材 【90×90×700mm】
価格:2180円(税込、送料別)
タモ集成材 角材 【90×90×700mm】
価格:3280円(税込、送料別)

●簡単接合の場合: ・木ダボ 10本
●補強版の場合: ・鬼目ナット M6*20 6個 ・ジョイントボルト M6*50 6本

●改訂版の場合:
・鬼目ナット M6*20 10個
・ジョイントボルト M6*50 10本

この材料で幅1400mm、奥行460mm、高さ640mm程度のデスクが出来ます。
通常のデスクは高さ700mm程度ですが、ピアノ台ですので低めに作ります。



■あれば助かる道具
・電動ドリル+木工用ドリルビット(M6、M9)
・六角レンチ
(・のこぎり)
・小鉋 ・曲尺、指金 (定規やメジャーでも可) ・マーキングポンチ (必須ではない) ・木工用ボンド
塗装の場合:
・蜜蝋ワックスや水性塗料(透明)
・刷毛や布切れ



■概略図
・支柱、サイドバー、ブリッジはそれぞれ全て同じ長さでOK。
・木ダボ接合からジョイントボルト接合に変更した部分を概略図で強調しています。
・概略図では左右方向をジョイントボルト接合していますが、手前奥方向で各1箇所ジョイントボルト接合すればさらにしっかり作れると思います。例えば、下段奥の箇所など、左右と水平方向で補強のバランスを取るということです。




■改訂版 補強バージョンです。丸印の箇所を木ダボからジョイントボルトに変更しています。

・ジョントボルト軸の口径6mmと鬼目ナットの口径9mmの穴を電動ドリルビットで開けるだけです。 ・前後左右からジョイントボルトで木材を締めるので、木ダボよりしっかり接合できます。 ・蹴ったら倒れたとか投げたら壊れたとかのクレームや保証は一切お受けしません。自己責任で。 ・完成品の精度はあなたの技量次第ですので、はじめから既製…

Apple Macmini メディアサーバー -No.5-2 OS X Server サービス設定編-1

イメージ
OS X ServerのサービスはOS Xと連動しますので、MacminiのOS X側の[システム環境設定]と並行して設定していきます。



■[アカウント] ユーザー/グループ
OS X Server側 ユーザーはデフォルトでは管理者が表示されます。


グループはOS X側[システム環境設定]>[ネットワーク]>[ワークグループ]で登録した名称を登録。フルネーム項目に記入するとグループ名項目に自動的に子文字で表記されます。


OS X Server側のユーザー項目に戻って、ユーザー名で右クリック>ユーザー編集 グループ項目で+マークをクリックし[ワークグループ]を登録します。(先にグループ名を登録しているので、ブラウズでワークグループ名が表示されます。)


■[サービス] Time Machine

OS X Server側のTime Machineサービスを設定します。


Time Machineのバックアップ先は外付けHDD1を選択します。(外付けHDDのフォーマット形式はHFS+である必要があります。)


OS X Server側の設定は完了です。


OS X側の設定は[システム環境設定]の[Time Machine]で外付けHDD1を選択。 これでMacminiの内蔵HDD(OS X+OS X Server他) のバックアップは外付けHDD1にされます。


■ソフトウェア・アップデート
ソフトウェア・アップデートは自動を選択。OS X Server 関連のアップデートが自動でなされます。


以上でとりあえず、ユーザー/グループ/Time Machine の設定は終了です。

つづきは、Apple Macmini メディアサーバー -No.5-3 OS X Server サービス設定編-2です。 

ラベル別INDEX

もっと見る