投稿

8月, 2014の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

Water Of March-Aqua De Beber / Eliane Elias [music review]

イメージ
昨年の夏は長く、秋を満喫する間もなく冬支度をしました。今年はというと、ここ数日は朝晩涼しく、早くも秋の気配を感じています。その移りゆく気候の速さに拙ミュージック・レビューは翻弄され続けております、はい。まあ、夏も秋も満喫できるのは、この期間だけなんですけれどね。



Water Of March-Aqua De Beber [Eliane Elias]

 イリアーヌ・イリアスによる1989年発売のアルバム「Eliane Elias Plays Jobim」(邦題:風はジョビンのように)冒頭の1トラック。ご存知、アントニオ・カルロス・ジョビンの名曲のカバーです。曲名からわかるように「A guas de Marco / Waters of March」と「A gua de Beber / Water to Drink」をミックス・アレンジしています。




 このミックス・アレンジが上手い。そしてジョビンのネイティブな楽曲をモダンジャズに見事にアレンジしている。一粒で二度美味しい。二楽曲を一つにまとめているわけだから逆か?・・・まあいいや。「三月の雨」「おいしい水」だけでなくジョビンの曲はジャンルを超えて様々なミュージシャンがカバー作品を残しています。別のアルバムですが、シンガーとしてイリアーヌも素敵です。




The Sun And The Moon / Lightscapes [music review]

イメージ
CDの売り上げが(金額・枚数共に)減少していることは既知ですが、数字で言えば前年比85%ほど。いくらダウンロード配信が増加し、そちらへシフトしているとはいえ、中でもジャズ・クラシック系の売り上げ規模が3.6%という数字は、J-POPがマーケットの主軸なんだという関係各位の開き直りの声を聞くにつれ、残念な思いに駆られます・・・。

 数年前まで行き付けのCDショップでCDを買ってました。店頭とインターネット販売との価格差が少ないまでは・・・。ところが、ネット販売が価格を抑え現状では20%くらいの差が生じるわけで、ポイント増加キャンペーン等のプログラムを利用しても、なかなか差が縮まらない。店の魅力・努力は知っているつもりなのですが、ネット販売を選択する消費者心理が上回ってしまいました。

 その店の魅力ですが、POP(販促広告)が私の嗜好に合っていて、というよりも、その店舗のスタッフ選曲にとても良い影響を受けました。今となってはスタッフの顔を知らずして足が遠のいたことにちょっぴり後悔があるのですが、とにかくPOPを見て試聴機で聴いて、自宅のラックに収まったCDは何枚もあります。



The Sun And The Moon [Lightscapes]

 前回のアグスティン・ペレイラのアルバムと同じCelesteレーベルの一枚です。オランダ発レーベルのジャズ・コンピレーション・アルバムなのですが、中でもFay Claassenの「The Sun And The Moon」をフューチャしてみました。透明感とクールな質感が多くの楽曲に漂いますが、この曲はテンポよく耳馴染みがいいジャズ・ボッサに仕上がっています。

 ジャケットがオランダのモダンアート的で、レーベルのLightscapeというテーマの切り口も面白いのですが、なかなか手の出ない一枚の魅力をPOPで表現してくれたのは、先述のCDショップのスタッフでした。



Bossa Borodin / Agustin Pereyra Lucena [music review]

イメージ
残暑お見舞い申し上げます。

 葉月に入り、台風・局所的豪雨と不安定な天気、蒸し暑い気候が続いています。みなさんのおところは大丈夫でしょうか。

 お盆はくつろぎモードで、投稿の整理も兼ねてブログデザインを変えてみました。HTMLタグを久しぶりに打ったりして、結局はテンプレに戻しましたが、少し気分転換にもなりました。まだまだ改善の余地はありますが、しばらくはこのデザインにお付き合い下さい。




Bossa Borodin [Agustin Pereyra Lucena]

 アグスティン・ペレイラ・ルセナによる2000年発売のアルバム「Acuerdos」の冒頭の1トラック。お馴染み、ボロディン「Polovtsian Dances」のカバーです。透明感があって、クールで、洗練したボッサのアレンジに仕上がっています。この質感が各曲、アルバム全体を通して統一されている、聴きやすく聞き込むと味わいを感じるパッケージです。

 アグスティン・ペレイラと言えば、同名のアルバム「Agustin Pereyra Lucena」がボッサの名盤としてありますが、「Acuerdos」は盛夏・晩秋まで、これからの季節にもよくいますのでフューチャーしてみました。音もいいですよ。



DIY 置き時計をスイープクオーツに換装

イメージ
思い出や気持ちの入ったモノはなかなか捨てきれないものです。

 例えば、我が家の置き時計。いつ動かなくなったのか?わからないまま、家の片隅に長年置きっぱなしになっていました。ある日ふと気づいて、直してみようかと・・・。




 置き時計を分解してみます。文字盤、ムーブメント、針(時針・分針)、ねじ類。 針は折れ、ムーブメントは劣化しています。




 交換用の針とムーブメント。 ムーブメントは、軸が文字盤の厚みと中央の穴のサイズに適合するものを選択します。スイープ秒針タイプは「カチッ、カチッ」と動かず滑らかに動くものです。時計針は、中央の穴から文字盤までの距離が程よいものを選択します。元の針と似たデザインのもを選びました。



クラフトクロック スイープムーブメント SP-340
価格:1,728円(税込、送料別)




 裏面。ムーブメントの軸を文字盤にはめ込みます。




 表面。ムーブメントに付属していた六角ナットで固定します。




 時針を取り付けます。




 分針を取り付けます。




 秒針を取り付けます。



 分針と秒針が長いですが、少しだけ曲げたら文字盤に触れないようになりました。


 ムーブメントに電池を入れます。さて、動くでしょうか?




 滑らかに静かに動いています。


 完成です。
 今回は修理でしたが、文字盤+ムーブメント+針でカスタムデザインできますので、自分だけの時計が割と簡単に出来るようですね。機会があれば掛け時計に挑戦してみようかな。






SONY BDZ-EW1100 -No.3 TV SideView + 雑感編

イメージ
タブレット端末での視聴を「TV SideView」で検証してみました。
タブレットやスマートフォンでテレビのライブ視聴・録画持ち出しができる機能はTwonkyBeam等の3rd Partyが先行してましたが、TV SideViewの売りは番組予約・TV&レコーダーの操作・持ち出し視聴できるというものと、さらに外出先からもライブ視聴できちゃうという、一歩先を進んだアプリ。




そのタブレットからの視聴ですが、TV SideViewの設定項目、機器登録からBDZ-EW1100を選択すると「外出先録画予約を利用しますか?」とポップアップが出るので「はい」を選択。コード番号が表示されるのでその番号をレコーダーの通信設定画面で登録すると、そのタブレットのTV SideViewがレコーダーに登録され「どこでも試聴」できるようになりました。(*1)

その他機能をざっとおさらい。


左上のリストアイコンをタップするとサイドメニューが表示されます。 TVやレコーダーは機器登録で設定します。我が家のテレビはリモート操作対象と対象外の型番が混在しています。


コンテンツ検索として、テレビ番組・録画番組、ホームネットワーク、YouTubeなどのコンテンツを検索できます。また番組表・録画番組リスト・予約(番組)リストもタップして表示できます。


番組表です。番組表→録画予約とつながりよく操作。



録画番組リストです。録画番組の視聴・持ち出し・削除の操作。テレビの前に居ることなくTV SideViewでほぼ操作が完結できますので、GUIは見やすいですし、なかなかのアプリなのではないかと思います。

ちなみにシームレスなつながりを期待するならば、PC TV with nasneをレコーダーでも使えるように、あるいはSony Entertainment Networkのウェブ・プラットフォームからTV SideViewと同様の番組表示、予約操作ができるような仕組みに展開して欲しいです。


(*1)iOSのTV SIdeViewで「どこでも試聴」できるようになりました。



つづきは、SONY BDZ-EW1100 -No.4 BRAVIAにWLI-UTX-AG300編です。


ラベル別INDEX

もっと見る