投稿

10月, 2018の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

レビュー クラウディオ・クルス & ブルーノ=レオナルド・ゲルバー

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「第109回 定期演奏会クルス×ゲルバー・英雄&皇帝」へ行って参りました。天高く澄み渡る秋晴れのスカッとした青空と心地よい陽気に恵まれた週末の午後。会場前広場には植栽の木陰で有閑に興じる人々やダンス練習に励む若者の姿が見受けれら、と同時に会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたしました。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央に赤い絨毯の指揮台と中規模編成のオーケストラのセット。座席は1階左寄り後方。周囲を見渡せば老若男女、様々な年齢構成のオーディエンス。開演間近のアナウンス後、ステージ上手側の扉が開き、兵庫芸術文化センター弦楽団員(PACオーケストラ)の皆さんがステージに登場すると客席から拍手が沸き起こります。

 続いてゲストコンサートマスターの田野倉雅秋さんが登壇し、チューニングが始まります。音程が揃ったところで客席が暗転、クラウディオ・クルスさんが下手からバイオリンの間を通り抜けステージへ一礼するとひときわ大きな拍手が起こります。これから前半はクルスさんとPACオーケストラの演奏です。





 演目は
・序曲「コリオラン」ハ短調 op.62
・交響曲 第3番 変ホ長調 op.55「英雄」
 (休憩)
・ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 op.73「皇帝」

 今回はオール・ベートーヴェンのプログラムです。オール・ベートーヴェンと言えば、河村尚子さんが兵庫県立芸術文化センターのプログラムにおいてベートーヴェンにチャレンジしていたり、あるいは去る2018年10月14日 大阪・シンフォニーホールでゲルバーさんのベートーヴェン ピアノ ソナタのプログラムがありました。





 序曲「コリオラン」作品62。クルスさんのタクトが素早く振り上げられ、印象的なパッショナートなイントロダクションで始まります。リードする管楽器を弦楽器がしっかりサポートするバランスを重視したような終始モデレートに徹する演奏。後の壮大な2曲を考えれば冒頭10分弱のオーバーチュアは選曲の妙を感じました。

 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55「英雄」。弦楽器と管楽器が渾然一体となりシンクロし、スケールの大きな演奏。煌びやかな弦楽器、しなやかな弦楽器、コントラバスの深い低音が地を這い、ティンパニーの拳のような響きがホールに轟きます。しかし決して華美過ぎない。第二楽章と第三楽章…

Come Undone / Meiko [music review]

イメージ
Meikoによる2018年5月発売のアルバム「Playing Favorites」の中の1トラック。アルバムジャケットはMeikoさん(ミーコと発音)のポートレイト。タイトルのFavoritesとあるように彼女が学生時代から親しんできた楽曲を中心とするカヴァーアルバムです。

 レーベルはChesky Records。録音は2017年9月8日、米・ニューヨーク・ブルックリンのヒルシュセンターにある古い教会にて、全てのレコーディングは1日で行われバイノーラル録音を採用。プロデューサーはDavid Chesky氏、Norman Chesky氏、レコーディング・ミキシング・マスタリングはNicholas Prout氏がクレジットされています。








 Emコードから始まるアコースティックギターのソフトなストローク。Meikoさんがギターのストロークに合わせてソフトに歌い始めます。そしてまもなく印象的なVerseの途中で気づきます。Duran Duranの90年代の楽曲”Come Undone”のカヴァーあることを。Duran Duranのオリジナルはエフェクトの効いたエレクトリックなサウンドでした。

 Meikoさんらのカヴァーはシンプルなアコースティックなギターのブリリアントな音色とキュートかつトランスペアレンシーな歌声が空間に響きわたる高精細でフォーキーな心地よいサウンドです。ベースコードを叩き弾くことによるギターの深い胴鳴りがリズミカルなオリジナルをイメージさせ身体がテンポをとり始めます。




 MeikoさんのYoutubeチャンネルではアルバム収録時の模様をご覧いただくことができます。  

 この作品を含めてアルバムはMeikoさん(Vocal, Guitar)、Ed Maxwellさん(Bass & Synth)、Josh Dayさん(Drums)の3人構成で楽曲を演奏しているようです。それにしても意外なほどに音の多様さを感じます。また”Stand By Me”は有名な楽曲ですが、それ以外は今回取り上げた”Come Undone”やクランベリーズの”Zombie”を含め彼女が聞き込んだ選曲だということが伝わります。

 当アルバム作品をPCに取り込みMQA対応DACのデコーダを通すとMQA認証マークが青色点灯します。MQA-CDのレゾリューションは24bit/17…

レビュー Mytek Brooklyn DAC+ Part5 デジタル接続編

イメージ
今回はBrooklyn DAC+と他機器とのデジタル接続を中心にレビュー致します。

 Brooklyn DAC+の豊富なデジタル入力端子はさまざまな機器との接続を可能にします。同じBrooklynのマルチをはじめ、A/D D/Aコンバータ、マスタークロックジェネレータ、レコーダー、エフェクター、ディスクプレーヤー、トランスポーター等。なかでもMQAデコードの可否については関心事の一つですので、MQA-CDをディスクプレーヤーで再生、MQA DACのデコードを検証いたします。

 ディスクプレーヤーはSONY BDZ-EW1100、2013年末発売の一般的なブルーレイレコーダーです。BDZ-EW1100のデジタル音声出力端子(光)を光デジタルケーブル(TOSLINK)でBrooklyn DAC+のデジタル入力端子(光)に接続し、各種フィジカルメディアを再生いたします。光デジタルケーブルはHOSA OPM303、ADAT, S/PDIF対応の普及価格帯のオプティカルケーブルです。


 フィジカルメディアをディスクトレーに挿入、再生するとレコーダーの前面パネルとテレビ画面にプレイ表示、Brooklyn DAC+の前面パネルには解像度が表示されました。メディアとデコードの可否は以下の結果となりました。




 左上:CD、中央:SACD(CD層は非MQA)、右上:MQA-CD
 左下:SACD(CD層はMQA)、右下:Blu-ray Audio

・CD、SACD(CD層は非MQA):16bit/44.1kHz  ・MQA-CD、SACD(CD層はMQA):24bit/176.4kHz、24bit/352.8kHz  ・Blu-ray Audio:16bit/48kHz


 デジタル著作権管理(DRM)されているBlu-ray AudioとSACDの場合、デジタル出力は通常ダウンコンバートされます。MQA-CDの場合はブルーレイレコーダーの光出力を通してBrooklyn DAC+でMQAデコードが確認できました。MQAの解像度はマスター音源のオリジナルレゾリューションにより異なっています。2L「FURATUS」はmShuttle機能を利用すればMQAデータファイルをPCに取り込める仕様で、今回は一事例としてご紹介しています。(*1)



クローズアップ



 Brooklyn DAC+とMan…

ラベル別INDEX

もっと見る