投稿

9月, 2011の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-5 完成前の改良 サードインプレッション編

イメージ
高域の伸び良くキレはあれどキラキラした印象。
中域はフォーカスがボヤケ気味。
低域は引っ込み箱鳴りが過多。

線材を1810Aに変更しましたが、そこまで個性が違う音ではないでしょう。
吸音材をオトナシートに変更しましたが、箱鳴りの要素はそれかもしれない。
ネットワーク?回路を再度点検。6dB/octでのネットワーク再製作も検討。





ラインは赤(TW-)、黒(TW+)、白(WF-)、緑(WF+)で、それぞれユニットとバインディングポストに繋がっています。目に留まったWFのライン白・緑を入れ替えれば逆相接続になりますが、繋ぎ替えてみました。


高域のキツさがとれ、低域がタイトにしっかり出て、中域が中庸に鳴っています。原因はこれなのか?ネットワークを確認しましたが、配線ミスは見当たらない・・・う~ん。設計では12dB/octの正相でフラットな特性だったはずなのに、逆相接続で聴感が良好とは・・・。


つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-6 完成前の改良 ネットワークトラブル編です。



アナログプレーヤーを考えてみる。 -No.2

イメージ
前回の投稿で候補を絞ったアナログプレーヤー。さらにその中から改めてセレクトしてみました。


LINN / LP12

  この中では一番高額です。分厚いPlinthのビンテージ感がいいですね。Pro-Ject のトーンアーム仕様のMAJIK LP12が検討対象です。




rega RP3
  Regaのミディアムクラス。このモデルのブラック色が好きです。スタイリッシュ。





Acoustic Solid Classic Wood MK
A-Solidのエントリークラス?ブレードもプラッターも分厚い。ハイエンドっぽい?





CLEARAUDIO / Concept クールだけれど、どこかノスタルジーなデザイン。



Music Hall / MMF-7.1
MusicHallのミディアムクラス。これもオーソドックスなデザイン。安心してしまう。



Nottingham Analogue Studio Interspace JR
 Nottinghamのエントリークラス。このモデルはブレードもプラッターも薄い方。



Thorens TD295MK4
 Thorensのミディアムクラス。ダストカバー付きの定番系。




VPI / Aries Scout
 プラッターがアクリルなVPIのエントリークラス。ベルトは糸?





Pro-Ject - 2-XPERIENCE
 Pro-Jectのミディアムクラス。アームが頑丈そうですね。



Well Temperd Lab / Amadeus
 トーンアームの白い球はゴルフボール?でも細部がクールです。



 ざっと$1,000 ~$1,500付近のプレーヤーをセレクトしました。ルックス重視だとやはり似てきますね。LINNとWell Temperdは別格のプライスですが。英国、ドイツ、アメリカ、オーストリア。なぜかこの価格帯の日本製がありません。


 機構は全てベルトドライブ方式です。Regaはプーリーがプラッターの下部に納められているのでベルトが見えません。ベルトの太さや材質の違い、アームの形状、プラッターの厚さなど、よく見ると各プレーヤーは実は個性的ですが、この違いをネタにすると、長くなりそうなので割愛させていただきます。


 Thorens、Rega、Project、LINNなどはお馴染みですがNottingham、Well Temperdは家内制手工業的な雰囲…

アナログプレーヤーを考えてみる。 -No.1

イメージ
ケンウッドのステレオセットを購入したとき、レコードプレーヤーを一番上に載せるオプションを断った記憶があります。もうCDの時代でレコードなんて廃れるし・・・。あれから幾年、オーディオラックをDIYで作ったとき、ラックの一番上に載せるのはアナログプレーヤーだと思いました。アナログの音って・・・良いもんなあ。





 数十年前のプレーヤーと違い、今どきのそれはプチ・ジリが少ないか、全く感じないとか。肝心のアナログ盤もCDストアを覗くとLPをしっかり売ってる。



 プレーヤーはLINN、Thorens、Rega、Well Temperd Lab、Nottingham Analog Studio、VPI...オーソドックスなスクエアプレートなデザインが好み。英国製に惹かれるのは、LINNとProAcがオーディオセットにあるから。でもThorensは使いやすいんだろうなあ。




 LINNのプレーヤーは中古市場に昔のが比較的多く出回っていて、今のと比べながら見ると勉強になります。プレーヤーの構造はシンプルで、電気でモーターを回しベルトでプラッターに伝えて盤を回す(BD)、あるいはモーターの軸でプラッターを回す(DD)。それをアームの先のカートリッジでLPをトレースし、電気信号に変換し、ケーブルを伝わってアンプに入り増幅され音になる。盤を安定的に静かに回すことが肝心で、どのメーカーもその点に腐心しているようですね。その違いをあれこれ見ていると面白いです。

 また、フォノイコライザー、昇圧トランスなどの関連製品も種類があり、カートリッジや針やターンテーブルシートを替えると音が変わるとか!?でも、オプションを含めると、LP一枚回すのにどれだけ手間かかるんだ・・・と少し弱気になったりもします。さて、アナログプレーヤーを聴きながら、秋の夜長を過ごすとしましょうか。




つづきは、アナログプレーヤーを考えてみる。-No.2です。




ラベル別INDEX

もっと見る

New Release