投稿

9月, 2011の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

コラム No Audio Too Taboo - 公正さについて。ある視点から -

イメージ
今日、我々は日常的に多種多様な国内外の音響製品に接する機会があります。そしてそれに付随するサービスも一様ではなくまた異なります。たとえば製品管理において、シリアルナンバーのみ管理しているメーカー、シリアルは必須だが便宜的に顧客情報を管理しているメーカー、シリアルも顧客情報も一元管理するメーカーと姿勢は様々です。そこへ代理店が加わるとさらに複雑になるケースがあります。

 たとえば、とある海外メーカーが製品シリアルと顧客情報を一元管理していたとします。製品アップデート時には”必ず”シリアルと顧客情報が必要になります。故障等のサポートが必要な場合は代理店を通じてサービスを受けることになりますが、その際はさらに”代理店が発行した登録番号”と顧客情報が必要になります。代理店は中古品・二次流通品について原則的にサポート対象外とし、ユーザーが中古品を売買する際にはメーカーの顧客情報を自ら名義変更する必要があります。

 後者のような顧客管理は代理店の対応からサービスという要素以外に流通管理の側面が垣間見えてきます。経験上、メーカー代理店サイドの厳格な管理とユーザーサイドの融通はトレードオフを生じることがありますので、機能も含め顧客管理やサービスを変更する際には、メーカーサイドによるユーザーサイドへ丁寧な説明努力とユーザーの利益確認などのコミュニケーションは双方にとって合理的行動であり、これらは権利や規約などを持ち出すまでもなく、モラルや公正さという観点で然るべきことと捉えています。

 また、言うに及ばず国内外には組織・個人を含む複数のオーディオメディアが存在しています。彼らは日々リリースされるオーディオ機器・関連製品・イベントニュースのほか、レビュー・コラムを掲載しています。筆者の知るところでは、彼らのほとんどは紙媒体やWEB、SNS等のクロスメディアを採用し、プリントとデジタル・サブスクリプションサービスのために出版事業とWEBメディアの運営を行ない、我々オーディオファン、音楽愛好家はそれらの情報に日々接しています。

 我々が彼らメディアに期待することは何でしょうか。いち早くニュースを掲載する速報性、製品からサービスまで広く取り上げる総合性、情報に誤りがない確実性、複数の角度から観察する多面性、製品を高い知見で評価する専門性、様々な意見を受け入れる多様性、視点に偏りがない中…

私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-5 完成前の改良 サードインプレッション編

イメージ
高域の伸び良くキレはあれどキラキラした印象。
中域はフォーカスがボヤケ気味。
低域は引っ込み箱鳴りが過多。

線材を1810Aに変更しましたが、そこまで個性が違う音ではないでしょう。
吸音材をオトナシートに変更しましたが、箱鳴りの要素はそれかもしれない。
ネットワーク?回路を再度点検。6dB/octでのネットワーク再製作も検討。





ラインは赤(TW-)、黒(TW+)、白(WF-)、緑(WF+)で、それぞれユニットとバインディングポストに繋がっています。目に留まったWFのライン白・緑を入れ替えれば逆相接続になりますが、繋ぎ替えてみました。


高域のキツさがとれ、低域がタイトにしっかり出て、中域が中庸に鳴っています。原因はこれなのか?ネットワークを確認しましたが、配線ミスは見当たらない・・・う~ん。設計では12dB/octの正相でフラットな特性だったはずなのに、逆相接続で聴感が良好とは・・・。


つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-6 完成前の改良 ネットワークトラブル編です。



アナログプレーヤーを考えてみる。 -No.2

イメージ
前回の投稿で候補を絞ったアナログプレーヤー。さらにその中から改めてセレクトしてみました。


LINN / LP12

  この中では一番高額です。分厚いPlinthのビンテージ感がいいですね。Pro-Ject のトーンアーム仕様のMAJIK LP12が検討対象です。




rega RP3
  Regaのミディアムクラス。このモデルのブラック色が好きです。スタイリッシュ。





Acoustic Solid Classic Wood MK
A-Solidのエントリークラス?ブレードもプラッターも分厚い。ハイエンドっぽい?





CLEARAUDIO / Concept クールだけれど、どこかノスタルジーなデザイン。



Music Hall / MMF-7.1
MusicHallのミディアムクラス。これもオーソドックスなデザイン。安心してしまう。



Nottingham Analogue Studio Interspace JR
 Nottinghamのエントリークラス。このモデルはブレードもプラッターも薄い方。



Thorens TD295MK4
 Thorensのミディアムクラス。ダストカバー付きの定番系。




VPI / Aries Scout
 プラッターがアクリルなVPIのエントリークラス。ベルトは糸?





Pro-Ject - 2-XPERIENCE
 Pro-Jectのミディアムクラス。アームが頑丈そうですね。



Well Temperd Lab / Amadeus
 トーンアームの白い球はゴルフボール?でも細部がクールです。



 ざっと$1,000 ~$1,500付近のプレーヤーをセレクトしました。ルックス重視だとやはり似てきますね。LINNとWell Temperdは別格のプライスですが。英国、ドイツ、アメリカ、オーストリア。なぜかこの価格帯の日本製がありません。


 機構は全てベルトドライブ方式です。Regaはプーリーがプラッターの下部に納められているのでベルトが見えません。ベルトの太さや材質の違い、アームの形状、プラッターの厚さなど、よく見ると各プレーヤーは実は個性的ですが、この違いをネタにすると、長くなりそうなので割愛させていただきます。


 Thorens、Rega、Project、LINNなどはお馴染みですがNottingham、Well Temperdは家内制手工業的な雰囲…

アナログプレーヤーを考えてみる。 -No.1

イメージ
ケンウッドのステレオセットを購入したとき、レコードプレーヤーを一番上に載せるオプションを断った記憶があります。もうCDの時代でレコードなんて廃れるし・・・。あれから幾年、オーディオラックをDIYで作ったとき、ラックの一番上に載せるのはアナログプレーヤーだと思いました。アナログの音って・・・良いもんなあ。





 数十年前のプレーヤーと違い、今どきのそれはプチ・ジリが少ないか、全く感じないとか。肝心のアナログ盤もCDストアを覗くとLPをしっかり売ってる。



 プレーヤーはLINN、Thorens、Rega、Well Temperd Lab、Nottingham Analog Studio、VPI...オーソドックスなスクエアプレートなデザインが好み。英国製に惹かれるのは、LINNとProAcがオーディオセットにあるから。でもThorensは使いやすいんだろうなあ。




 LINNのプレーヤーは中古市場に昔のが比較的多く出回っていて、今のと比べながら見ると勉強になります。プレーヤーの構造はシンプルで、電気でモーターを回しベルトでプラッターに伝えて盤を回す(BD)、あるいはモーターの軸でプラッターを回す(DD)。それをアームの先のカートリッジでLPをトレースし、電気信号に変換し、ケーブルを伝わってアンプに入り増幅され音になる。盤を安定的に静かに回すことが肝心で、どのメーカーもその点に腐心しているようですね。その違いをあれこれ見ていると面白いです。

 また、フォノイコライザー、昇圧トランスなどの関連製品も種類があり、カートリッジや針やターンテーブルシートを替えると音が変わるとか!?でも、オプションを含めると、LP一枚回すのにどれだけ手間かかるんだ・・・と少し弱気になったりもします。さて、アナログプレーヤーを聴きながら、秋の夜長を過ごすとしましょうか。




つづきは、アナログプレーヤーを考えてみる。-No.2です。




ラベル別INDEX

もっと見る