投稿

2月, 2012の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

レビュー UPS (無停電電源装置) CyberPower BR500

イメージ
NASとネットワーク機器用にUPS(無停電電源装置)を導入してみました。



CyberPower BR500
選んだ基準ですが、 ・QNAPのNASで何気にモニターできる方が良い。 ・小さい方が良い。 ・安いほうが良い。 ・バッテリー寿命が長い方が良い。 ・そこそこの時間、電源供給してくれる方が良い。


拙宅の接続機器類: NAS(25W)、無線LAN親機(14W)、CTU(14W程度)、VDSL(14W程度)、FAX複合電話(待機時0.6W/最大120W)ですので、200Wも供給力があれば、とりあえずは常時(電源タップとしては)十分かな~という概算になります。(バッテリーが少用量でサイズが一回り小さいCyberPower BR350もあります。)


正弦波、矩形波など出力波形で値段/サイズの種類があるようですが、使用目途がネットワーク機器のバックアップ電源なので、その点を考慮する優先順位は低かったです。ちなみに、この製品はメーカー仕様では「矩形波」です。(一部の販売サイトでは「擬似矩形波」との表記もあります。)


さて、連動機能の確認ですが、 QNAPのウェブサイト「互換性リスト」に記載されているUPSリストを見てみました。上記BR500はリストに掲載してません。しかし、CyberPower社のウェブサイトを覗いてみると・・・


若干スペックが異なるものの、類似機種が数種類掲載されていました。それらの型番は、いずれも上記QNAPの互換性リストに載っています。 ということで、「連動するだろう」という希望的推測。(メーカーに問い合わせる方が確実ですね)


早速開封してみます。ズシリ重い。



その大きさの大部分がバッテリーです。パナソニックの電源タップと比較してみました。
コンセント: 8ポート サージプロテクトタイプ。そのうち4ポートがバックアップコンセント。 1:NAS 2:無線LAN親機 3:CTU :4:VDSL と4ポート使えます。 電話は停電時対応機器なので、バックアップなしコンセントの方で。というか、災害時はネットや携帯電話の方がつながりやすいとも思えますし。
その他: USB-1ポート NAS/PCとの接続用 DB-9 -1ポート 同上 RJ-11(電話線、モジュラーコンセント)ポート1-In 2-Out サージプロテクトタイプ



機器のコンセントを取り付けて、USB…

Wi-FiのAES暗号化設定

イメージ
PC/MacのワイヤレスLAN(Wi-Fi)のAES暗号化設定。

QNAP TS-259Pro+ 設定(ネットワーク親機)の投稿の(*1)の部分で紹介した「WPA2-PSK(事前共有キー)」をネットワーク接続時にパスワード(フレーズ)として入力することで、無線LAN親機との高度化暗号通信が可能になる、という内容です。

■PC(Windows)の場合: Baffalo 「クライアントマネージャ」での手順で説明します。


「接続先の作成」を選択。


「WPS・AOSS」か「手動設定」を選べます。「手動設定」を選択。ちなみに、WPS選択時のプロセスも下段に記載しておきます。


■「手動設定」の場合:
ネットワーク名(SSID)の欄に表示される無線LAN親機のSSIDを選択。


セキュリティの種類:WPA2パーソナル 暗号化の種類:AES セキュリティフレーズまたはパス フレーズ:(*1)の「WPA2-PSK(事前共有キー)」を入力。
これで無線LAN親機とのAES暗号化は完了です。


■「WPS設定」の場合:(参考程度に)

PINコードが表示されるので控えておきます。


無線LAN親機のSSIDを選択。


この画面表示の「レジストラー」とは、無線LAN親機の設定画面にありますので、無線LAN親機の設定画面を起動。(ブラウザにIPアドレス入力やエアステーション設定ツール等で起動)


「EnrolleeのPINコード」欄に上記の控えたPINコードを入力し、完了です。


「クライアントマネージャ」でセキュリティと暗号化の種類を確認、OK。


■Macの場合:
「システム環境設定」>「ネットワーク」>「詳細」


「WiFi」>「ネットワーク名」の「+」プラスボタンを選択。

レビュー QNAP TS-259Pro+ -No.5 テレビ設定(BRAVIA)編

イメージ
テレビ(BRAVIA)側の設定です。
 BRAVIAリモコン-XMB(クロスメディアバー)で設定画面を表示。


 ■ホームボタン>「設定」>「ネットワーク設定」
「有線LAN設定」>「オート」>「設定完了」「ネットワーク」>「接続状態を確認する」>「接続状態」>「有線LAN接続」:成功



 ・「接続サーバー設定」> 「PS3 Media Server[QNAP NAS 名称]」 使用:する 「TwonkyMedia[QNAP NAS 名称]」 使用:する
 ・「接続サーバー診断」>「接続サーバー診断結果」
  「PS3 Media Server[QNAP NAS 名称]」:成功
  「TownkyMedia[QNAP NAS 名称]」:成功

 ・「通信設定」>「レンダラー設定」>
  「レンダラー機能」:入
  「レンダラーアクセス制御設定」:該当機器 アクセス許可する
  「レンダラー詳細詳細設定」>
 自動アクセス許可:する
 スマートセレクト:入
 レンダラー名:BRAVIA KDL-40EX500

 以上で完了です。



 ■ファイルの再生

 XMB「ホーム」>「ビデオ」>「PS3 Media Server[QNAP NAS 名称]」



 PS3 Media Server[QNAP NAS 名称]」>「Multimedia」>以下適宜ファイル再生



拙宅の場合、QNAP NASの「Multimedia」フォルダ内に「Movie」「iTunes」「Photo」「Playlist」...フォルダを作り、各フォルダにファイルを収納しています。 



 ■PMSでのMovie再生状況
AVCHD(m2ts)-OK (MPEG2) mov-OK (MPEG2)dvd iso-OK (MPEG2)

 AVCHDファイルはVAIO(VAIO Content Exporter)、MOVファイルはMac(iMovie)で動画編集できる高音質で高画質な保存形式です。各20,000kbps程度のビットレートファイルもありますが、スムーズに再生します。isoファイルの再生は、デフォルトではスムーズではなかったので、PMS.confを一箇所修正してみました。




 「# Transcoding Settings 」>「# Transcode buffer maximum size, in mega…

レビュー QNAP TS-259Pro+ -No.4-4 ネットワーク設定(無線LAN子機)編

イメージ
BRAVIAと有線接続する無線LAN(子)機側の設定。

 設定順序は、PC/Macと有線接続し設定>設定後BRAVIAと有線接続、というプロセスです。(参考 Baffalo 「無線親機を無線LAN中継器として使用する方法(手動接続設定)」)

 前回、無線LAN親機設定中は、無線LAN(子)機はリセット後電源OFFをおススメしました。その無線LAN(子)機背面のROUTERスイッチをOFFにします。

 PC/Macは無線から有線に切り替えます。切り替え方法は前回の内容を参考に。無線LAN(子)機をPC/Macと有線接続し電源ON。


 ■「エアステーション設定ツール」を起動し、ログイン。
 無線LAN子機は、リセットしルータースイッチOFFなので、IPアドレスはルーター本体裏面に記載の初期値になっていると思います。



 ■「無線設定」>「エアステーション間接続」


 エアステーション間接続:使用する
 親機/子機指定:自動
 (CTUがルーター機能を有し、無線LAN親機がルーター機能OFFの場合、自動的に無線LAN親機が「ステーション間接続の親機」となります。)
 SSID:検索 >無線LAN親機のSSIDを選択
 無線の認証:WPA2-PSK
 無線の暗号化:AES
 WPA-PSK(事前共有キー):前回の(*1)のキー

 *この操作中に(PCにより)無線と有線が切り替わる場合がありますが、該当無線LAN(子)機の設定画面で設定できれば問題ありません。

 無線LAN親機と無線LAN機のエアステーション間接続の設定は完了です。設定したPC/Macの変更したIPアドレス等を元の設定(自動で取得)に戻します。

 拙宅はCTU(DHCPサーバー)がIPアドレスを自動で割り振りますので、無線LAN機のIPアドレスはこの時点で設定されています。この設定のまま電源OFF>BRAVIAに有線接続>電源ON。




 「エアステーション設定ツール」を起動すると、2機が表示されます。それぞぞれ設定を確認してみます。 無線LAN子機のIPアドレスが初期値のままなら、子機の設定画面から、LAN設定>DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得でIPアドレスが新たに割り振られます。



■先ずは無線LAN(子)機から。


 「ステータス」で設定の確認。 本体モードの切り替えスイッチ状態:BRIDGEモ…

レビュー QNAP TS-259Pro+ -No.4-3 ネットワーク設定(無線LAN親機)編

イメージ
(ワイヤレス・ネットワーク環境)
 NTT/Bフレッツ(光・マンションタイプ)-[VDSL]-[CTU]-[WZR-HP-G301NH]
 無線LAN親機- Baffalo「WZR-HP-G301NH」(ブリッジモード)
 無線LAN子機- Baffalo「WHR-HP-G300N」(ブリッジモード)
 無線LAN子機- Apple「AirMac Express」(ネットワークに接続:LANポート有効)


上図、CTUがルーター機能も担っていますので、G301NH、G300N共に「ルーターOFF設定」でブリッジモード、PC/MacはAOSS接続でつながっています。



 ワイヤレス機器はいずれもIEEE 802.11n/g/b規格で、nは最大300Mbps(規格値)、有線1Gbps(規格値)をサポートしています。最近は、電波干渉の少ない周波数5GHz帯を使用できるn/a規格の無線LAN製品がありますが、とりあえず上記の機器で使用可能かどうか?検証も兼ねて再設定してみることにします。


 AOSS接続の場合、「無線チャンネル」が自動(固定)となり、「倍速モード」の帯域(バンド幅)が20MHz固定となります。帯域の広がる「倍速モード 40MHz」を使いたいので、AOSSモードを解除し、手動設定もしくはWPSを用います。

 ついでに、よく考えてみたらWEP、TKIP認証方式のセキュリティを使用するワイヤレス機器が無いので、セキュリティレベルの高いAES方式で設定することにします。



■無線LAN親機の設定画面


 ・認証方式、暗号化共にAOSSでmixmodeなので、AOSS接続を解除します。 「無線設定」>AOSS 解除。

 ・無線LAN親機を見失った場合: 「エアーステーション設定ツール」で探してください。探せない場合は、親機とPC/MacをLANケーブルで有線接続し設定(切り替え方法は下記参照)。子機はリセットし、電源OFF。

 *[無線接続から有線接続への切り替え]  参考URL Baffalo「パソコンのIPアドレスを変更したい

 ・Macの場合: 「WiFiを切る」で有線接続へ切り替わります。「Baffalo エアステーション設定ツール」を起動し、無線LAN親機の設定を行えます。

 ・PCの場合: 「無線LANを切る」(機種により異なる) コントロールパネル>「…

レビュー QNAP TS-259Pro+ -No.4-2 PMS設定編

イメージ
PMSの設定画面。ブラウザにURL「http://[サーバーIP]:80/pms/」と入力>Enterでブラウザに設定画面が表示されます。



PC版PMSとの比較になりますが、GUIはシンプルですが、設定はテキストの比重が大きいです。またテキストは英語です。




 設定は、主に「PMS.Conf」を編集することになります。




 「PMS.Conf」編集画面です。 既に設定項目がデフォルトの数値と共に記述されており、変更があれば=(イコール)後の数字や空白を「true」、「ja」、「3」などの言葉、数字に書き換える、という編集です。 例えば最初の項目で、「# Language (Default: en) language =en」 という項目を、「# Language (Default: en) language =ja」 に変更していますが、デフォルトは「en」ですよ、と項目に既に記載されている訳で、=(イーコール)以後のen(英語)をja(日本語)に書き換えただけ、ということで、案外簡単です。設定は後から変更できますので、とりあえずデフォルトで動かしても良いと思います。



 ■日本語名ファイルの表示

 一つ重要な点があります。 デフォルト設定(現時点で)では、日本語ファイルがBRAVIAで参照できません。例えば、m2ts(AVCHD)ファイルをNASに置いても、PMSでは日本語名のファイルはBRAVIAでサムネイル表示されない、ということです。この解決策のスレッドがQNAPフォーラムにありましたので、先達のTipを使わせて頂きます。
PMSのPMS.shというshell(シェル)を書き換える必要がありそうです。ですが、Linuxわかりません・・・。という私にも比較的かんたんなシェル書き換えツールがありました。 「WinSPC」というオープンソースのソフト(日本語OK)で、GUIがWindowsエクスプローラー風で、実際書き換えてみましたが、操作が簡単です。
先ず、QNAPで「SSH接続」を有効にします。




 ネットワークサービス>Telnet / SSH>全てチェックし、適用。窓杜などから「WinSCP」をDLし、PCにインストールします。



ログイン画面です。
 ホスト名:NASのIPアドレス ポート番号:22 (上記、QNAPの設定画面のポート番号) ユ…

レビュー QNAP TS-259Pro+ -No.4-1 一般設定編

イメージ
QNAP NASの設定ガイダンスは先人のレビューが数多くありますので、拙ブログでは「BRAVIAでMovie再生」を目的としてみます。またTS-119&DSの投稿内容と重複しない項目をレビューしてみます。




 QNAP Finderからログイン。




 ・「システム管理」>(一般設定) 特に変更なし。
 ・「システム管理」>(ネットワーク)>TCP/IPタブ>IPアドレス DHCPサーバー適用で自動割り振り。
 ・「システム管理」>(サービスバインディング) 有効。
  ・「システム管理」>(ネットワークごみ箱) 有効。
 ・「ネットワークサービス」>(ネットワークサービスディスカバリ)>UPnPディスカバリサービス タブ 有効。
  ・「ネットワークサービス」>(ネットワークサービスディスカバリ)>BONJOUR タブ 有効。
 ・「アプリケーション」>(Webファイルマネージャ) 有効。 *音楽、動画ファイルの保存
 ・「アプリケーション」>(iTunesサービス) 有効。 *iTunesライブラリ
  ・「アプリケーション」>(UPnPメディアサーバ) 有効。 *TwonkyMediaServer 
 ・「アプリケーション」>(OPKGプラグイン) 有効。 *PMSプラグイン




 OPKGプラグインのメニューです。 ・「JRE」、「PM3 Media Server」の各パッケージのZipファイルをPC/Macに一旦DLし、解凍したqpkgファイルをQNAPへインストールします。



PMSアイコンをクリックし、PMS設定画面へ。




「PMS ADMIN CENTER」です。PMS.confメニューで詳細を編集します。編集内容は次回。



その他の設定
・「システム管理」>(ネットワーク)>TCP/IPタブ>IPアドレス


 上画面でインターフェースが「イーサーネット1+2」。 TS-259Pro+はLANポートが2口あり、各Gbpsをサポート。併せて2Gbps使用出来たりします。「ポートトランキング」というそうですが、メニューから「Active Backup(フェールオーバー)」を選択しました。この機能は、片方に障害が発生すると切り替わるモードの様です。



・「バックアップ」>(USBワンタッチコピー)


 PC/Macからの音楽・動画ファイル…

ラベル別INDEX

もっと見る