投稿

5月, 2014の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ロッセン・ミラノフ & 児玉 桃 「チャイコフスキー」

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた『第121回定期演奏会 ミラノフ&児玉桃 ザ・チャイコフスキー!』へ行って参りました。例年は節分過ぎから気温が落ち着きますが、今冬は節分直後に寒波が押し寄せ、その後すぐに気温が上向く変則的な気候に左右されています。週末の午後は湿度を感じるあいにくの曇り空でしたが、穏やかな天気は人々の外出を誘うようです。

 開演15分前に到着するとエントランスホールには既に大勢の人が行き交い、チケットチェックの入口へと吸い寄せられます。会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子。その背後に赤い絨毯の指揮台。オーケストラセットはフルに近く、ステージ下手にオルガンと2台のハープ、ステージ背後には左手に銅鑼が目に入ります。ティンパニ奏者が開演直前までチューニングし、ステージ裏から管楽器の音が聞こえます。

 座席は2階左寄り。年齢構成は中高年が多い印象。開演を告げるアナウンスのあとステージが明るく照らされ、両手よりPACオーケストラ団員が登壇すると拍手が起こります。コンマスの豊嶋泰嗣さんがチューニングを始め、揃ったところで客席が暗転、下手より赤いドレスにシルバーゴールドのアクセントを纏った児玉桃さんと黒のタキシード姿のロッセン・ミラノフさんが登場するとひときわ大きな拍手が起こります。ミラノフさんと児玉さんが客席へ一礼し、いよいよ開演です。



PENTATONE公式YouTubeチャンネル 「Mari Kodama & Momo Kodama: Tchaikovsky Ballet Suites for Piano Duo」  

演目は
 ・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
  (アンコール)
  (休憩)
 ・チャイコフスキー:マンフレッド交響曲 ロ短調 Op.58
  (アンコール)


 今回のプログラムはオール・チャイコフスキープログラムです。ピアノ協奏曲 第1番は誰もが一度は耳にしたことがある有名な序奏と録音でも人気のある作品です。一方、マンフレッド交響曲は番号付けのない唯一の交響曲作品で普段は耳にする機会が滅多にありません。前半はピアニスト・児玉さんとPACとの共演、後半はミラノフさんのタクトが聞きどころ見どころ。期待に胸が膨らみます。




 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 …

NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.8-6 SUMIKO Pearl Take6。

イメージ
Sumiko Pearlでのトレース、Take6です。



RACHMANINOFF symphonic dances, non allegro
Eiji Oue & Minnesota Orchestra





クラシック・カテゴリから選曲してみました。冒頭の細やかな音色から急峻な立ち上がりへドラスティックにサウンドが展開しますが、そのアグレッシブさと全体を支配する透明な色彩感をしっかり表現できているように思います。この音源は後日、他のカートリッジでもディテール比較してみたいと思います。


つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.8-7 SUMIKO Pearl Take7です。


コラム デジタルソリューション考・Part3 EthernetAVB

EthernetAVBの適用分野が拡がっています。Ethernetはご存知のように音声・映像伝送において大容量・同時伝送・拡張性などで優位性があり、民生分野では一般化していますが、自動車にも適用しようとする動きが始まりました。そのプロトコル(規格)がIEEE802.1 Audio/Video Bridgingと言うもので、つまりEhernetAVBです。

 自動車は制御系、ボディ系など別々の規格に沿った伝送システムを採用していますが、車両装備の高度化によるデータ情報伝送の大容量化に伴い、より多くのデータをより速く伝送できるEthernetが着目され、同時に車載用途としての課題(例えば伝送のリアルタイム性や安定性の確保など安全性に直結すること等)をクリアすべくマイコン各社がモデュール開発しているそうです。

 そのAVBの現実シーンへの適用の一例がAppleのCarPlayです。CarPlayはAVB規格をベースとしており、デバイスでは既にOS X Lionで対応しています。今のところ車載用途はダッシュボードの範囲において一部の音声・映像のコントロールに限られていますが、その先にはSiriによる自動車の音声制御の実現、そしてその先にある車の未来へとイメージが拡がります。

 AVBの適用は車載用だけではありません。既にプロ・オーディオ分野ではスタジオコンソール、インターフェース等で採用され、お馴染みのTC、Avid社等のデバイス、Audinate社のDanteを使ったfocusriteのRED-NET(準拠)、MOTU社はコンシューマー向け製品を既にリリースしていますが、48kHzのシグナルを512ch低遅延転送、ハードウェアの拡張性が容易さ、タブレットでのコントロールなどEthernet伝送活用の有利性が紹介されています。

 そのAVBにはAVnu Allianceという団体があり、ウェブサイトにはシーン別の概念図が掲載されています。概念はシンプルで、AVBを活用するシーンが「モービル」「スタジオ」「ホーム」の違いとして表現されています。この概念は身近なマルチメディアネットワークのコンセプトと重なり適用範囲の拡大と言えるものですが、Ethernet関連プロトコルがこれからのデジタルソリューションのメインストリーム、これからAVBに対応したデバイスの出現はそう遠…

レビュー NOTTINGHAM Interspace Junior -No.7 リード線修理編

イメージ
Nottinghamのアームはシェル一体型の軽量カーボン製ですが、その先端から出ているリード線が繊細でデリケートなので、拙レビューだけではなく、他所でもその扱いにくさについて紹介する場面を目にする事があります。

 購入時にメンテナンス性を考慮に入れない訳ではないのですが、それ以外の要素、メーカーのフィロソフィーやメカ機構、サウンドクオリティの方が購入動機の大きなウェイトを占めたことが、いま現在NOTTINGHAMを使っている理由でもあります。ただ現実的にリード断線は起こりうる事なので、その修理の模様を今回はレビューしてみたいと思います。


 アームから4本のリード線が出ており、テフロン被覆の中は銀線。先端のコネクタは真鍮製か何かですが、その半田付け部分がデリケートで断線を生じる可能性があります。 




 断線とはつまり、このように半田付け部分からコネクタが外れます。 

 よく見ると、テフロン被覆の先端に銀線が0.5mmほど見えています。しかし、このまま半田付けしてもテフロン被覆部分がハンダをはじくのでうまく接合できません。したがって、テフロン被覆をライターで軽く炙り(炙り過ぎない)、その部分にカッターを軽くあてがうとテフロン被覆が剥けます。そうして銀線を1mm程度露出させることで接合面積を増やします。




 ライターで炙ると煤(スス)が付きますので、無水アルコール等で拭います。 それから、すでにコネクタ側に元々ハンダが乗っていますので、ハンダを熱しながらリード線の先端を半田付けするということになります。必要であればハンダを足し流します。 予め各ラインが認識できるように半田部分にマーカー(赤・緑・青・無色)付けされていますので、半田作業後にペン等で色付けします。

 半田経験のある方ならば、とくに困難な作業ではありません。それでサウンドが変化(劣化)したという実感もありません。却って、カートリッジ交換の度に断線を気にするくらいなら、半田補強するという選択肢もあるのではないかと思いますし、センシティブな機能性の部分で購買に二の足を踏んでいる方がいれば、参考となり得るのかどうかわかりませんが、少なくとも私が事前情報として知っていたならば、購入障壁は下がっていたことでしょう。

 *あくまでも自己責任でお願いします。
 *最近はリード線接点の補強を行い、断線は以前より格段に生じにく…

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release