投稿

10月, 2011の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

レビュー NOTTINGHAM Interspace Junior -No.3 組立編

イメージ
アームベース。造りは精巧で実に良い質感




シェル一体型アームの先端から出る細いリード線コネクタにカートリッジを装着



ラインコードをアームベースに通します




アームをアームベースに装着


モーターにプーリーを装着


軸受けにオイルを注油します。


重量プラッターを慎重に軸受けに設置します。ゆっくりと沈み込みます。 ターンテーブルマットを敷き、プラッターにダンピングリングを2本装着し、ゴムベルトをプーリーからプラッターに渡します。



回転数の変更は、ゴムベルトを渡すプラッターの溝を変えることで変更します。 とりあえずラインコードをアンプのフォノインへ差し込み、電源をコンセントへつなげます。




プラッターを手で時計回りに加勢すると、静かに滑らかにプラッターが回り出しました。


つづきは、Nottingham Interspace Junior -No.4 調整・音出し編です。



Nottingham-Analogue-Studio - Interspace-JR【在庫有り即納】
価格:338256円(税込、送料別)

レビュー NOTTINGHAM Interspace Junior -No.2 開封編

イメージ
Nottigham Analog Studio ターンテーブルの内容備品をざっとご紹介します。

ベース本体、厚み50mm。アームベース、軸受け、モーターは既に取り付けてありました。黒マット色。





軸受け


軸受けの底面



モーター部のプーリー


nterspace Arm。カーボンファイバー製9インチ、シェル一体型



ラインコードのRCAプラグはNEUTRIKの金メッキタイプ


プラッターは厚さ35mm。重いです。側面に溝があり、ゴムベルト、ダンピングリングを装着します。


左からダストカバー、針調整目盛りシート、ターンテーブルマットになります。


スポンジ片、軸受け用オイル、水平器、六角レンチのメンテナンスキットです。 紹介していませんがターンテーブルベルト1本、ダンピングリング2本が付きます。

A4サイズのシンプルな組立説明書を見ながら、次は楽しいセッティング♪



つづきは、Nottingham Interspace Junior -No.3 組立編です。




Nottingham-Analogue-Studio - Interspace-JR【在庫有り即納】
価格:338256円(税込、送料別)


LINN SNEAKY MUSIC DS -No.14 アップデート編

イメージ
LINN Config(設定画面)、KinskyDesktop(DMC)のマイナーアップデート(ベータ版)が頻繁に行われます。1ヶ月に一度は行われている感覚です。



内容はバグの修正であったり、追加機能であったりと様々ですが、UIの使い勝手が向上しています。現在Davaar1からDavaar3に、バージョンは4.33。KinskyDesktopは、バージョン4.2.3です。





例えば、LINN ConfigではGUIが変わりました。 上図がアップデート前、下図がアップデート後です。
変更点を紹介すると、
・?マークを押すと、その項目の説明ポップアップが出てくる。
・「RadioTime」項目がなくなり、「TuneIn Radio」が新たにできたこと。「TuneIn Radio」はインターネットラジオステーションのポータルサイト「TuneIn」のことで以前の投稿で触れています。主要18エリア(各国)のチャンネル設定と、TuneInにアカウントイン後、そのアカウントでカスタマイズしたチャンネルをこのGUI画面で選ぶことができるようです。




KinskyDesktop画面。 これは以前のバージョンからですが、Bookmarkが出来ました。例えば今までは、”ある曲”を聴くには、上図のHOME画面>Library>(Server)TwonkyMedia>Music>アルバム>”ある曲”と、何度かクリックして目的まで至ってましたが、Bookmarkを使えば、HOME画面>Bookmark>(アルバム)>”ある曲”と簡単にセレクトできます。


気になる点が2つあります。

一つは、同様のプラグイン「MovieTrailers」。
近い将来、映画コンテンツを見ることが出来るのでしょうか?コンテンツの連携先はどのメディアでしょうか?PC/MAC、iPadのようなタブレットで視聴できる?あるいは、LINNのForumではHDMI入出力の噂がありますが、どうなんでしょうか?




2つ目は、上図「Cloud Server」を指定する項目。 文字通り解釈すれば、クラウドサーバーからの音源をストリーム配信することができるのでしょうか?これも近い将来を見越したアップデートな様な気がして、フムフムです。


先にも述べた様に、現状ではDavaar1からベータ版でのアップデートですが、正式版のアナウンスにより新た…

レビュー NOTTINGHAM Interspace Junior -No.1 導入編

イメージ
前回投稿での候補から数機種に絞り、最後まで迷ったのはLINN MAJIK LP12、Thorens TD-295 MKIVでした。LINN、Thorensと言えばアナログプレーヤーの代名詞とも言える2社。積み上げた技術力と安心感は、おそらく約束されたようなものです。

 一方、NOTTINGHAMはいわゆる英国のガレージメーカー。数人の職人気質の技術者さんが月産1、2台の生産ラインというイメージです。機種はNOTTINGHAM ANALOG STUDIO Interspace Junior です。




 アナログプレーヤーについて知るうちに、NOTTIINGHAMのプレーヤーは機構が”シンプル”であるが故に、正に”アナログ・マニュアル”なプレーヤーであることがわかりました。その点がこのメーカーの作り出す製品に魅力を感じた点です。

 Interspace Juniorは、製品群の中で最もエントリーなクラス。唯、シンプルでオーソドックスなスタイリングは、一番好きなデザインです。 さて、ノッティンガムのアナログプレーヤーの導入記、お付き合い下さい。



つづきは、Nottingham Interspace Junior -No.2 開封編です。




Nottingham-Analogue-Studio - Interspace-JR【在庫有り即納】
価格:338256円(税込、送料別)

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release