投稿

2月, 2011の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

コラム ラウドネス・ウォーは本当に終了するのか!? Part4 エルコ・グリム氏インタビュー

イメージ
2019年10月17日、アメリカ・ニューヨークで行われた147th AES(Audio Engineering Society) カンファレンスセッションにて、オランダ・ユトレヒト芸術工科大学のEelco Grimm氏(以下、グリム氏)が「Analyzing Loudness Aspects of 4.2 million Music Albums in Search of an Optimal Loudness Target for Music Streaming」と題する論文を発表しました。

 タイトルを意訳すれば”音楽ストリーミングの最適なラウドネスターゲットの調査における420万の音楽アルバムのラウドネス状況の分析”。グリム氏はかねてよりラウドネスウォーに関する研究を行っており、当ブログでも彼の提言を取り上げさせて頂いています(*1)。今回の論文は、提言の根拠となる被験者テストなどの詳細な調査研究データを含む内容です。

 論文を読むと、はじめに研究の動機が簡潔に明示されています。音楽ストリーミングサービスTIDALはジャンプを最小限に抑えリスニングエクスペリエンスを改善するためにラウドネス・ノーマラーゼションの採用を検討していたが、音楽ストリーミングのラウドネス基準が無かったためデータを最適に使用する方法がわからなかったということ。そこでグリム氏が以下の二つの提案を行いました。
モバイル機器と据置機器の最適な音楽ストリーミング・ターゲットラウドネスレベルはどれくらいか?アルバムのコンテキスト以外を聴く場合、ソフトトラックとラウドトラックの相対的なラウドネスを保持する必要があるのか?
 さらに、ボブ・カッツ氏(マスタリングエンジニア)のプロダクションを引用しつつ、トラックノーマライゼーションかアルバムノーマライゼーションか、アルバムノーマライゼーションの場合は全てのファイルの平均ラウドネスに基づくかアルバムの最もラウドなトラックに基づくかという制作サイドとリスナーサイド双方に関わる観点と、モバイル機器が音楽消費時間に占める割合の増加傾向とAES td1004勧告やCelenecルールの観点も加味し、上記提案をより具体化します。

数十年にわたる制作レベルと、スマートフォンなどの現在のパーソナルミュージックプレーヤーの制限を考慮した音楽ターゲットレベルの賢明な選択…

私的LS3/5Aを作ろう!-No.5-7 セカンドインプレッション編

イメージ

セカンドインプレッションです。
あらゆるジャンルと年代の音楽を聴いています。バーンインは高域の方が早く変化し、低域が少し遅めのようです。ボーカルがシャープに聴こえ、左右から聴こえる楽器の位置がわかります。レンジが広くクリア。13inchのウーファーでも量感があります。


ピアノは低域から高域まで滑らかに、美しく鳴っています。弦楽器はソロは美しく、オーケストラになると音の分離が悪くなります。フラットな特性では当初、ボーカルが出過ぎていましたが次第に背景の音も聴こえ奥行きが出て、バランスが良くなってきました。小音量では低域が弱まり、また響きが耳に残ります。これらの点は吸音材を入れることで改善できればと思います。


位相が気になりましたが、正相で良さそうです。



つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-1 完成前の改良 デッドニング編です。


私的LS3/5Aを作ろう!-No.5-6 周波数測定編

イメージ
少し響きが多く箱鳴りします。キャビネット内部に吸音材のウールを詰め込むことを考えましたが、キャビネットの密閉作業がまだですので、その作業後の音を参考にしたいと思います。





密閉部材は隙間テープ(戸当たりテープ)です。幅15mmはキャビネット補強材兼バッフル留めの幅にジャストサイズ。またスポンジ裏にシールが貼ってあるので作業が簡単です。


スポンジ状のテープを四方に貼ります。


音を鳴らしてみます。一聴で密閉前後の違いがわかりました。響きが落ち着き、中低域の音が大きく出るようになりました。これは期待できそうです。






周波数測定のコンデンサーマイクはBEHRINGER ECM8000
ECM8000をI/OのKonnket24Dに繋ぎ、PCからの音源をアンプで出すことにします。




周波数測定ソフトにはefu'spageさんの音源WavegeneとスペクトラムアナライザWabeSpectraを利用させて頂きました。また測定方法についてはたのしい工作部屋さんのTIPを参考にさせて頂きました。 左図Wavegeneでスピーカーから音を出してマイクで拾い、WAVファイルを作ります。






左図Wavespectraに作成したWAVファイルを入れ再生。スペクトラムアナライザで波形を見ます。スピーカーとマイクの距離は90cm位。マイクスタンドを所持していない為、手持ちでの測定。測定時間は60-120。






波形です。合計10回位測定しました。


途中、家族の生活音が入り、波形が極端に乱れた測定結果は載せていません。


私的LS3/5Aを作ろう!-No.5-5 仮組立とファーストインプレッション編

イメージ
キャビネットはオーク材突き板仕上げ。




塗装は蜜蝋ワックス仕上げ。 表面が白いところはパテを塗った部分で再度ペーパーをあてて研磨し、蜜蝋ワックスを塗るか、または油性の着色料で薄くペイントし蜜蝋ワックス仕上げでも良いですが、今はそのままにしておきます。



ネットワークをキャビネットに入れます。仮組なのでビス留めはしません。 


バッフルにユニットを取り付けます。


ツイーター、ウーファー共に六角ねじで留めます。後に緩むので、六角ねじであれば締めることができます。 ユニットはしっかり締めて取り付けます。 



バッフルをキャビネットに仮留めします。


ここでインピーダンスをテスターで計測してみます。表示メーターが下がり6Ω周辺で落ち着きました。総合特性グラフの数値と合います。


バッフルをねじ留めします。


サランネットを仮に取り付けてみました。 サランネットなし。

DIY Belden8412でXLRケーブルの製作

イメージ
Neutrik XLR / NC3MXX & NC3FXX




 Belden8412



 コネクタを分解、8412は4芯なので端子に各線をハンダ付け。




 製作過程は省略、完成。  線材が柔らかく作りやすいです。


私的LS3/5Aを作ろう!-No.5-3 ネットワーク詳細編

イメージ
ネットワークを変更しました。
今回も自作スピーカー設定プログラムを利用させて頂き自作スピーカー設計プログラム JAVAアプレット版のデータを元にネットワークを作成しました。



変更点は抵抗値。


ツイーター側も抵抗値を変更しました。





 今回。僅かな違いですが、86dB付近でフラットな波形になりました。 インピーダンスは概ね6Ω位で、インピーダンスに2箇所山があります。





 ウーファーとツイーターの回路図です。ツイーター側の抵抗を直列にしたのは、単に手持ちのセメント抵抗を使いたかったからです。







 ネットワーク基板の実装写真に説明を入れてみました。無駄の多い配線ですね・・・。+と-の(by ~)はバインディングポストと接続しますが、バイワイヤ接続できるよう、ツイーターとウーファーで配線を分けています。

 クロス-12dB/oct LPFの設定は位相が合せにくく、-6dBや-18dBで組むと位相が合いやすいのでシンプルな-6dBが良かったかなと・・・。総合特性ではフラットですが-12dB/octで逆相接続(ツイーターへの配線を+-逆に接続すること)するとクロス付近で9dB位落ちます。-12dB/octで-6dBの設定では-3dBクロス付近で落ちる・・・。まあ、とりあえず組んでから音出してみます。


つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.5-4 制振材・吸音材取付け編です。


私的LS3/5Aを作ろう!-No.5-2 ネットワーク製作編

イメージ
ネットワーク用ボードは9mm厚のベニヤ板です。サイズはハガキサイズ。



実はこのハガキサイズが微妙でネットワーク部品を並べるには必要な大きさですが、LS3/5Aのキャビネットには横向きに入らない。この話題はまた後日。






ネットワーク部品を仮置き。フィルムコンデンサ、セメント抵抗、コイル。コイルの結束バンドは、コイルが安定するように付けています。




配線用の立ラグをビスで取り付けます。






部品を立ラグに絡ませてみました。3Ωのセメント抵抗の線足らずなので延長配線します。






線材はbelden8470。黒白を+-でわかりやすい。ネットワークの上半分がWoofer部、下半分がTweeter部の回路です。今回スピーカーはシングルワイヤ接続しますが、変更できるよう回路をバイワイヤ用に作りました。





スピーカー側はファストン端子。





バインディングポスト側は丸端子。




ユニットを接続し音出し・・・あれ?音が出ない。耳を近づけると微かに鳴っていますが・・・回路図が間違っていましたので、回路を修正しやり直しました。

改めて音出し。おおっ!と歓喜の声を上げてしまいました。いい感じです。ということで、ネットワーク製作は終了です。


つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.5-3 ネットワーク詳細編です。



ラベル別INDEX

もっと見る