投稿

2月, 2015の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






おかげさまで200,000アクセス超え

イメージ
三寒四温、春の兆しがそろそろ訪れ始める季節です。

 おかげさまで、拙ブログはこの度200,000ビューを超えることとなりました。前回の10万アクセス超えが2013年の夏でしたので、1年半余で10万アクセス。平均すると、毎日170アクセスを頂いていることになります。

開始時からの全期間での閲覧トップ記事はLINN DS。次にHP-RX700、さらにRCD-N8と続きます。LINN DSは不動の位置で、ネットワークプレーヤー関連、そして木工を含めたDIYチュートリアル記事への、引き続き高い関心を頂いております。

 アクセス数増減は2014年前半が顕著で、日本のみならず諸外国からのアクセスが増加しておりましたが、その主因はYouTubeを始めたことが少なからず影響としてあると思います。同時に、ネットワークやDSDなどのコラムへのアクセスも底上げされていることから、YouTubeとは別のアングルで、少し間口が広がったのかなと分析しています。

 時にチュートリアルとして、アーカイブズとして、そして暇つぶしとして、様々にご利用いただいていることに只々感謝の念を抱いておりますが、最近はなんとなく自ら課していた週一更新を怠りがちですので、新たな1ページづくりに、モチベーションを維持しながら、日々研鑽しながら努めて参りたいと考えている次第であります。

 今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。


 2015. 2. 28 うめのさくころ。 しゅまいるぐりーん

コラム 音楽メディアとフォーマット・DSD Part4

USBインターフェースを備えたDAコンバーターがこの数年間で加速度的に技術進化し普及したことに加え、昨今はDSD再生機能がないことがなぜか?ディスアドバンテージ化しているような状況です。DSDのサンプリングレートは1bit/2.8824MHz (DSD64)は言うに及ばず、11.2MHz (DSD256)再生機器が手の届く範囲の価格帯で製品化されています。更にDSD512まで視野に入るハイレゾ製品まで具現化されつつあります。

 例えばDSD128では可聴帯域近くにあるノイズも100kHz付近までシフトできることからノイズフロアが下がり、PCMに負けず劣らずのスペックを維持できるそうです。但し、高サンプリングになる上にノイズは抱えたままなので、必然的にファイルサイズは上がるということになります。しかしDSDが高スペックになればなるほどPCMに比肩するのならば、そもそもPCMでいいのではないかとの疑問を抱きますが、どうなんでしょうね。

ハイレゾプロダクトの牽引企業の一つであるiFi-Audio社(以下、i社と呼称)のエンジニアの興味深いインタビュー記事があります。i社日本広報のブログに日本語の翻訳記事が掲載されています。前段から中段にかけてのPCM-DSDの変遷と問題意識については、前回の投稿のReal HD AudioのMark Waldrep氏によるBenchmark社のテクニカル・エンジニアJohn Siau氏へのインタビュー記事内容と重なる部分が多く見られます。

 該当記事の要約要点としては、現在のDSD対応DACの聴き分けられる音の違いは、変換アルゴリズムにより生じるものであり、それは元の音源から変換誤差によりロスを生じているのであって、フォーマットそのものの違いでないということ。したがって、出来るだけ変換誤差(ロス)を生じない過程を作り出すことが理想であり、PCMはマルチビットDACで、DSDはデルタシグマ変換で再生すること。つまりPCMはPCMに、DSDはDSDに最適化したプロセスを選択すことでより高音質でよりオリジナルに近い再生を得ることができるとしています。

 i社の製品案内を読むと「どのフォーマットが最高かということに気にかけていない」ということを述べています。さらに「むしろどのフォーマットも最高の状態となるよう気を配っている」と。なる…

レコードアイテム [レコードラック]

イメージ
もしオーディオルームが持てるならば、天井までの造り付けの壁面収納にLPを含むメディアをストックし、ついでに書籍も並べて隠れ家的な趣味の部屋にしたいというプランがありますが、現状ではいつ叶うのか、夢の話であります。これまで無印良品の硬質パルプボックス・ストッカーをLPラックとして利用していましたが(その投稿はこちら)、スペースの制約から縦使いしたいということで新たにLPラックを探してみることにしました。




RECORD RACK レコードラック TWIN LIGHT WOOD
ディスクユニオンさんのレコードラック。定番系。




マルゲリータ BLC レコード 収納ボックス・セット
デザイン性があり、積み上げたり並べたりオプションを追加できる。




Frama Furniture(フラマファニチャー) ディスプレイラック
マガジンラック。レコードジャケをディスプレイできる。


 空いたスペースに置けるLPラックをざっと候補に挙げてみました。定番のラックは価格が手頃で追加もしやすい。収納ボックスはデザイン性と機能性にアドバンテージがある。ディスプレイラックは蓋付きという点が大きい。

 経年したレコードには手垢・傷・匂いという要素が付き、それぞれがプレスから手を伝わり経てきた歴史の証でもありますが、コンディションを保つという点において、それと若干ではありますが潔癖な性格から、蓋付きのストッカーを優先的に考えることにしました。



 2列のディスプレイラックはスペースが許さず、1列3段のラックであれば収納がある程度確保できるということで、いくつかの製品の中から選びました。側面と背板はプリント化粧板のフラッシュ構造ですが、扉は天然木です。


 LPをざっと100枚程度収納してみました。収納力もさることながら、外寸サイズがスマートな割には造りよく設置性がいい。ということで、なんとか確保したスペースにLPラックを置いて、ストッカーと入れ替えることができました。

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release