投稿

11月, 2014の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

レビュー GRADO Prestige Gold1

イメージ
Grado Prestige Gold1


 MMカートリッジの定番の一つ。厳密にはMI/FB方式というグラド独自のメカニズムで、ハイコンプライアンス(=抵抗が少ない)という特性があります。 これはヴァイナルへのトレースに対し追随性が良く、カーボン系のようなハイコン、ミディアムコンのトーンアームと一体となり、レスポンスが速くレンジが広いアナログ再生を再現できます。

 Grado製品のグレード分けは材質、スタイラス・カンチレバーデザイン、選別という3つの基準要素を採用し、シンプルで合理的です。上位のレファレンスクラスのウッドキャビネットは針先ユニットが交換式ではありませんので、Gold1を選んでみました。



Prestige Gold 1【税込】 グラド MI型カートリッジプレステージ・ゴールド1 GRADO [GPGO1]【返品種別A】【送料無料】【RCP】



Shelby Lynne / You Don't Have To Say You Love Me

 針を落としてすぐわかるストレスフリーな抜けの良さと音の広がり。この感覚が独特で周波数の高域特性というよりはMI方式の利点なのかもしれません。さらにボーカルのささやきや、ギターのピッキングのニュアンスのような細やかなディテールが聞き取りやすく、サウンドは明るくナチュラル感があります。

 一応MM方式ですのでサウンドは前方に展開しますが、MCのような繊細さを併せ持つ、また高出力MCとも異なる、MMをリファインしたようなサウンドがGRADOのカートリッジの特徴です。グレード分けは意味(音の違い)があり、上位機種ほど表現力が豊かになります。




GRADO - Statement Sonata2 (ステートメント・ソナタ2)【FB(MM)型カートリッジ】



SONY BDZ-EW1100 -No.5 サーバー機能編

SONY BDZ-EW1100で録画した番組を寝室のMac(Bootcamp)のStaion TV Linkで観ていますが、稀に「サーバーと通信できないため再生できません。エラーコード:2007」と表示され閲覧できないことがあります。



録画番組表はモニターのStaion TV Link画面に表示されているため、サーバーとは接続できている・・・はず。したがって、アプリ側のエラーではなさそうだと。ソニーのサイトを調べたところ、どうやらルームリンクの「ホームネットワーク(LAN)経由で同時に2つ以上の機器への配信はできません。」または、家じゅうどこでも視聴の「複数の機器に同時に番組を配信することはできません。」の項目が該当するようです。



はて?心当たりは・・・家族の部屋を覗くとルームリンク(Wi-Fi)で録画番組を観ていました。こればかりはソニーのBlu-rayレコーダーの仕様、あるいは我が家のホームネットワーク共有環境ですので仕方がないことですが、これから年末年始は貯め録りの頻度が高くなるので、録画番組を消費するために専用の閲覧環境を用意すべきかもしれません。



つづきは、SONY BDZ-EW1100 -No.6 Macで地デジ Staion TV Link Mac版編です。

NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.8-10 SUMIKO Pearl Take10。

イメージ
Sumiko Pearlでのトレース、Take10です。





Shelby Lynne / You Don't Have To Say You Love Me 





SUMIKO Pearlレビューに一区切りを付ける意味で、ハードルを上げて直近のレコードとしては比較的人気の高いシェルビー・リンの一枚から名曲をセレクトしてみました。皆さんのお手元にある盤、あるいはオーディオセットと比較してみて下さい。


Pearlで古盤から新盤まで聴いてきましたが、時にハイレゾっぽさを感じるレンジ感を持ちながら、薄くもない。そつなくこなすカートリッジとしてコストフォーバリューがあると思います。グレードを上げると更にディテールや空気感の表現が出てきますが、100ドル付近のMM方式のスタンダードとしてオススメです。



★11/17am9:59迄ポイント5倍★11/18am9:59迄Facebook経由購入でP5...
価格:13,200円(税込、送料込)

つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -NO.11 GRADO Prestige Gold1です。





OS X Yosemite 新機能と不具合

OS X (10.10) Yosemiteにアップデート後しばらく経過しました。
大きな変化はアプリケーションを含めGUIが刷新されたことと機能向上。「Handoff」や「Notification Center」の仕様変更などは既報ですが、ディテールの変化がユーザビリティに大きな影響を及ぼすことを実感しています。その他、HDMI音声出力から音が出てくるなどマイナーなアップデートは、それを使う方によってはメジャーな変化になっことと予想します。



一方ではOSのアップデート時にはお馴染みの情報ですが、使えなくなった残念な点もあります。私の場合はVMware Fusion5が使えなくなりました。地デジ視聴に際しBootcampへ移行していたので大きな影響ではありませんでしたが、Windowsアプリケーションを使いたい場合のアクセスが現状では多少ストレスなので、Fusionのアップグレードを適用するか?検討中です。



不具合としては、共有設定のコンピュータ名が重複し(数字)が勝手に付くという現象が発生しています。MBPとMacminiで発生しiMacでは発生していません。Macminiでクリーンインストールを行ったところ症状が治ったのですが、MBPの方はTimeMachineでリカバリ&OSの再インストールを行いましたが症状が継続しています。そこでMBPについては共有設定を切っていますが、やはりクリーンインストールしなければならなのか?・・・うむむ。



ラベル別INDEX

もっと見る

New Release