投稿

4月, 2012の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-10 完成前の改良 吸音材改良編

イメージ
-12dB/octのネットワークをキャビネットに入れます。


全域にわたりスッキリ聴こえて良い方向に変化しました。特に中域の変化がサウンドバランスに寄与していると思われます。もう少しサウンドステージに広がりが欲しい。


キャビネット内部にさらにサーモウールを詰めてみました。詰め過ぎました・・・。





このくらいが適量な気がします。ニードルフェルトサーモウールのハイブリッド吸音材。広がり奥行き出たような気がします。質の変化は無くスッキリした印象に変わりありません。これで測定してみます。


つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-11 完成前の改良 特性測定編です。




コラム 音楽メディアとフォーマット Part1

コンパクト・ディスクという音楽メディア

 それにしても「CDは半永久的に使用できます」というフレーズは、音楽メディアをアナログ・レコードからコンパクト・ディスクへシフトチェンジさせる上手いキャッチコピーだったなあと思います。

 それまでのアナログ・レコードやカセット・テープは、記録帯とピックアップに接触面があることから、盤の傷や針折れ、テープの伸びなど、経年使用による劣化は避けられませんでした。ところがCDは、非接触のレーザーピックアップなもんで、そんな劣化とは無縁です、ということであのキャッチコピーな訳です。でも実際はというと、普段CDの盤面メンテンスなんてしないから、CDケースの出し入れで手垢はつくわ、トレイの開閉に失敗し盤面は傷つくわ、それなにり経年劣化して音飛びや読み込まなくなることもあったりするのでした。


アナログからデジタルへ

 さらに、LP, CTからCDへの音楽メディアのシフトチェンジは、アナログデータ再生からデジタルデータ再生へのシフトチェンジでもありました。LPと比べサイズがコンパクトになった上に、同じ1枚でも楽曲をより多く再生することができる。CTと比べ、早送り、巻き戻しが速い。ダイナミックレンジが広く高音質に聞こえる。これらは全てデジタル音楽メディアが、物資安定的により多くデータを記録することができる、という特性からでした。

 これらはちょうど80年代、LP, CT, CDという音楽メディアが共存していた時代でもあります。自宅の棚(ライブラリ)にはLP, CT, CDが並べられていました。そのCDメディア繁栄期はというと、あっという間に過ぎ去り、とは言っても20年以上はあったのですが、今や音楽メディアとしてのCD販売量は減少傾向、他方インターネットによるダウンロード配信販売が増加しています。


媒介メディアと媒体メディア

 ダウンロード配信は、標準規格サイズを有するLP, CT, CD, MDという音楽メディアと全く性質が異なる「ストレージtoストレージ」のメディアです。インターネットを介し、送る側が音楽ファイル以外の情報も発信することから、先述の音楽ファイルと比較するには、CD以前のメディアを「媒介メディア」、ダウンロード配信以降を「媒体メディア」という呼ぶことがわかりやすいのかもしれません。

 「媒介メディア」は、規格サイズであるがためにデー…

私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-9 完成前の改良 ネットワーク改良編-3

イメージ
今回もMy Speakerさんの自作スピーカー設計プログラムを利用させて頂きました。

以前作った-12db/oct のネットワークはこちら
前回作った-6db/octのネットワークはこちら

[Woofer]



[Tweeter]




[総合特性]



[ネットワーク]



[ネットワーク 実体図(仮)]

赤:Wooferの回路 青:Tweeterの回路



[ネットワーク 実装]




[ネットワーク 詳細]


前回と同じくMDF材にネジと圧着端子で作っています。あとは周波数測定し特性を確認します。



つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-10 完成前の改良 吸音材改良編です。




私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-8 完成前の改良 ネットワーク改良編-2

イメージ
今回もefuさんのWaveGene、WaveSpectraを使って周波数測定を行いました。



上図は-6dB/octでの測定結果です。




下図は以前の-12dB/octでの測定で、ほとんど変わりない結果です。
-6dB/octは素直な音ですが、やはり中域の張りが気になりネットワークの再配置を含めて再度-12dB/octで作り直すことにしました。


つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-9 完成前の改良 ネットワーク改良編-3です。




Piano man -No.10

イメージ
前回の投稿が2011年の8月だったんで、半年以上になります。
その間にギターを買ってみたりもしましたが・・・。(その投稿はこちら。)



2012年に入り「先ず1曲覚えよう!」と、楽譜を真面目に見ることにしました。 以前はコードばかり弾いていたのですが、音符を見て指をその通り動かす、という苦行(笑)に出ました。


でも意外や意外、結構イケます。 楽譜見て指動かして、って所作の時間はものす~ごくかかりますが、少しづつ練習を積み重ねていけば、少しづつ覚えることができます。何度も練習すれば、指が動くようになります。 なんだか当たり前のことばかり書いてますが、ピアノ買ってきて家に置いてさあ、弾けない!って時が少し前だったことを思えば、苦行も楽しくなるってもんです。


とりあえず1ヶ月に1曲、3ヶ月で3曲覚えることは無理だと自覚できたので、新たに現実的な目標をたてて少しづつ前に進んでいます。

ラベル別INDEX

もっと見る