投稿

4月, 2012の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-10 完成前の改良 吸音材改良編

イメージ
-12dB/octのネットワークをキャビネットに入れます。


全域にわたりスッキリ聴こえて良い方向に変化しました。特に中域の変化がサウンドバランスに寄与していると思われます。もう少しサウンドステージに広がりが欲しい。


キャビネット内部にさらにサーモウールを詰めてみました。詰め過ぎました・・・。





このくらいが適量な気がします。ニードルフェルトサーモウールのハイブリッド吸音材。広がり奥行き出たような気がします。質の変化は無くスッキリした印象に変わりありません。これで測定してみます。


つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-11 完成前の改良 特性測定編です。




コラム 音楽メディアとフォーマット Part1

コンパクト・ディスクという音楽メディア

 それにしても「CDは半永久的に使用できます」というフレーズは、音楽メディアをアナログ・レコードからコンパクト・ディスクへシフトチェンジさせる上手いキャッチコピーだったなあと思います。

 それまでのアナログ・レコードやカセット・テープは、記録帯とピックアップに接触面があることから、盤の傷や針折れ、テープの伸びなど、経年使用による劣化は避けられませんでした。ところがCDは、非接触のレーザーピックアップなもんで、そんな劣化とは無縁です、ということであのキャッチコピーな訳です。でも実際はというと、普段CDの盤面メンテンスなんてしないから、CDケースの出し入れで手垢はつくわ、トレイの開閉に失敗し盤面は傷つくわ、それなにり経年劣化して音飛びや読み込まなくなることもあったりするのでした。


アナログからデジタルへ

 さらに、LP, CTからCDへの音楽メディアのシフトチェンジは、アナログデータ再生からデジタルデータ再生へのシフトチェンジでもありました。LPと比べサイズがコンパクトになった上に、同じ1枚でも楽曲をより多く再生することができる。CTと比べ、早送り、巻き戻しが速い。ダイナミックレンジが広く高音質に聞こえる。これらは全てデジタル音楽メディアが、物資安定的により多くデータを記録することができる、という特性からでした。

 これらはちょうど80年代、LP, CT, CDという音楽メディアが共存していた時代でもあります。自宅の棚(ライブラリ)にはLP, CT, CDが並べられていました。そのCDメディア繁栄期はというと、あっという間に過ぎ去り、とは言っても20年以上はあったのですが、今や音楽メディアとしてのCD販売量は減少傾向、他方インターネットによるダウンロード配信販売が増加しています。


媒介メディアと媒体メディア

 ダウンロード配信は、標準規格サイズを有するLP, CT, CD, MDという音楽メディアと全く性質が異なる「ストレージtoストレージ」のメディアです。インターネットを介し、送る側が音楽ファイル以外の情報も発信することから、先述の音楽ファイルと比較するには、CD以前のメディアを「媒介メディア」、ダウンロード配信以降を「媒体メディア」という呼ぶことがわかりやすいのかもしれません。

 「媒介メディア」は、規格サイズであるがためにデー…

私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-9 完成前の改良 ネットワーク改良編-3

イメージ
今回もMy Speakerさんの自作スピーカー設計プログラムを利用させて頂きました。

以前作った-12db/oct のネットワークはこちら
前回作った-6db/octのネットワークはこちら

[Woofer]



[Tweeter]




[総合特性]



[ネットワーク]



[ネットワーク 実体図(仮)]

赤:Wooferの回路 青:Tweeterの回路



[ネットワーク 実装]




[ネットワーク 詳細]


前回と同じくMDF材にネジと圧着端子で作っています。あとは周波数測定し特性を確認します。



つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-10 完成前の改良 吸音材改良編です。




私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-8 完成前の改良 ネットワーク改良編-2

イメージ
今回もefuさんのWaveGene、WaveSpectraを使って周波数測定を行いました。



上図は-6dB/octでの測定結果です。




下図は以前の-12dB/octでの測定で、ほとんど変わりない結果です。
-6dB/octは素直な音ですが、やはり中域の張りが気になりネットワークの再配置を含めて再度-12dB/octで作り直すことにしました。


つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-9 完成前の改良 ネットワーク改良編-3です。




Piano man -No.10

イメージ
前回の投稿が2011年の8月だったんで、半年以上になります。
その間にギターを買ってみたりもしましたが・・・。(その投稿はこちら。)



2012年に入り「先ず1曲覚えよう!」と、楽譜を真面目に見ることにしました。 以前はコードばかり弾いていたのですが、音符を見て指をその通り動かす、という苦行(笑)に出ました。


でも意外や意外、結構イケます。 楽譜見て指動かして、って所作の時間はものす~ごくかかりますが、少しづつ練習を積み重ねていけば、少しづつ覚えることができます。何度も練習すれば、指が動くようになります。 なんだか当たり前のことばかり書いてますが、ピアノ買ってきて家に置いてさあ、弾けない!って時が少し前だったことを思えば、苦行も楽しくなるってもんです。


とりあえず1ヶ月に1曲、3ヶ月で3曲覚えることは無理だと自覚できたので、新たに現実的な目標をたてて少しづつ前に進んでいます。

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release