投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー エドガー・モロー 無伴奏チェロ・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「エドガー・モロー 無伴奏チェロ・リサイタル」へ行って参りました。10月に入り朝晩、窓から入る風には涼を通り越してやや寒さを覚え始めています。そんな週末の午後は突き抜ける青空に雲が気持ちよく浮かんで漂うような好天に恵まれました。公共交通機関を利用し、会場へと続く人波に続きます。

 広場前にはいつものようにダンス練習に励む若者たち。エントランスには忙しく行き交う人々とCD販売のブースに人だかりができていました。KOBELCO 大ホールには開演15分前に到着。座席は1階中央。ステージには背板のない椅子と低い譜面台のみ。年齢構成は幅広く子供の姿も目立ちました。

 開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。下手よりエドガー・モローさんがチェロを持ちステージに歩み寄ると客席は大きな拍手で迎えます。黒のスーツ、開襟の白シャツ、靴下は茶系のチェック柄、エナメルの黒靴。モローさんが客席に深々と一礼し、椅子に着座。いよいよ開演です。






 演目は
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009
  (休憩)
 ・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012
 (アンコール)


 今回は2018年の兵庫県立芸術文化センター・KOBELCO大ホールでのリサイタル以来、同会場での2度目の観劇です。しかもオール・バッハの無伴奏チェロ組曲のプログラムはモローさんの魅力がより伝わってくることを期待し、と同時に無伴奏チェロ組曲の曲目自体への渇望を催し、胸が高鳴ります。





 バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番:お馴染みの旋律。チェロの胴鳴り豊かな響きがホールに満たされ、広い音域はステージ全体を楽器に見立てたかのような鳴り。プレリュードが終わったときに拍手したいくらい惹き込まれる演奏でした。バロック時代の空間を想像しながら現代の音をオーバーラップさせ聞いていました。

 バッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番:第一番につづき、目を閉じるとあたかもアンサンブルで弾いているかのような錯覚、重奏感のある厚みを音に感じます。あまりにも心地よい響きにこくりこくりと舟を漕ぐ周囲の客席。夢うつつに近い現実に意識を置きつつも、モローさんが楽章の合間に額を拭う仕草が記憶に残ります。

 休…

2015年、大晦日となりました。

大晦日の朝は、遠くの山々の稜線までよく見渡せる、凛とした澄んだ空気が都会の空に満ちています。いつものように椅子に腰掛けインターネットラジオを開くと、穏やかで幻想的な音楽が流れています。 今年最後のエントリーです。

 今年も拙ブログに多くのビューを頂き、本当にありがとうございました。

 例年通り統計を見ますと、ヘッドホン修理やスピーカー突板貼りの体験記、アナログ関連の投稿へのアクセスが多かったようです。これは夏以降、投稿をお休みした影響もあり、アーカイブスに閲覧が特化した傾向かなと分析しています。

 そしてレコードプレーヤーの投稿も昨年に引き続き関心を頂いております。購買の参考に見ていただいているのかと思いますが、今年はNottinghamの同じプレーヤーのユーザーさんからのコメントを頂き、嬉しかったことを思い出します。

 またPCオーディオからネットワークオーディオへのチュートリアルも、別ページ化したことでアクセスが上がり数ヶ月で200アクセスを頂いております。日本のオーディオ業界は高級NASなんて方向に行ってますが、追求すべき方向が違うような気がして・・・そういう皮肉は伝わったかな?(年末なのでホドホドに・・・)

 反省点として使用機材のレビューが少なく、動画のクオリティもまだまだ。先人や仲間のコンテンツやテクニックを見習って、向上すべき点だと感じています。
そうそう、ドタバタと部屋の配置をまたまた変えました。十分ではないオーディオ環境で四苦八苦している方も少なくないと思います。

 来年は課題をよりクオリティアップすべく、精進してまいりたいと思います。


 それでは皆さま、よいお年を!


ブログをリニューアルいたします。

いつも「MARINに乗って」をご覧頂き、ありがとうございます。今夏よりブログの更新が滞り、ご心配をお掛け致しました。

 ブログを仕切りなおそうかと考えておりましたが、現状でも毎日平均100アクセス超を頂き、熱いコメントも寄せてもらっている当ブログは私の財産です。したがって継続しながらコンセプトを集約していくことが、読者の皆様と私の価値共有の最良の選択肢なのかもしれないという考えに至りました。

 本日以降、随時変更を行ってまいります。しばらくはお見苦しい点もあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します。

 主な変更点
・アカウントネーム
・ブログタイトル
・ブログアドレス


しゅまいるぐりーん 改め、inori。

ラベル別INDEX

もっと見る