投稿

6月, 2012の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






コラム 音楽メディアとフォーマット Part2

音楽を愛する一人として
 デジタルメディアの時代に入り、音楽産業界から著作権、著作隣接権の適正化が図られないとの意見を耳にすることが多くなりました。これには2つあって、一つがデジタルツールがプロアマ平準化され、プロの技術や経験が活かされにくい産業になりつつあるということ。もう一つがイリーガル市場からプロパー市場の売上げが阻害され産業に悪影響を与えているということ。
 この2つの話は音楽業界だけの話ではなく他分野でも同時に起こっているはずなんです。陳腐な言い方をすれば、産業構造の転換期ということなのでしょうけれど、紙と鉛筆とそろばんの時代に後戻りできないのと同じでデジタルツールを使う時代を止めることは出来ません。また紙媒体が電子媒体になる壮大なメディアイノベーションの歴史を否定することはできません。なぜなら著作権はその歴史そのものだからなのですが、特に音楽産業が知的財産権(著作権、著作隣接権・・・)の収益に依存している産業だからこそ、デジタル化の影響が大きいと言えるのかもしれません。

 そこでどうするのか?という議論は政策論になるので拙ブログでは取り扱いません。ただ、音楽と楽器を趣味にしている者として、音楽に関わっている方の活躍は今後も期待していますし、小さいながらも出来ることはある訳で、例えば一つは著作者の権利は公正に守られるべきなのでイリーガル市場を許容しないということ、もう一つは良い音楽を聴くということなんだと思います。良い音楽ってのは語弊がありそうだけれど、クオリティとかスケールじゃなくて音楽を楽しむってことなんだと思います。

 そんなことで音楽産業界が守られるのか!?と言われれば、残念ながら私は音楽産業界のために音楽を聴いている訳ではありません。それならばデジタルメディアの時代にベネフィットとコストの仕組みが追いついていないんじゃない?という指摘と新しいデジタルメディアのアイデアを受け入れてみてはどうでしょう?


本来、音楽は演奏家と聴衆で成り立つものなのですから。

レビュー QNAP TS-259Pro+ -No.6 RAID1編

イメージ
しばらくHDD一つでNASを稼動してましたが、同一型番のHDD価格がなかなか下がらない・・・割高感は購買欲を慎重にします。



 QNAP NASはホットスワップ機能により電源ON状態でHDDの追加が可能です。HDDを空いたベイにスロットします。




 ボリューム管理画面です。 フォーマットが始まります。ファイルシステムはEXT4を選択。 フォーマット終了後、単一ディスクにするか、RAID1にするか選べますので、RAID1を選択します。初期のミラーリング(コピー)が始まります。・・・だったと思うけど、詳しい手順はQNAPの取扱説明書を読んでね。




 RAID管理画面です。 ミラーリングはデータサイズにもよりますが、数時間だったと思います。 初期ミラーリングは一度完了してますので、ミラーリング中の表示ですがこれで完了、RAID1稼働中です。

 半年以上経過していますが、稼働中のエラーはなくNAS自体も安定して動いています。



 つづきは、QNAP TS-259Pro+ -No.7 エラー編(チェックディスク)です。



QNAP TS-259Pro+ -No.1 導入編。 
QNAP TS-259Pro+ -No.2 準備編。
QNAP TS-259Pro+ -No.3 システム移行編。
QNAP TS-259Pro+ -No.4-1 一般設定編。
QNAP TS-259Pro+ -No.4-2 PMS設定編。
QNAP TS-259Pro+ -No.4-3 ネットワーク設定(無線LAN親機)編。
QNAP TS-259Pro+ -No.4-4 ネットワーク設定(無線LAN子機)編。
QNAP TS-259Pro+ -No.5 テレビ設定(BRAVIA)編。
QNAP TS-259Pro+ -No.6 RAID1編。
QNAP TS-259Pro+ -No.7 エラー編(チェックディスク)。

ホーム・ワイヤレス・ネットワークをAES暗号化してみる。
UPS (無停電電源装置) CyberPower BR500 を導入してみる。




ラベル別INDEX

もっと見る

New Release