投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

コラム No Audio Too Taboo - 公正さについて。ある視点から -

イメージ
今日、我々は日常的に多種多様な国内外の音響製品に接する機会があります。そしてそれに付随するサービスも一様ではなくまた異なります。たとえば製品管理において、シリアルナンバーのみ管理しているメーカー、シリアルは必須だが便宜的に顧客情報を管理しているメーカー、シリアルも顧客情報も一元管理するメーカーと姿勢は様々です。そこへ代理店が加わるとさらに複雑になるケースがあります。

 たとえば、とある海外メーカーが製品シリアルと顧客情報を一元管理していたとします。製品アップデート時には”必ず”シリアルと顧客情報が必要になります。故障等のサポートが必要な場合は代理店を通じてサービスを受けることになりますが、その際はさらに”代理店が発行した登録番号”と顧客情報が必要になります。代理店は中古品・二次流通品について原則的にサポート対象外とし、ユーザーが中古品を売買する際にはメーカーの顧客情報を自ら名義変更する必要があります。

 後者のような顧客管理は代理店の対応からサービスという要素以外に流通管理の側面が垣間見えてきます。経験上、メーカー代理店サイドの厳格な管理とユーザーサイドの融通はトレードオフを生じることがありますので、機能も含め顧客管理やサービスを変更する際には、メーカーサイドによるユーザーサイドへ丁寧な説明努力とユーザーの利益確認などのコミュニケーションは双方にとって合理的行動であり、これらは権利や規約などを持ち出すまでもなく、モラルや公正さという観点で然るべきことと捉えています。

 また、言うに及ばず国内外には組織・個人を含む複数のオーディオメディアが存在しています。彼らは日々リリースされるオーディオ機器・関連製品・イベントニュースのほか、レビュー・コラムを掲載しています。筆者の知るところでは、彼らのほとんどは紙媒体やWEB、SNS等のクロスメディアを採用し、プリントとデジタル・サブスクリプションサービスのために出版事業とWEBメディアの運営を行ない、我々オーディオファン、音楽愛好家はそれらの情報に日々接しています。

 我々が彼らメディアに期待することは何でしょうか。いち早くニュースを掲載する速報性、製品からサービスまで広く取り上げる総合性、情報に誤りがない確実性、複数の角度から観察する多面性、製品を高い知見で評価する専門性、様々な意見を受け入れる多様性、視点に偏りがない中…

コラム 音声フォーマット小史からみえるもの

イメージ
初めてPCを家に入れたのは確か1995年頃でした。大学ではDOS/V、会社ではNECのPCが主流だった当時、エプソンがはじめて家庭向けPC通販サービスを始めた製品からEndevorシリーズを購入しました。ブラウン管モニタ、OSはWindows3.1、OSのインストールはフロッピーディスクでアプリケーションのワードと併せると数十枚分、使えるPCにするにはインストール作業が数時間がかりでした。

 やがてOSがWindows95, 98とアップグレードする頃に今日の音声フォーマットMP3が登場します。当時のPCオーディオは読み込み専用CD-ROMドライブにマウントしたCDを1-2倍速で回しながらPC内の音楽プレーヤーで再生するという方式でうるさいCDプレーヤーといったもの。そのときに音楽プレーヤーWinampが流行の走りにありました。丁度この頃Apple Macintoshも一般に知られるようになります。

 いまでこそPCオーディオはリッピングしたCDのLPCMをWAVをはじめとするコンテナ・フォーマットやダウンロード配信した音源で聴くスタイルですが、当時はPCオーディオという言葉すら存在しませんでしたが、PCでのCD-ROMドライブ再生がPCオーディオであり、MP3はマイクロソフトやソフトウェアメーカーが配布するパソコン用音源として明確に区別されていた記憶です。

 なぜなら当時のPCスペックとしてのハードディスク・メモリの単位はキロ・メガバイト。やっとギガ時代の入口が遠くに見えていた頃で、テラはさらに夢の単位でしたのでパソコンにCDのWAVデータを音源として入れることが一般的ではなかった時代です。ですからMP3はイノベーティブなフォーマットとして当時受け入れられ、それがほんの20年前の筆者の周りのPCオーディオのリアルな世界です。

 そこで、今回は現在の主要音声フォーマットの小史をざっと調べてみました。フォーマットは国内主要オーディオメーカーが対応するものとXLD変換コーデックです。


Format Year AIFF1991 WAV1991 ATRAC1993 MP31996 AAC1997 WMA1999 DSD1999 FLAC2001 OGG2002 ALAC

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part10

ミュージシャン・David Elias(デヴィッド・エリアス)さんが自身のブログに「Why MQA? It Solves Magic Step #3...(なぜMQAなのか?ステップ#3を解決する魔法)」という題名の投稿を行っています。彼は精力的なハイレゾ作品の制作とさまざななディストリビューションでのリリースを積極的に行いながらご活躍されているアーティストの一人です。今回プロミュージシャンの立場からのMQAへのご意見を意訳して紹介させて頂きます。


 「私の良いレコーディングの3条件は#1曲 #2演奏 #3録音です。情熱と音楽的才能が良い楽曲にあれば(#1 #2)、多くのあるいは全てのリスナーに伝えることができるからこのようにランク付けしています。」

 「適切な機械的・物理的(マイク・プリアンプ・録音レベル)条件下で慎重にミックスとマスタリングでそれらを収録できれば、確実に最高の音楽レコーディングコレクションを作ることができます。それ以外の方法はありません。」

 「私はMQAの"Take Me There"というタグをゆっくりと実現しています。スタジオやライブショーにおいてアーティスト・プロデューサーが最終的にレコーディングした音と、現実のアーティストの歌が大きく異なることがよくあります。アートディレクションの意図を表現するために(スタジオで入念なエフェクトやトリックは要求しないかもしれませんが、依然として高度な職人技を要求します) #1 #2 #3が存在しなればなりません。それ以外の方法はありません。」

 「偉大なセッションやマルチトラックオーバーダビングの作品群は#3のすべてを満たさず元のソース録音の制限に起因する意図を完全に伝えることができないにも関わらず、まだ素晴らしいとみなすことができます。私の音楽のリスニング履歴はこれらのパーフェクトなレコーディングではないにしても、シンプルに素晴らしい歌と演奏に満たされています。個人的なメモリーコレクションのおそらく最高の宝物です。」

 「しかしマスターテープのアーカイブズからのDSD変換が行われるまでは、当初はCD、それからMP3/AACで悪くなり、そしてHDCDやHDTracks/ProStudioMasterでさえもデジタルフォーマットで#3を満たす良い音を伝える方法は私にはありませ…

コラム いま聴くR&Bシンガーのバラード3選

イメージ
偶然が重なるということが稀にあります。それは良いことでも悪いことでも生じますが、前者であれば”盆と正月が一緒に来た”というたとえは古めかしい言い方で、今日的には「キてる・ツイてる」なんて表現するのかもしれません。二重にも三重にも喜ばしい幸せの連鎖が生じる、出会う、縁があると捉え得ることは現実に起こり得ることです。

 たとえば良いと思う曲に出会ったとき、頭のメモリに一旦インプットされストレージの奥底に保存され、ふとした心のスイッチが入ったときに頭の中に展開される。そしてじっくり聞いてみたいとモチベーションが動き出す。なぜ今なのかと理由を問われても「ずっと気になっていた」「ただ聞きたい」という答えが率直なところです。

 それは時間軸で「良いな」と「聞いてみたい」が繋がった瞬間です。その瞬間の偶然が重なったときが先日のコンサートでした。行くことが決まったとき、これは運だなと思いました。曲を聞いたとき、これは縁だなと思いました。そのストーリーの全てをブログで語り尽くすことはできませんが、今回は一つの切り口で音楽レビュー的なコラムです。




remain〜心の鍵 [小柳ゆき]

 小柳ゆき 2002年発売のアルバム「buddy」の中の1トラック。2001年 先行シングルとして同名でリリースされています。作詞: 小柳ゆき, Lightcha、作曲: 清水泰明、編曲: T.Nishigaki, 弦一徹、とアルバムにはクレジットされています。清水氏と弦氏は現役のヴァイオリニストでありアレンジャーのようです。

 彼女の最大のヒットソングと言えば「あなたのキスを数えましょう〜You were mine〜」が有名ですが、なぜか「remain〜心の鍵」は頭のストレージのどこかに収納されていた曲でした。それが15年間かどうかは定かではありませんが、ビルボード フェスティバルのときに思わず再会し、心の鍵が解き開き感情が抑えきれなくなりました。幸いなことに客席は暗く人目を憚ることなく思う存分に涙を流すことができました。





Something New [福原美穂]




 福原美穂 2015年発売のアルバム「Miho Fukuhara Live in Music」の中の1トラック。同年、先行リリースEPシングル「Something New」としてバンド、英語バージョンがリリースされています。作詞作曲: Bro…

ラベル別INDEX

もっと見る