INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

Autumn L'Autunno / UNAMAS Strings Sextet [music review]

イメージ
アントニオ・ヴィヴァルディの『四季』と言えば、クラシック音楽のなかで最もポピュラーな作品の一つ。なんとなくオフィスやホテルのロビーでBGMとして日常的にメロディが流れているイメージです。ではいつ頃、初めて聴いたのか。おそらく学生時代に音楽の授業で「春」を聴いたとき。あるいはラジオやテレビから流れてきたとき。もはや定かではありません。

 UNAMAS Strings Sextetによる2019年6月発売のアルバム「ViVa The Four Seasons」からの1トラック。アートワークはライトブルーにピンクのフローラルや扇子と思しきイメージのレイヤー。ソフトなトーンのパステルカラーは落ち着いた感じを受けるジャケットデザインです。

 レーベルはUNAMASレーベル。録音は2019年1月28-29日、長野県軽井沢・大賀ホールにて行われ、レコーディング・ディレクターはHideo Irimajiri氏(Armadillo Studio)、デジタル編集はJun Tajiri氏。レコーディング、ミキシング、マスタリングとプロデューサーはMick Sawaguchi氏(Mick Sound Lab)がクレジットされています。





 UNAMSAレーベル公式YouTubeチャンネル "ViVa The Four Seasons" 4K interview インタビュー編

 イントロダクション。自然のリアルなサウンドに惹き込れます。『四季』はヴィヴァルディが作曲したヴァイオリン協奏曲の中の4作品。さらに「秋」は1.アレグロ、2.アダージョ・モルト、3.アレグロの3楽章から成り、ヴィヴァルディが描写したと言われているソネットが付され、楽曲のシーンをイメージすることがきます。"ViVa The Four Seasons"ではおおよそ11分の「秋」3楽章が1トラックとして流れます。

 タタタタタータタと耳に馴染むフレーズ。ヴァイオリンが描く鮮やかな主旋律をヴィオラとチェロの中域とコントラバスの低域がサポートするウェルバランスなクリアサウンド。UNAMAS Strings Sextetではスタンダードなオルガンやチェンバロに代わり、ヴァイオリンソロ x1とヴァイオリン x2、ヴィオラ x1、チェロ x1、コントラバス x1のセクステット構成を為し、コ…

コラム デジタルソリューション考・Part7 MQAとStream The Studio



 CES2017では幾つかの大きなニュースがありましたが、なかでもTIDALのMQA対応が大きな話題となりました。他方、国内メディアではあまり取り上げられませんでしたが、ハード・ソフトウェアメーカー、コンテンツ・サービスプロバイダ、音楽オーディオ関連団体によるハイレゾをフューチャーしたパビリオンの設置とセッションがあったことは海外メディアを中心に報じられています。

 そのセッションの内容は興味のあるものでした。Billboardは詳細(All Three Major Labels, Pandora and RIAA Announce Support for Hi-Res Audio Streaming)を伝えているメディアの一つです。3大メジャーレーベル、RIAA、Pandora、Rhapsody、Napster、HD TracksはDEG(Digital Entertainment Group)と共同でハイレゾ・ストリーミングのサポートを表明としています。このニュースはMQAの拡大を予感させますが、必ずしもMQAに限定しないとも受け止められています。

 セッションの中心を担ったのはDEGですが、DEGは「Stream The Studio」というマーケティング・キャンペーンについての声明をアナウンスしています。これはハイレゾ対応デバイス、テクノロジー、音楽をプロモートするマーケティング・メッセージを整理するための言葉であるとして、スタジオクオリティのハイレゾのベネフィットを今後最大の音楽顧客層であるミレニアル世代へイベントやSNSなどで認知させるとしています。

 ハイレゾの普及がなかなか進まない国内の現状を考えると、キャンペーンの拡大とはなぜかと思いますが、それには統計学的な情報で見えてくるものがあります。

 一般社団法人 日本レコード協会が発表した統計によると、2016年はレコード全体のオーディオ実績が204億円と前年比95%に減少しています。2012年に一度上昇しましたが、それ以外は下降トレンドです。その中でヴァイナルが122%、音楽配信が112%と上昇し、とくにサブスクリプション(ストリーミング)が185%と急上昇しています。

 アメリカRIAAの統計ではダウンロードが22%減少し、ヴァイナルも含めたフィジカルメディアは14%減少、一方でサブスクリプション(ストリーミング)が16.2%上昇しています。全体歳入の構成比としてはストリーミングが47%、ダウンロードが31%、フィジカルメディアが22%となり、日米でダウンロード配信の成長よりもストリーミング・サブスクリプションサービスの需要が伸びていることがわかります。

 さらにIFPIの統計ではグローバルな数字が確認できます。2015年度において音楽全体の歳入は3.2%上昇、デジタルが10.2%増加していますが、ダウンロードは10.5%減少、フィジカルメディアは4.5%減少、一方でストリーミングが45.2%上昇しています。またResous&Reportの頁ではグローバルレポートを元に解説を行なっています。

 そのレポート解説によると、有料ストリーミングサービスの需要が伸びており、とくに若年層ではYoutubeが多く利用されているそうです。ライセンスを受けた音楽を聴いている一方でライセンスのない音源にアクセスする事例も依然としてあり、アーティストや制作者報酬に問題があると指摘しています。またPCに代わりスマートフォンで音楽を聴く方向、とくに途上国ではその傾向があり、その上で音楽の"バリューギャップ”があるとしています。

 このようなレポートが背景にもありDEGは「Stream The Studio」キャンペーンを開始したと想像できますが、すでにキャンペーンの公式サイトが立ち上がりDEGの声明と同一のドキュメントが参照できます。また多くのハード・ソフトウェアメーカー、レーベル、コンテンツプロバイダ、団体が参加リストに記載されています。数年前にハイレゾの定義が一応形成されましたので、いよいよ業界横断的にハイレゾのダウンロード&ストリーミング市場を拡大していこうという表れなのでしょう。

 今後はTIDAL以外にもハイレゾ・ストリーミングサービスを開始する可能性が噂されていますので、幾つかあるストリーミング・サブスクリプションサービスの動向が注目されています。また同時にハイレゾ・ダウンロード配信のディストリビュータも増えていくものと期待されます。セッションに参加したサービスプロバイダはもちろん、それ以外のプロバイダのアクションが少なからずあるだろうと言われているのが2017年です。

 キャンペーンはハイレゾの認知が必要としていますが、ハイレゾのCDやMP3コーデックなどとの比較優位性としてMQAが取り上げられることがあります。その理由としてはCD並みの容量や品質を担保しながらデコードによりハイレゾに展開可能なスペックやマスタークオリティを認証するMQAのプロセスがハイレゾのテクノロジーとソリューションを同時に満たすアイコンとして「Stream The Studio」とコンパチブルであることが挙げられます。いわばMQAは時流としてハイレゾ・プロモートのトリガーであり、コーデックをシフトする架け橋的な存在と言えるのかもしれません。



コラム デジタルソリューション考・Part1 GoogleTVとシームレス
コラム デジタルソリューション考・Part2 Appleとゼロコンフィグ
コラム デジタルソリューション考・Part3 Ethernet AVB
コラム デジタルソリューション考・Part4 NasneとDLNA
コラム デジタルソリューション考・Part5 Audio over IP
コラム デジタルソリューション考・Part6 Roon・RAATとエクスペリエンス
・コラム デジタルソリューション考・Part7 MQAとStream The Studio


関連投稿
コラム MQAとベストミックス
コラム ハイレゾ時代のフィジカルメディアの展望 -CD, SACD, Blu-ray Audio, MQA-


コメント

ラベル別INDEX

もっと見る