INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「ヴェロニカ・エーベルレ ヴァイオリン・リサイタル」へ行って参りました。台風15号の影響もあり西日本は猛暑が戻ってまいりましたが、三連休の最後の祝日の午後は、快晴でも陽光はやや強さが弱まり、湿度の低いカラッとした風が時折そよぐ良い気候となってまいりました。会場の入り口へと急ぐ人波に合流いたします。

 会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子、その前に譜面台。座席は1階中央右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の舞台下手側からヴァイオリンのチューニング音が聞こえてきます。しばし聞き入りますが、ボウイングが見えてくるかのような、すでに音楽となっていました。

 チューニングの音が止まり、下手のドアが開くと真紅のドレスを纏ったヴェロニカ・エーベルレさんがステージへ登壇します。客席は大きな拍手で迎えます。次いでピア二ストの児玉麻里さんは対照的にシックなトーンのカラフルなドレスで後へ続きます。二人が横に並び客席に一礼し、いよいよ開演です。




YouTube「Veronika Eberle & Edicson Ruiz Plays Oscher's Passacaglia」より。  演目は
 ・チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42
  「瞑想曲」「スケルツォ」「メロディ」
 ・ シューベルト:幻想曲 ハ長調 D.940 Op.159
  (休憩)
 ・バルトーク:狂詩曲 第1番
 ・パガニーニ:カンタービレ ニ長調 Op.17
 ・フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 (アンコール)


 今回のプログラムは「Story 物語」とタイトルが付されおり、これはフランクのソナタが結婚のお祝いとして書かれた曲ということからエーベルレさんがヒントを得て、このテーマでプログラムを作り上げられた旨が当コンサートフライヤーに記載されています。彼女のコンサートの意図を意識しながら、ピアニストとしてご活躍中の児玉麻里さんとの共演も楽しみの一つです。 





 チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 Op.42。冒頭、ピアノの響きを意識します。「瞑想曲」児玉さんの演奏に乗りエーベルレさんのソフトタッチな旋律は明るく軽やか。「スケ…

Comptine d'un autre été : L'après-midi / Yann Tiersen [music review]



 1980-90年代は映画を最も観覧した時期かもしれません。とりわけセルジュ・ゲンズブール、ジャン・リュック・ゴダールのリバイバル上映、パトリス・ルコントなどのフランス映画はムーブメントの流れに乗り単館系映画館に足繁く通い、小さなホールの大画面でよく観た記憶が残っています。

 その中でパトリス・ルコントの映画音楽を多く手がけたマイケル・ナイマン作品はとくに意識することなく、その映画を観た記憶もシナリオも薄れつつあるなかで、なんとなく聞いたことがある、耳に残っている感覚があります。実際に彼の作品を自覚したのは少し後のことでした。




Yann Tiersen [Comptine d'un autre été : L'après-midi]


 Yann Tiersenによる2001年発売のアルバム「Amelie from Montmartre」の中の1トラック。ジャン・ピエール・ジュネ監督のフランス映画「アメリ」のサウンドトラックです。タイトルに邦題を名付けるとすれば「過ぎ去りしあの夏の午後の歌」とでも申しましょうか。アルバムセールス200万枚を記録した作品ですので、このトラックもどこかで聞いたことがあるかもしれません。

 アートワークは主人公アメリ・プーラン(Audrey Tautou)の映画のビジュアルワークを採用しています。とてもチャーミングでポップなポートレイトです。と同時に1回見れば忘れないくらいのキャッチーさがあります。たしか映画館の壁面にはビビッドカラーの部屋でベッドに腰掛けているアメリのポスターがたくさん掛けてあったと思います。




 アルバム全体としてはピアノ、アコーディオン、バンジョーなど映画アメリの雰囲気を演出するネイティブでアコースティックな楽器が使われていますが、この楽曲(といくつか)はピアノ(と管弦楽など)だけで構成されています。ですからとりわけこの楽曲のピアノの旋律が印象付けられます。さまざまな楽器の演奏はヤン・ティルセン自身がおこなっているとクレジットに記載されています。

 MusicOMHではヤン・ティルセンのインタビュー「Interview: Yann Tiersen by Michael Hubbard | first published: 5 Sep 2002 in interviews」が掲載されています。その中でジュネ監督は彼の作品をドライブ中に聞いて映画に採用したいとアプローチしたそうです。彼が多忙であると伝えたところ監督は過去のトラックをピックアップしてきて、それを新しく置き換えることで結果的にトイピアノやタイプライターの音楽ができ上がったと語っています。

 またティルセンは”フランスのマイケル・ナイマン”と称され比較されることがあります。前述のインタビューの中で彼は”ナイマン初期作品は好きだが、似ているとは思わない”と答えています。確かに彼の音楽性とマイケル・ナイマンのそれとは異なるオリジナリティがあります。コンセプチャルであり、たくさんの楽器・音色が使われているこの作品も然りです。SoundtrackだけでなくFolk musicとしても楽しめる作品です。



コメント

ラベル別INDEX

もっと見る