INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

Adagio in G Major, D. 178 / Noelia Rodiles [music review]

イメージ
Noelia Rodilesによる2020年3月発売のアルバム「The Butterfly Effect」の中の1トラック。アートワークは黒色に塗装された外壁と思しき背景に真紅のドレスを纏ったノエリア・ロディレスさんのポートレイト。裏表紙まで外壁が続くショットがモダンです。作曲はフランツ・シューベルト。ロマン派を代表するコンポーザーの1人。

 レーベルはEudora Records。録音は2019年8月19-21日、スペインのAuditorio de Zaragoza(劇場)にて行われ、プロデューサーとレコーディングエンジニアはGonzalo Noqué氏、ピアノ技師はFernando Lage氏がクレジットされています。





 COVID-19感染症の伝播は、東アジアから欧米へと拡がり、ついにアフリカ大陸まで波及するパンデミック状況を生じさせ、人類の生命・生活・経済に多くの影響と脅威を与え続けています。私の住う地域では、つい先日、緊急事態宣言の解除がなされたばかりですが、この度の行動変容は現在でも継続しています。

 緊張感を伴う社会状況の混乱期にあってリリースされたピアノ作品です。なかでもノエリア・ロディレスさんのシューベルト・アダージョは、マイルドに心の琴線に触れてきました。レレレラミとシンプルな主旋律がゆったりと鍵盤を流れ、明活さのなかに静謐さを兼ね備え、たおやかな旋律でありながらエモーショナルな雰囲気も漂います。

 自室の窓外を見るに季節の移ろいを感じながら、温暖な天気が続く今季節が作品とマッチします。さらに、森林遊歩道を歩きながら木漏れ日を見上げたときに薫る、緑と陽光の匂いが入り混じる清々しい体験に重なります。この数ヶ月は演奏会へ出向く機会が無くなりましたが、いずれ来る希望の日常を待つに、穏やかにポジティブになれる演奏作品との思いで聴いています。

 アルバム全体を通じては、ロマン派の作曲家(シューマン、メンデルスゾーン、シューベルト)と現代のコンポーザー達との楽曲で構成され、ノエリア・ロディレスさんの演奏を楽しめるピアノ小品集です。当アルバム作品レゾリューションはMQA 24bit/352.8kHz。他にはSACD、DSF 1bit/11.2MHz、FLAC 24bit/192kHz、5.0ch 24bit/96kHzなどで配信(e-onkyo)しています。






コラム オーディオスタイル ー音は人なりー



 「音は人なり」という言葉に接することがあります。メディアやコラムで目にすることがありますし、会話中に聞かれることもあります。そのフレーズは肯定的な評価として用いられることが多いようですが、反面、含みをもたせた否定的メタファーとして使われることもあるようです。そのフレーズを使う方の意味・解釈がそれぞれの立場であるようですが、その出典については必ずしも明らかではありません。

 おそらく「文は人なり」を借用・転用したものと推察できますが、それでは「文は人なり」とは何でしょうか。元はフランスの博物学者、ジョージ・ルイ・ビュフォンが1753年にアカデミー・フランセーズに誘われた際に演説した以下のフレーズ*にあるようです。

「Writing well consists of thinking, feeling and expressing well, of clarity of mind, soul and taste... The style is the man himself.」*

 意訳すると「上手く書くことは思考から成ります。感じて上手く表現することは精神や趣きといった明白な心から成ります・・・文体とは書き手自身なのです。」という感じでしょうか。その中の”The style is the man himself”だけが「文は人なり」と要約・翻訳され広まったと推測されます。

 もちろん「文は人なり」はよくできた要約ですが、前段の思考と心、言い換えれば思考と感情、それが文体=行動に結びゆくならば、前段も大事な一節一節だと思います。前段があるが故に後段が存在するにも関わらず後段だけ知ったところで、全て理解したと言えるのでしょうか。

 ただ理解したつもりでいるだけなのではないでしょうか。もちろん人>行動>思考>感情と逆に理解を深められる方は別ですし、あるいは文体が全てとストイックに捉える方もいるのかもしれません。それらの性質は往々にして経験則や職業家意識に依るところでもあります。

 そのフレーズをオーディオにプロットしてみると、さしずめ「The sound is the man himself」でしょうけど、再生音(=文体)の傾向や良し悪しで市井の人の人格をも評価することに対して、あなたに何がわかるんだと思ってしまいます。むしろその音に至る思考や感情のストーリーを知ってこそ「人間的に」その音を理解し価値判断でき得るもので、そこではじめてその言葉が活きてくる。

 そのストーリーこそ無音ですが、実は大切な情報なのではないかと考えています。したがって、できるだけ不用意に「音は人なり」なんて言葉は他人に使わないようにしています。 


*引用:Wikipedia Georges-Louis Leclerc, Comte de Buffon (28/8/2016, at 09:25) https://en.wikipedia.org/wiki/Georges-Louis_Leclerc,_Comte_de_Buffon



コメント

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release