INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part6



 プレ・プレスリリースされていたTIDALによるMQA配信が始まりました。三大メジャーレーベルの一つ、ワーナーが数万タイトルを準備し今春リリース予定とのStereophile誌の記事(MQA and Warner: the Real Scoop By Jim Austin • Posted: Oct 29, 2016)に接していましたので、今回の若干早めのランチはCES2017にプロモーションを合わせてきた感じでしょうか。また公式ウェブサイトではMQAは30,000Tracks超と記載され、他のレーベルと併せて30,000曲+αという規模のカタログビューにはビッグネームのメジャータイトルが列記されています。

 MQA対応の詳細については、CD音質相当(16bit/44.1kHz)の転送レートのTIDAL HiFiがTIDAL MASTERSとしてアップグレードしたようです。レゾリューションは24bit/96kHz相当との数字が発表されています。公式アナウンスはありませんが、先述のStereophile誌の記事から想像するに、ワーナーはアナログマスターからのデジタル化のアクションの一環でもあるようなので、単なるコンバートではなくMQAの意義でもある、より高品位なサービス内容なのかもしれません。付随的情報はTIDALのリリースを待つか、Stereophile誌の記事をご参考下さい。

 また機能面ではPhile-webの記事(TIDAL、ハイレゾ相当音質での音楽ストリーミングを開始MQA 96kHz/24bitにて 編集部:小澤貴信 2017年01月06日)にあるようにソフトウェアデコードとハードウェアデコードの切替機能が実装されています。これは拙稿でも取り挙げたComputerAudiophileの記事(A Comprehensive Q&A With MQA's Bob Stuart by

 The Computer Audiophile Published on 04-07-2016 09:16)においてMQAのボブ・スチュアート氏がソフトウェアデコードが可能と述べていたことが有言実行されたことになります。ただ音質的にはハードウェアデコードの方が有利ということなので、今後様々なオーディオ環境で比較検証がなされることと思います。

 それから今回のMQA対応は自社製ソフトウェア(デスクトップアプリケーション)に限定されましたが、これから随時アップデートしていくようです。TIDALウェブアプリケーション、タブレットアプリケーションは後日利用できるとしていますし、さらに例えばLinn Kazooなど既存のサードパーティ製アプリケーションやネットワークプレーヤーなどのハードウェアデバイス上でもTIDALサービスは利用できることから、他社の方針転換がなければ今回のMQA対応は事実上、広範囲に及ぶものと考えられます。(Home Audio Playerリスト)

 ただし現状において日本ではTIDALは未展開ですので、アプリケーションのダウンロード&インストールはできますが、通常はリージョン規制でTrial版、サービスアカウントの設定、ログインもできません。 日本でのストリーミングサービス展開の時期が待たれます(サービスサポート国リスト)。そして今日迄にダウンロード配信されているMQAタイトルは国内外のマーケットで数百タイトルと着実に増え続けてはいますが、ワーナーがMQAタイトルのダウンロード配信を開始すれば、MQAは一気に数万タイトルに及ぶものとなり、その時期もいよいよ近いのかもしれません。




コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part1 - MQAとは?
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part2 - MQA波及予測
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part3 - CAのMQA Q&A
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part4 - 制作者利益について
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part5 - MQA懐疑論
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part6 - TIDALのMQA対応
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part7 - MQAデコード解説
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part8 - MQA懐疑論的仮説
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part9 - Bob Talks
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part10 - ミュージシャンの視点から
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part11 - Stereophile MQA検証1 再構成フィルタ比較
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part12 - Stereophile MQA検証2 Audio Origami
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part13 - Stereophile 文脈によるMQA解説
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part14 - Stereophile MQAベネフィットとコスト
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part15 - Stereophile MQAとDRM
コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part16 - Stereophile MQA検証3 Bスプライン
コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part17 - Stereophile MQA検証4 AD/DA
コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part18 - 音楽レーベルの視点から



関連投稿
レビュー Roon - MQA ソフトウェアデコード、DSP EQ検証
コラム MQA技術解説についての私的メモ・ロスレスかロッシーか?
コラム SACD, HDCD, MQA-CD スペック比較考察
レビュー MQA-CD リッピング・デコード検証
レビュー Audirvana Plus 3 - MQA ソフトウェアデコード検証
コラム LINNのMQA批判について
コラム MQAとベストミックス
レビュー Meridian Explorer2 - MQA




コメント

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release