INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

Autumn L'Autunno / UNAMAS Strings Sextet [music review]

イメージ
アントニオ・ヴィヴァルディの『四季』と言えば、クラシック音楽のなかで最もポピュラーな作品の一つ。なんとなくオフィスやホテルのロビーでBGMとして日常的にメロディが流れているイメージです。ではいつ頃、初めて聴いたのか。おそらく学生時代に音楽の授業で「春」を聴いたとき。あるいはラジオやテレビから流れてきたとき。もはや定かではありません。

 UNAMAS Strings Sextetによる2019年6月発売のアルバム「ViVa The Four Seasons」からの1トラック。アートワークはライトブルーにピンクのフローラルや扇子と思しきイメージのレイヤー。ソフトなトーンのパステルカラーは落ち着いた感じを受けるジャケットデザインです。

 レーベルはUNAMASレーベル。録音は2019年1月28-29日、長野県軽井沢・大賀ホールにて行われ、レコーディング・ディレクターはHideo Irimajiri氏(Armadillo Studio)、デジタル編集はJun Tajiri氏。レコーディング、ミキシング、マスタリングとプロデューサーはMick Sawaguchi氏(Mick Sound Lab)がクレジットされています。





 UNAMSAレーベル公式YouTubeチャンネル "ViVa The Four Seasons" 4K interview インタビュー編

 イントロダクション。自然のリアルなサウンドに惹き込れます。『四季』はヴィヴァルディが作曲したヴァイオリン協奏曲の中の4作品。さらに「秋」は1.アレグロ、2.アダージョ・モルト、3.アレグロの3楽章から成り、ヴィヴァルディが描写したと言われているソネットが付され、楽曲のシーンをイメージすることがきます。"ViVa The Four Seasons"ではおおよそ11分の「秋」3楽章が1トラックとして流れます。

 タタタタタータタと耳に馴染むフレーズ。ヴァイオリンが描く鮮やかな主旋律をヴィオラとチェロの中域とコントラバスの低域がサポートするウェルバランスなクリアサウンド。UNAMAS Strings Sextetではスタンダードなオルガンやチェンバロに代わり、ヴァイオリンソロ x1とヴァイオリン x2、ヴィオラ x1、チェロ x1、コントラバス x1のセクステット構成を為し、コ…

レビュー AirMac Extreme - No.2 ファイル共有編



AirMac Extremeを選び、AirMac TimeCapsuleを選ばなかった理由は幾つかあります。

1.バックアップ機能として、TimeMachineはMac本体個別に外付けHDDで利用している。
2.ファイルデータ管理機能として、NASとMacminiを利用している。
3.冗長性を考慮して、無線LAN親機とデータ保管庫は別筐体にしておきたい。

AirMacの製品コンセプトからすると身も蓋もない事柄ばかりですが、現状ではiPad、iPhoneのデータはMac本体で管理することが前提で、ファイルサーバー機能としてTimeCapsuleが十分条件ではありませんので、単体で無線LAN親機としてのAirMac Extremeを選んだ次第です。

したがってレビュー2は、ファイル共有フォルダとしての検証を致しました。




音楽・動画データを保管してる電源付きの外付けHDDをUSB接続します。
接続したHDDは普段Macminiの外付けとして利用しているiTunesフォルダ入りのHDDです。ちなみにバスパワーのポータブルHDDでは認識しませんでした。



Mac/PCからAirMacユーティリティを起動します。接続したHDDが認識、表示されます。
ディスクフォーマットはMacOS拡張ジャーナリング(HFS+)ですので、再度のフォーマット等の必要無くスムーズに設定できました。



VAIOのエクスプローラ画面にAirMac Extremeが表示され、iTunesフォルダが参照できました。もちろんVAIOのiTunesで再生できますし、MediaMonky等からも再生可能です。ちなみに、動画ファイル(m2ts、mov)も問題なく再生しますが、稀にコマ落ちするときがありました。この点はUSB2.0インターフェースの転送速度をしてみれば無関係で、むしろ無線LAN環境のトラフィックに起因していると思われ、Airmacのマルチキャストレートを調整する方法があります。



おまけで、TwonkyServerやLinn SongboxなどのサーバーソフトからAirMacのiTunesフォルダの参照が出来ないのかとLinn Songboxからアクセスしてみましたが、残念ながらアクセスできませんでした。Mac/PC間の場合はアクセス権の付与でサーバーソフトが他のMac/PCのフォルダ・ファイル参照できますが、やはりAirMac Extremeでの参照は無理でした。



我が家ではTimeCapsuleを個別に管理している状況ですが、タブレットデバイスとのインターフェース接続が可能になれば、使い方も変わると思います。とりあえずは、現下の環境に合わせるということで。



コメント

  1. こんばんわ。

    ノイズ対策からNASとSneakyを隔離し、無線接続することにしました。ついでに無線をバっファーローの組み合わせからair mac expressに変えようとおもおうのですが。。。教えてください。

    NASのぶら下がった無線親機としてair mac expressを購入しようと思うのですが、Sneakyがつながっている方もair mac expressにした方が良いですかね?

    返信削除

  2. こんばんわ。

    それでOKですよ。5GHzで繋がりやすいし、管理しやすい。

    1Gbpsの有線LANポートが必要ならば、段階的に親機はBuffaloのまま、子機はAirmacExpressもアリかもです。

    返信削除
  3. サポートありがとうございます!
    段階的に親機はBuffaloのままやってみますね。
    air mac expressは新型でそうなかんじですが;;;

    返信削除

  4. 逆でもいけますけどね。
    Buffaloを子機扱い、Airmac Expressを親機。
    そうするとNASとの有線接続は100Mbpsですが、音楽ファイルの再生程度なら大丈夫でしょ。

    返信削除
  5. Buffaloを子機扱い、Airmac Expressを親機・・・としたいのですが、ネットワークの設定が面倒そうで、わからないんです。。。

    NASをSneakyから離したら、メチャクチャ音がよくなって困っていますよ!

    ありがとうございます。

    返信削除

  6. ワイヤレスネットワーク名(SSID)
    パスワード 
    セキュリティレベル

    きほん、親機でこの3つを設定して子機やPCも同じ設定にするだけなんですが、なんやかやとややこしい作業がありますね。

    ややこしさを回避するには中継機を入れない、親機ー子機(PC)のシンプルなネットワークがベターなんだと思いますが、それで言うと、環境に応じた親機の選択が一番大事かなと。

    そう。無線接続で全く問題ないですよね。

    返信削除
  7. こんにちわ・・・
    Airmac Express買いました。
    Buffaloの親機には1分で接続(笑)
    Snekayが無線で鳴っています。

    ホントはAirmac Expressを親機にして、Buffaloを子機にしたいのですが・・・。電話で聞いたらMACもBuffaloもサポート外とのこと。

    素直にExtremeを親機に買うっていうのがいいんですかね!?

    返信削除

  8. 確かにBonjourは設定が楽です。

    つながりやすさは、デバイスがPCだったらBuffalo、MacだったらAirmacかな?


    返信削除

コメントを投稿

ラベル別INDEX

もっと見る