INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

Autumn L'Autunno / UNAMAS Strings Sextet [music review]

イメージ
アントニオ・ヴィヴァルディの『四季』と言えば、クラシック音楽のなかで最もポピュラーな作品の一つ。なんとなくオフィスやホテルのロビーでBGMとして日常的にメロディが流れているイメージです。ではいつ頃、初めて聴いたのか。おそらく学生時代に音楽の授業で「春」を聴いたとき。あるいはラジオやテレビから流れてきたとき。もはや定かではありません。

 UNAMAS Strings Sextetによる2019年6月発売のアルバム「ViVa The Four Seasons」からの1トラック。アートワークはライトブルーにピンクのフローラルや扇子と思しきイメージのレイヤー。ソフトなトーンのパステルカラーは落ち着いた感じを受けるジャケットデザインです。

 レーベルはUNAMASレーベル。録音は2019年1月28-29日、長野県軽井沢・大賀ホールにて行われ、レコーディング・ディレクターはHideo Irimajiri氏(Armadillo Studio)、デジタル編集はJun Tajiri氏。レコーディング、ミキシング、マスタリングとプロデューサーはMick Sawaguchi氏(Mick Sound Lab)がクレジットされています。





 UNAMSAレーベル公式YouTubeチャンネル "ViVa The Four Seasons" 4K interview インタビュー編

 イントロダクション。自然のリアルなサウンドに惹き込れます。『四季』はヴィヴァルディが作曲したヴァイオリン協奏曲の中の4作品。さらに「秋」は1.アレグロ、2.アダージョ・モルト、3.アレグロの3楽章から成り、ヴィヴァルディが描写したと言われているソネットが付され、楽曲のシーンをイメージすることがきます。"ViVa The Four Seasons"ではおおよそ11分の「秋」3楽章が1トラックとして流れます。

 タタタタタータタと耳に馴染むフレーズ。ヴァイオリンが描く鮮やかな主旋律をヴィオラとチェロの中域とコントラバスの低域がサポートするウェルバランスなクリアサウンド。UNAMAS Strings Sextetではスタンダードなオルガンやチェンバロに代わり、ヴァイオリンソロ x1とヴァイオリン x2、ヴィオラ x1、チェロ x1、コントラバス x1のセクステット構成を為し、コ…

レビュー AirMac Extreme - No.1 開封と設定編




素っ気ないダンボール。




巷で言う、開封の儀。




結構重い。レビューによると開封時に注意しないと落下するらしい・・・。



ソーっと蓋箱を持ち上げます。



白いです。



フォルムもフィルムも「ロールケーキ」



記念写真。



これがアップルらしところで、電源コードの巻き方までデザインしている。すばらしい。



■設定編

・有線LANの設定
AirMac ExtremeのWANポート-LANケーブル-CTU、ONU等。
AirMac ExtremeのLANポート-LANケーブル-Macbook。
電源コードON。
インターネット接続、完了。


・無線LANの設定
デフォルトでは2.4GHz帯のみの設定です。
後ほどデュアルバンドを活かすべく5GHz帯の設定と、セキュリティを高める非公開ネットワーク(通称ステルスモード)設定を行います。



MacbookのAirMacユーティリティを起動し、4項目を適宜入力します。ネットワーク名がSSIDのようなもので、好きな名前を自分で決めます。



これでデフォルトの2.4GHz帯の本体設定はとりあえず完了。



Macbookのネットワーク設定でネットワーク名を選択するとインターネットにつながります。
続く設定のため、引き続き有線接続で構いません。


・5GHz帯の設定
・非公開ネットワークの作成(ステルスモード)の設定


ワイヤレスタブ、ワイヤレスオプションを選択。



5GHzネットワーク名を適宜入力。2.4GHzと同名+5GHzなど。
その下欄の「非公開ネットワークを作成」をチェックして、アップデート。



Macbookをワイヤレスに切り替え。
ステルスモードなのでネットワーク名等は表示されませんので、手入力でネットワーク名、パスワードを入力、接続。5GHzも同様に。これで接続は完了。


・ルーターモードの確認



ネットワークタブを確認。
拙宅はCTUがルーター動作していますので、AirMac Extremeにはルーター動作させません。ルーターモード:切(ブリッジモード) ちなみに、AirMac Extremeが自動認識していました。


■通信速度
拙宅はデバイス側がac環境ではなくn/a環境ですが、フレッツ光(100Mbps理論値)にてインターネット通信速度はDown/65Mbps、UP/25Mbps程度でBuffalo社製とほぼ変わりません。但し、ブラウジング、Wi-Fiの表示速度は体感で動作が速くなっています。n/aでデータ転送速度が安定していますので、有線LANは不要かもしれません。




コメント

ラベル別INDEX

もっと見る