INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー 菊池洋子 ピアノ・リサイタル モーツァルト 音のパレット

イメージ
兵庫県立芸術文化センターで行われた「菊池洋子 ピアノ・リサイタル モーツァルト 音のパレット 最終回」へ行って参りました。秋闌ける、季節が移ろい冬の気配が次第に感じられるようになりました。1日の寒暖差は大きく、朝晩は冷えを感じる風を襟を立て防ぎますが、週末の日中はと言うと、陽光が差し込み散策するには心地の良い季節です。

 公共交通機関を利用し会場へと急ぐ人並みに合流いたします。15分前に到着するとエントランスには大勢の人がチケットチェックに列を作り、CD販売ブースには人だかりだできていました。会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子。座席は1階前方右寄り。年齢構成はやや高めのオーディエンス。

 開演を告げるアナウンスのあと客席が暗転。静まりかえった会場の下手からキラキラと光る装飾が施された真っ赤なロングドレスを纏った菊池洋子さんが登壇すると大きな拍手が起こります。菊池さんが中央に歩み寄りピアノに左手を置き深々と一礼し、いよいよ開演です。





演目は
 ・モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第7番 ハ長調 K.309
 ・モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第16番 ハ長調 K.545
 ・モーツァルト:きらきら星変奏曲<ああ、お母さん、あなたに申しましょう>による12の変奏曲
  (休憩)
 ・モーツァルト:幻想曲 ハ短調 K.475
 ・モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調 K.457
  (アンコール)

 今回のプログラムは菊池さんが「音のパレット」と題してモーツァルト作品を演奏する一年半に渡る企画の最終回。兵庫県立芸術文化センターでは同時期に河村尚子さんによるベートーヴェン作品の演奏会も行われており、当ブログではその第一回をレビューを致しました。さて、モーツァルトのソナタは日常聞く機会が多い作品でもありますので、菊池さんのパフォーマンスに期待いたします。




 モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第7番。強めの打音。ステージが明るく華やかに彩るように鍵盤から伝わる音がステージへ響き渡ります。明瞭で小気味良いアレグロに自然と頷きます。モーツァルト作品には身も心も委ねたくなるような楽曲が多々ありますが、アンダンテはまさに旋律に心身を委ねます。菊池さんの感性にさっそく共感いたしました。

 モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第…

私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-8 完成前の改良 ネットワーク改良編-2



今回もefuさんのWaveGene、WaveSpectraを使って周波数測定を行いました。



上図は-6dB/octでの測定結果です。




下図は以前の-12dB/octでの測定で、ほとんど変わりない結果です。
-6dB/octは素直な音ですが、やはり中域の張りが気になりネットワークの再配置を含めて再度-12dB/octで作り直すことにしました。


つづきは、私的LS3/5Aを作ろう!-No.7-9 完成前の改良 ネットワーク改良編-3です。




コメント

ラベル別INDEX

もっと見る