INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

Autumn L'Autunno / UNAMAS Strings Sextet [music review]

イメージ
アントニオ・ヴィヴァルディの『四季』と言えば、クラシック音楽のなかで最もポピュラーな作品の一つ。なんとなくオフィスやホテルのロビーでBGMとして日常的にメロディが流れているイメージです。ではいつ頃、初めて聴いたのか。おそらく学生時代に音楽の授業で「春」を聴いたとき。あるいはラジオやテレビから流れてきたとき。もはや定かではありません。

 UNAMAS Strings Sextetによる2019年6月発売のアルバム「ViVa The Four Seasons」からの1トラック。アートワークはライトブルーにピンクのフローラルや扇子と思しきイメージのレイヤー。ソフトなトーンのパステルカラーは落ち着いた感じを受けるジャケットデザインです。

 レーベルはUNAMASレーベル。録音は2019年1月28-29日、長野県軽井沢・大賀ホールにて行われ、レコーディング・ディレクターはHideo Irimajiri氏(Armadillo Studio)、デジタル編集はJun Tajiri氏。レコーディング、ミキシング、マスタリングとプロデューサーはMick Sawaguchi氏(Mick Sound Lab)がクレジットされています。





 UNAMSAレーベル公式YouTubeチャンネル "ViVa The Four Seasons" 4K interview インタビュー編

 イントロダクション。自然のリアルなサウンドに惹き込れます。『四季』はヴィヴァルディが作曲したヴァイオリン協奏曲の中の4作品。さらに「秋」は1.アレグロ、2.アダージョ・モルト、3.アレグロの3楽章から成り、ヴィヴァルディが描写したと言われているソネットが付され、楽曲のシーンをイメージすることがきます。"ViVa The Four Seasons"ではおおよそ11分の「秋」3楽章が1トラックとして流れます。

 タタタタタータタと耳に馴染むフレーズ。ヴァイオリンが描く鮮やかな主旋律をヴィオラとチェロの中域とコントラバスの低域がサポートするウェルバランスなクリアサウンド。UNAMAS Strings Sextetではスタンダードなオルガンやチェンバロに代わり、ヴァイオリンソロ x1とヴァイオリン x2、ヴィオラ x1、チェロ x1、コントラバス x1のセクステット構成を為し、コ…

レビュー NOTTINGHAM Interspace Junior -No.7 リード線修理編



 Nottinghamのアームはシェル一体型の軽量カーボン製ですが、その先端から出ているリード線が繊細でデリケートなので、拙レビューだけではなく、他所でもその扱いにくさについて紹介する場面を目にする事があります。

 購入時にメンテナンス性を考慮に入れない訳ではないのですが、それ以外の要素、メーカーのフィロソフィーやメカ機構、サウンドクオリティの方が購入動機の大きなウェイトを占めたことが、いま現在NOTTINGHAMを使っている理由でもあります。ただ現実的にリード断線は起こりうる事なので、その修理の模様を今回はレビューしてみたいと思います。


 アームから4本のリード線が出ており、テフロン被覆の中は銀線。先端のコネクタは真鍮製か何かですが、その半田付け部分がデリケートで断線を生じる可能性があります。 




 断線とはつまり、このように半田付け部分からコネクタが外れます。 

 よく見ると、テフロン被覆の先端に銀線が0.5mmほど見えています。しかし、このまま半田付けしてもテフロン被覆部分がハンダをはじくのでうまく接合できません。したがって、テフロン被覆をライターで軽く炙り(炙り過ぎない)、その部分にカッターを軽くあてがうとテフロン被覆が剥けます。そうして銀線を1mm程度露出させることで接合面積を増やします。




 ライターで炙ると煤(スス)が付きますので、無水アルコール等で拭います。 それから、すでにコネクタ側に元々ハンダが乗っていますので、ハンダを熱しながらリード線の先端を半田付けするということになります。必要であればハンダを足し流します。 予め各ラインが認識できるように半田部分にマーカー(赤・緑・青・無色)付けされていますので、半田作業後にペン等で色付けします。

 半田経験のある方ならば、とくに困難な作業ではありません。それでサウンドが変化(劣化)したという実感もありません。却って、カートリッジ交換の度に断線を気にするくらいなら、半田補強するという選択肢もあるのではないかと思いますし、センシティブな機能性の部分で購買に二の足を踏んでいる方がいれば、参考となり得るのかどうかわかりませんが、少なくとも私が事前情報として知っていたならば、購入障壁は下がっていたことでしょう。

 *あくまでも自己責任でお願いします。
 *最近はリード線接点の補強を行い、断線は以前より格段に生じにくくなっています。もし断線した場合はメーカーにご相談した方がいいかもしれません。


 つづきは、NOTTINGHAM Interspace Junior -No.8 メンテナンス編です。


コメント

ラベル別INDEX

もっと見る