INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

Autumn L'Autunno / UNAMAS Strings Sextet [music review]

イメージ
アントニオ・ヴィヴァルディの『四季』と言えば、クラシック音楽のなかで最もポピュラーな作品の一つ。なんとなくオフィスやホテルのロビーでBGMとして日常的にメロディが流れているイメージです。ではいつ頃、初めて聴いたのか。おそらく学生時代に音楽の授業で「春」を聴いたとき。あるいはラジオやテレビから流れてきたとき。もはや定かではありません。

 UNAMAS Strings Sextetによる2019年6月発売のアルバム「ViVa The Four Seasons」からの1トラック。アートワークはライトブルーにピンクのフローラルや扇子と思しきイメージのレイヤー。ソフトなトーンのパステルカラーは落ち着いた感じを受けるジャケットデザインです。

 レーベルはUNAMASレーベル。録音は2019年1月28-29日、長野県軽井沢・大賀ホールにて行われ、レコーディング・ディレクターはHideo Irimajiri氏(Armadillo Studio)、デジタル編集はJun Tajiri氏。レコーディング、ミキシング、マスタリングとプロデューサーはMick Sawaguchi氏(Mick Sound Lab)がクレジットされています。





 UNAMSAレーベル公式YouTubeチャンネル "ViVa The Four Seasons" 4K interview インタビュー編

 イントロダクション。自然のリアルなサウンドに惹き込れます。『四季』はヴィヴァルディが作曲したヴァイオリン協奏曲の中の4作品。さらに「秋」は1.アレグロ、2.アダージョ・モルト、3.アレグロの3楽章から成り、ヴィヴァルディが描写したと言われているソネットが付され、楽曲のシーンをイメージすることがきます。"ViVa The Four Seasons"ではおおよそ11分の「秋」3楽章が1トラックとして流れます。

 タタタタタータタと耳に馴染むフレーズ。ヴァイオリンが描く鮮やかな主旋律をヴィオラとチェロの中域とコントラバスの低域がサポートするウェルバランスなクリアサウンド。UNAMAS Strings Sextetではスタンダードなオルガンやチェンバロに代わり、ヴァイオリンソロ x1とヴァイオリン x2、ヴィオラ x1、チェロ x1、コントラバス x1のセクステット構成を為し、コ…

レビュー NOTTINGHAM Interspace Junior -No.1 導入編



 前回投稿での候補から数機種に絞り、最後まで迷ったのはLINN MAJIK LP12、Thorens TD-295 MKIVでした。LINN、Thorensと言えばアナログプレーヤーの代名詞とも言える2社。積み上げた技術力と安心感は、おそらく約束されたようなものです。

 一方、NOTTINGHAMはいわゆる英国のガレージメーカー。数人の職人気質の技術者さんが月産1、2台の生産ラインというイメージです。機種はNOTTINGHAM ANALOG STUDIO Interspace Junior です。




 アナログプレーヤーについて知るうちに、NOTTIINGHAMのプレーヤーは機構が”シンプル”であるが故に、正に”アナログ・マニュアル”なプレーヤーであることがわかりました。その点がこのメーカーの作り出す製品に魅力を感じた点です。

 Interspace Juniorは、製品群の中で最もエントリーなクラス。唯、シンプルでオーソドックスなスタイリングは、一番好きなデザインです。 さて、ノッティンガムのアナログプレーヤーの導入記、お付き合い下さい。



つづきは、Nottingham Interspace Junior -No.2 開封編です。





コメント

ラベル別INDEX

もっと見る