INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

Archives



Audio Check & Recommend Source Archives


Classical



Hilary Hahn - Hilary Hahn plays Bach
ヴァイオリンの際立つ切れと瑞々しいピュアな音色。



GOTOH MIDORI [MIDORI LIVE AT CARNEGIE HALL]
部屋がカーネギーホールになれば君の勝ちだ。



Tangos By Piazzolla Arranged for Cello & Piano
弦と鍵盤のシンプルな構成だが音が深い。



Patricia Kopatchinskaja & Fazıl Say [SUPER DUO!]
ラヴェルで仲良く遊ぶなっ。



Murray Perahia - Chopin Etudes Op. 10/25
ペライアのエチュードは安定感。



MARIA JOAO PIRES [CHOPIN - THE NOCTURNES]
不思議とピリスの夜想曲に手が伸びる。



Geza Anda - Mozart Concerto #21 & #23
アンダとオーケーストラのテンポ 、お手本のような演奏。



ANNA FEDOROVA [Rachmaninoff: Piano Concerto No.2 / Cello Sonata]
ピアノがビンビン、オケが畝る。



Richard Stoltzman - Mozart Clarinet Concerto
ストルツマンのモーツアルトはとにかく美しい。



Fretwork [J.S. Bach Alio modo - "Passacaglia" & Other Keyboard Works Transcribed for Viols]
深い倍音に入り浸ろう。



Eiji Oue & MPO - Symphonic Dances
ドラスティックでダイナミック、爽快。



Robin Ticciati [Haydn: Symphonies Nos. 31, 70 & 101]
正確無比なマイクログルーブがヴァイナルに刻まれている。



武満徹 [夢の引用 Quotation of Dream-Love and Soul of Toru Takemitsu]
深い夢の中へようこそ。



Jazz / Acoustic


Chet Baker - Chet Baker Sings
チェットの変化自在なプレイが凝縮。




小曽根真 THE TRIO [Reborn]
洒落てんだろ?だったKobeだぜ。



Miles Davis = Relaxin With the Miles Davis Quintet
ビバップながらリラックスできる魔法のアルバム。



Ann Sally [Brand-New Orieans]
Until It's Time For You To Go.



George Winston - Linus & Lucy: The Music Of Vince Guaraldi
都会的な仕上がり。ピアノのポテンシャルを感じる。



Trijntje Oosterhuis [NEVER CAN SAY GOODBAY] [レビュー]
マイケルがきっとトレインチャの側にいたんだよ。



Augstin Pereyra Lucena - Acuerdos
アレンジが良すぎると、つい聞いてしまう。 [レビュー]



Teshima Aoi - The Rose~I Love Cinemas~
囁くように歌うから、ツイーターが喜ぶ。



Choro Club with Vocalista - Takemitsu Toru SongBook
武満作品をオーガニックに聴く。



Rock / Pops


The Doobie Brothers - Captain & Me
カラッとしたロック&グルーブの金字塔。



OASIS [Whatever]
ノエル、君の才能を僕は早くから認めていたよ。



Ben Folds - Songs for Silverman
これはポップスでもロックでもない、ジャズだ。



SADE [Diamond Life]
大人になったら聴きなさい。



Yumi Arai - Super Best Of Yumi Arai
スタジオのProAcで聴きながら作ったのか?



KAN - LIVE Sings With Piano #7
小ホールライブそのまま。ピアノレッスンのお手本。



KAN [弾き語りばったり #19 今ここでエンジンさえ掛かれば]
安息を聴いていつも寝るんだ。幸せな気分になれるから。




MISIA - SOUL QUEST
厚い音、速い音、伸びる音がすべて入っている。








ラベル別INDEX

もっと見る

New Release