INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

The Wind Fiddler / 吉田篤貴 EMO Strings

イメージ
吉田篤貴 EMO Stringsによる2019年3月発売のアルバム「The Garnet Star」(ザ・ガーネット・スター)の中の1トラック。アートワークは宇宙と思しき背景に動的な球体がレイヤーするイラストレーション。ガーネットスターとはケフェウス座μ星が赤いため名付けられたとか*1。裏表紙には吉田篤貴さんがヴァイオリンを演ずるショット。

 レーベルはT-TOC RECORDS。録音は2018年10月29-31日、T-TOC STUDIOにて行われ、レコーディング・ミキシング・マスタリングはTakaaki Konno氏、ディレクターはMegumi Sasaki氏、サウンドプロデューサーはAtsuki Yoshida氏がクレジットされています。作曲はM5,9を除き吉田篤貴さん(M5:挾間美帆さん、M9:桑原あいさん)。







 Aの音が鳴りコンサートチューニングの様相がそのままイントロダクションへとつながります。コントラバスのリズムにチェロが主旋律をリフレインし、ヴァイオリンが加わり彼のアイリッシュミュージックを想起します。ソロがデュオ、デュオがトリオ、トリオがさらにアンサンブルへと重なるにつれ、音に重厚感が増す主旋律。そこへカデンツアでは不規則で不安定な旋律に変化します。

 再びサビのリフレインのあと、今度は明るくメロディアスなソロパート。そこで気付きます。ピュアであり、ハスキーであり、ツヤがあり、多様な弦楽器のサウンドテクスチャーが弱音から強音までリズミカルに現れては折り重なるダイナミクス。いつしかスピーディなテンポに心と体が揺れ動き、ついには迫力ある爽快なクライマックスを迎える頃には、複合的な音楽要素に触れる思いがいたしました。

 ライナーノーツに目を通すと、フィドル奏者へのオマージュとの記載があります。なるほど、録音を聞いているあいだ、演奏している10人のプレイヤーたち、吉田篤貴さん(Vn)、 沖増菜摘さん(Vn)、須原杏さん(Vn)、青山英里香さん(Vn)、梶谷裕子さん(Vn/Va)、萩谷金太郎さん(Va)、中田裕一さん(Va)、島津由美さん(Vc)、伊藤ハルトシさん(Vc)、西嶋徹さん(Cb)が”颯爽と興じるフィドル奏者たち”に覚えました。さぞやライブ会場で聞く”The Wind Fiddler”は心躍らせる作品でしょう。



吉田篤貴 EMO strings …

レビュー 佐渡裕・フォーレ「レクイエム」


 兵庫県立芸術文化センターで行われた『阪神淡路大震災25年事業 第120回定期演奏会 佐渡裕 フォーレ「レクイエム」』へ行って参りました。前日の1月17日は空に雲が覆い時折陽光が差し込む天気でしたが、翌18日は快晴となりました。いよいよ冬本番の寒さ。コートの襟を立て風を防ぎ、陽が照る日向を見つけ出しながら遊歩道を歩きます。

 開演20分前に到着すると広場にはダンス練習に勤しむ若者たちや待ち合わせらしき人々が視界に入ります。エントランスホールには大勢の人がチケットチェックに列を作り繋がっています。会場はKOBELCO 大ホール。ステージには中央にスタンウェイのグランドピアノと椅子。その背後に赤い絨毯の指揮台。ステージ下手にオルガン、オーケストラセットの背後にコーラス用ステージを組んでいました。コントラバス奏者が直前まで音合わせをしています。

 座席は1階中央後方。年齢構成は若年層からシニア世代まで多様。開演を告げるアナウンスのあとステージが明るく照らされ、下手より登壇した佐渡裕さんがピアノの側まで歩み寄ります。佐渡さんからは阪神淡路大震災25年、兵庫県立芸術文化センター開館15周年、第1日目の1月17日は午後5:46分に開演し参加者全員で黙祷したことが語られ、拍手は震災で亡くなった方や演奏するオーケストラ、さらに兵芸の関係者の方々へ送って下さいと申し出がありました。






演目は
 ・べートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.61 - ピアノ協奏曲版
  (休憩)
 ・フォーレ:レクイエム


 今回のプログラムは阪神淡路大震災の犠牲者追悼のために組まれたもの。そのなかで、ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ピアノ版の演目は日常でも珍しく、フォーレ:レクイエムとは同じニ長調であることが佐渡さんの解説にありました。両方とも美しい楽曲です。また出演者もピアニスト:菊池洋子さん、ソプラノ:幸田浩子さん、バリトン:キュウ・ウォン・ハンさんと魅力的な布陣です。



 

 佐渡さんが一旦下手へと下がり、PACオーケストラがステージへ登壇すると拍手が起こります。ゲスト・コンサートマスターのアントン・バラコフスキーさんが客席へ一礼しチューニングが始まります。揃ったところで客席の照明が落とされ、下手より黒のドレスを纏った菊池洋子さんと佐渡さんが登場するとひときわ大きな拍手が起こります。菊池さんがコンマスへ挨拶し椅子に座ります。いよいよ演奏です。

 べートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 Op.61 ピアノ版。第一楽章。佐渡さんがタクトを振ります。PACオーケストラの明瞭で透き通る音色は青空を見上げたときのような爽快さをイメージします。オーケストラのこれ以上ない磨き抜かれた緻密な揃い様とコンサバティブなテンポの優美なハーモニーへ冒頭から惹き込まれます。交響曲 第6番「田園」のような牧歌的な雰囲気も受けます。

 菊池さんが鍵盤に触れます。瑞々しい音の粒子がホール空間へと広がり、オーケストラの清らかな音と調和します。明るいが決して華美ではなく、品位のある鳴り方は弦楽隊の人数が多い構成に依るところのバランスでしょうか。ピアノとティンパニーの異色の掛け合いに愉しさを感じます。ピアノとサポートするオーケストラのマッチングは、もう一つのヴァイオリン協奏曲どころかFor Piano、ピアノのための協奏曲です。

 第二楽章。音の宝石箱を開けたようなピアノの音色に泰然としたオーケストラが絡む美しき協奏。第三楽章。作品61を通じて感じたトランスペアレンシーな美麗さとともに、歩むことを優しく支えるような静謐な演奏に感じました。万雷の拍手と共に掛け声が複数上がりカーテンコール。アンコールは菊池さんが”リスト・愛の夢”と客席へ直接語りかけ奏でられました。そう、前半のテーマは「愛」だったのではないかと思い巡らせながら秀美なメロディに聞き入ります。

 休憩中にグランドピアノを下げるステージ変換が行われ、後半は合唱団が加わります。フォーレ レクイエム Op.48。オーケストラ編成は前半とほぼ同じですが、管楽隊がセンターへ位置しています。7部構成の冒頭、コーラス隊が歌唱すると字幕が映し出されました。それとは別に当日配布されたプログラムにも日本語訳の歌詞が用意されていました。歌詞を読みながら演奏に聞き入ります。

 重く低く沈むイントロダクション。対照的にコーラスの声は明るく清々しい。その瞬間は死の深い悲しみの淵にいる人々へ光が差し込まれる絵画のようでもありました。声は上方へと昇り、客席へゆっくりと降り注ぎ、バリトンのキュウ・ウォン・ハンさんの実直で深みのある声、ソプラノの幸田浩子さんの鮮明で麗かな声の独唱は、遺された者たちの願いを客席へ届けるようかのように伝わります。PACオーケストラは求道的な格調ある演奏です。

 歌詞は神へ亡くなった人への安息の祈りが繰り返し歌われます。不思議なことに悲観ではなく穏やさを感じます。言霊なのでしょうか。第7曲はオルガンがリフレインし、いよいよ恍惚的な雰囲気がステージに漂います。最後は音が天へと昇り行くまで見える様なえも言われぬ佳なる時間でした。そして音が消えゆく最後の最後まで佐渡さんが頭を垂れ続ける後ろ姿が印象的でした。長い間をおいて、静まり返る客席から小さな拍手が生じ次第に大きくカーテンコールへと至りました。

 さて、フォーレは次のような手紙を書き遺しているそうです。
「私のレクイエム・・・は、死に対する恐怖感を表現していないと言われており、なかにはこの曲を死の子守歌と呼んだ人もいます。しかし、私には、死はそのように感じられるのであり、それは苦しみというより、むしろ永遠の至福の喜びに満ちた開放感に他なりません」(*1)

 後半を振り返り、亡くなられた方の休息を祈る宗教的な行為が筆者には「愛」という言葉に解釈しえてならない。そしてプログラム全体のテーマが「愛」で貫かれていたのではないかと終演間近に考えていました。それは震災で亡くなられた方への深い愛、そして一歩づつ歩んでいる方への支えの愛。それが芸術監督でありマエストロの佐渡裕さんが表現し、観衆へ伝えたかった想いなのではないかと受けとめ会場を後にしました。ブログ10年の節目に立ち会えて幸せな演奏会でした。-INORI



脚注

*1 参照 wikipedia レクイエム (フォーレ) 最終更新 2019年4月27日 (土) 23:35







コメント

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release