INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

コラム ラウドネス・ウォーは本当に終了するのか!? Part4 エルコ・グリム氏インタビュー

イメージ
2019年10月17日、アメリカ・ニューヨークで行われた147th AES(Audio Engineering Society) カンファレンスセッションにて、オランダ・ユトレヒト芸術工科大学のEelco Grimm氏(以下、グリム氏)が「Analyzing Loudness Aspects of 4.2 million Music Albums in Search of an Optimal Loudness Target for Music Streaming」と題する論文を発表しました。

 タイトルを意訳すれば”音楽ストリーミングの最適なラウドネスターゲットの調査における420万の音楽アルバムのラウドネス状況の分析”。グリム氏はかねてよりラウドネスウォーに関する研究を行っており、当ブログでも彼の提言を取り上げさせて頂いています(*1)。今回の論文は、提言の根拠となる被験者テストなどの詳細な調査研究データを含む内容です。

 論文を読むと、はじめに研究の動機が簡潔に明示されています。音楽ストリーミングサービスTIDALはジャンプを最小限に抑えリスニングエクスペリエンスを改善するためにラウドネス・ノーマラーゼションの採用を検討していたが、音楽ストリーミングのラウドネス基準が無かったためデータを最適に使用する方法がわからなかったということ。そこでグリム氏が以下の二つの提案を行いました。
モバイル機器と据置機器の最適な音楽ストリーミング・ターゲットラウドネスレベルはどれくらいか?アルバムのコンテキスト以外を聴く場合、ソフトトラックとラウドトラックの相対的なラウドネスを保持する必要があるのか?
 さらに、ボブ・カッツ氏(マスタリングエンジニア)のプロダクションを引用しつつ、トラックノーマライゼーションかアルバムノーマライゼーションか、アルバムノーマライゼーションの場合は全てのファイルの平均ラウドネスに基づくかアルバムの最もラウドなトラックに基づくかという制作サイドとリスナーサイド双方に関わる観点と、モバイル機器が音楽消費時間に占める割合の増加傾向とAES td1004勧告やCelenecルールの観点も加味し、上記提案をより具体化します。

数十年にわたる制作レベルと、スマートフォンなどの現在のパーソナルミュージックプレーヤーの制限を考慮した音楽ターゲットレベルの賢明な選択…

コラム クラシック音楽との出会いと「ショパン-200年の肖像」展




 クラシック音楽との出会いはいつ頃だったでしょうか。

 10代前半のある日、出張帰りの父が”ヴァーツラフ・ノイマン指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団演奏、ドヴォルザーク:交響曲 第9番 「新世界より」”のCDを土産に帰宅しました。キオスクで買い求めたものだと思われますが、学生時代に聞いていた曲だという。小遣いでCDを買い始めた10代前半の子供への贈りものとしては些か唐突ではありますが、おそらく筆者の音楽ライブラリの中では古い部類に入る1988年リリースのCDです。

 同時にその頃は映画にも関心があり、背伸びして映画館へ行ったり、深夜枠の映画をベータマックスのビデオテープへ予約録画したり、レンタル鑑賞していました。映画やテレビにはクラシック音楽やジャズ音楽が溢れており、2001年宇宙の旅「R.シュトラウス: 交響詩-ツァラトゥストラはかく語りき」、クレイマー、クレイマー「ヴィヴァルディ:マンドリン協奏曲」、プラトーン「バーバー:Adagio for Strings」など数え上げたら切りがありません。




 もちろん学校の音楽室にはバッハ、ヴェートーベン、モーツァルトらの肖像画が貼られ、授業でカセットデッキから流れる”G線上のアリア”をぼんやりと窓の外を眺めながら聴いていましたが、音楽一家でもない少年にとってクラシック音楽とは父から貰った後にも先にも一枚のCDであり、映画・テレビの中の音楽の一部に過ぎませんでした。その後、趣味としての音楽や映画を遡る過程でクラシックやジャズに出会い、現在に至ります。ですから、筆者は意識して聴き始めて20年も経ていない”クラシック音楽のビギナー”です。




 先日、兵庫県立美術館で開催中の「ショパン-200年の肖像」展へ行ってまいりました。一般的に美術展はBGMが流れていませんが、ギャラリー内に入るとショパンの楽曲が心地よく流れ、心穏やかに迎え入れてくれます。展示作品はショパンの音楽作品をモチーフにしたエッチングから始まり、膨大な点数の絵画、彫刻、写真、ポスター、映像は”楽章”と区分した展示テーマから成ります。

 陳列作品と解説を見入りながら所々で心打たれ立ち止まり、ふと気がつくと館内を流れるショパンのノクターンに気づく。公式サイトに掲載されているアリ・シェフェール「フリデリク・ショパンの肖像」、アリ・ヨハネス・ランメ「アリ・シェフェール邸(パリ、シャプタル通り16番)の小さなアトリエ」などの絵画作品には吸い込まれそうな威厳が満ち、ショパン自筆の楽譜や手紙には時空を超えて”一人の音楽家の青年”に触れる思いが致しました。

 そんなことを考えているうちに2時間が経ち、圧倒的な情報量に目眩いさえ覚えるなかで、時間に余裕があれば再度スタート地点から閲覧したいくらい魅力ある展示作品郡は美術史、音楽史、世界史の一面として捉えることもできました。ちなみに音声ガイドを使用している方があちらこちらにおり、ナレーションはTVアニメ「ピアノの森」のキャスト・坂本真綾さん。またヤマハのフロアスタンディングスピーカーからショパンの音楽が流れるコーナーなどもあり、視覚だけでなく聴覚でも楽しめる展覧会でした。

 今後はオーディオや音楽家の演奏会でショパンのプログラムを聞く際に、今回のショパン展の会場で見て聴いて感じた体験が脳裏に浮かび重なることでしょう。当展覧会は巡回展で2019/11/24(日)まで兵庫県立美術館、2020年2月から福岡、東京、静岡と各地を回るようですので、お近くの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。クラシック音楽のビギナーでもきっと心打たれ胸に響くものが何かあるはずです。

 

 編集後記:
 オーディオショウのあるブースで一枚のCDをお勧めいただきました。ノイマン指揮・チェコフィル演奏、ドヴォルザーク:交響曲 第9番 「新世界より」です。その後すぐにCDを購入しましたが、開封する暇が暫くありませんでした。この記事を書いたのち何枚か購入したときのビニル袋からCDを出すと1993年録音。記事中のCDは1972年録音。どちらも素晴らしい演奏と録音です。




 

コメント

ラベル別INDEX

もっと見る