INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

コラム Rhapsody in Audio - 音楽と音響と人の未来 -

イメージ
あるオーディオショウへ赴きました。フロアの廊下で忙しくすれ違うスーツの方が会釈し、こちらも一礼。ブースへ入るとスピーカーからクラシック音楽が朗々と鳴っていました。担当者以外に誰もいない椅子に着座すると、担当者が流れている楽曲名を伝え、音源は持参したか、何かリクエストはあるかと尋ねました。今のままで結構だと答えると担当者は頷き、一緒にサウンドを聞き入ります。

 しばらくして楽曲が終わる頃、普段はどんな音楽を聞くのかと担当者は尋ねました。クラシック、ジャズ、ポップスの順に答えると、次はジャズ音源をセレクト。サウンドが流れるとまた二人で聞き入ります。途中でアンプを覗き込むと、ボリュームを少し落としアンプの説明が入る。次の予定もあり楽曲の間に来訪者が入室したタイミングで部屋を出ました。担当者と互いに目配せ、ありがとうと一言を添えて。

 別のフロアの廊下を通るとメーカー代理店関係者が離れていても聞こえるくらいの声量で話し込んでいました。ブースへ入ると担当者以外は誰もおらず椅子に着座します。流れている楽曲を1分程聞いて機器について伺おうと思った時には担当者は部屋にいませんでした。しばらく椅子に座って聞いていましたが、戻ってくる気配がない。仕方がないので部屋を後にします。ふと気がづくと廊下で話し込む関係者の声が部屋の中まで聞こえていました。

 顧客対応はヒューマンファクターですので当然違いは生じます。ただ筆者はカスタマーサービスのクオリティ、とりわけ前者の配慮の行き届いたホスピタリティある対応に好感を抱きました。ではなぜ、ほぼ同じ状況で差が生じたのでしょうか。

 ショウは英語でExhibition、つまり展示会。その理念目的は、一般的には”顧客創出””既存顧客との持続的な関係性の構築”が主軸です。内容はプロモーション。何をプロモーションするのか。この場合、音響(および音楽)です。構成は主催者、展示者、参加者。参加者とは業界関係者とエンドユーザーです。オーディオショウは目的・内容・対象・時期で分かれていますが、先述のショウは”既存顧客との持続的な関係性の構築”の比重が高い場であると認識しました。

 翻って前者は、既存顧客との関係を重視する運営の場においても新規顧客が満足する体験を提供しました。少なくとも見込み顧客である筆者との関係構築に成功しています。一方後者は、顧客対応がお…

コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part18 - 音楽レーベルの視点から




 ここ数年、MQAを採用するオーディオデバイス・ハードウェアメーカー、レコード会社・音楽レーベルが規模の大小を問わずハード・ソフトの両面で増え始めています。そこで今回は、MQA-CDをリリースしたレコード会社・音楽レーベルがなぜMQAを採用したのか、おたずねしてみることに致しました。

 ご意見を承ったのは、当ブログで過去に音楽レビューさせて頂いた”西川彩織グループ「Dreamer」”のプロデューサーでありdoLuck Jazz主宰・平井清貴氏と、"岸淑香Trio「Life is too Great」”のプロデューサーでありティートックレコーズ代表・金野貴明氏です。音楽レーベルがなぜMQAを選んだのか。それでは制作サイドの生の声をどうぞご覧ください。

 尚、記事化にあたり都合上、構成や[]部など一部編集を行なっています。


 doLuck Jazz主宰・平井清貴氏


 MQAを採用した経緯

 平井氏「私がMQAに最初に接したのは、2017年秋に東京・吉祥寺のジャズ喫茶「メグ」で開かれたオーディオイベントでした。そこでMQA-CDの音を聴き、ボブ・スチュワート氏の話を聞いて、その場でMQAの採用を決めました。」


 MQAを採用する理由

 平井氏「理由はいくつかあります。まず、CDパッケージにハイレゾ音源を収納できること。ハイレゾへの展開は専用のデコーダーが必要だが、44.1kHz/16bitの信号はそのまま問題なく一般のCDプレーヤーで再生できること。MQAにエンコードしたデータを用意すれば、以降のCD製造工程に何ら手を加える必要がないこと。ライセンス費がCD制作費を大きく押し上げることがないこと(実際、doLuck Jazzのような小さなレーベルでも)。MQAでの再生音が、まさに録音スタジオの調整卓の前で聴いているサウンドの空気感を見事に再現していたことなどです。」

 平井氏「なかでも最大の理由は、通常のCD再生でも時間軸のブレの改善効果がある程度得られるということです。これはユニバーサル[ミュージック]さんも採用決定の大きな理由であったと聞いております。衰退の一途をたどるCDというメディア復権のきっかけになればという思いもありました。そうして年内に契約を結び、翌2018年よりMQA-CDの制作を開始しました。」


   MQA制作のプロセス

 平井氏「それまでは主に88.2kHz/24bitで録音していたのですが、2018年の録音からすべて176.4kHzで行っております。(西川彩織のみエンジニアのこだわりで96kHz/32bitとなっています) MQAへのエンコードはイギリスのMQA本社(実質的にはボブさん一人の作業だそうです)でおこなってもらうのですが、当初は中2日ぐらいでデータが送り返されてきたのですが、最近は1週間から10日ほどかかっております。それだけMQAが増えているということでしょうね。」

 
 サウンドへのこだわり

 平井氏「[同様に他レーベルが]MQA-CDの採用を決めたというのも我が意を得たりという感じです。doLuck Jazzは、ユニバーサル[ミュージック]さんやT-TOC[Records]さんのようにUHQ-CDを採用したり録音機材にこだわったりすることはありませんが、それでもいいサウンドで聴きたいということにはこだわっており、そのためにできることとしてMQAを取り入れたわけです。」


 今後のリリース予定について

 平井氏「西川彩織「Dreamer」に続いては、6月19日発売予定で牧原正洋「SAMURAI」、佐藤忍「Sinobs Live at CASK」の2タイトルをMQA-CDでリリース予定です。本来は4月、5月の予定でしたがMQAデータ作成の都合で遅くなってしまいました。今後は比較的安価なMQA-CD対応CDプレーヤーが出現して、気軽にハイレゾを楽しむ環境ができあがってほしいところです。」


 ・


 T-TOC Records代表・金野貴明氏


 MQAを採用した経緯

 金野氏「弊社は早い時期からハイレゾのWAV音源をDVDで販売しておりましたが、MQAにとても興味を持ち、1年近く検討し本年より作品リリースとなりました。」


 MQAを採用する理由

 金野氏「理由としまして、CDメディアを利用しているにも関わらずハイレゾも収録できるところの利便性と音質の両立。MQA独自の精密な時間軸の管理が可能になることによるフォーカスの合ったにじみの少ないサウンドになります。」


 サウンドへのこだわり

 金野氏「最良のエンコードができるように細かい配慮をして処理しております。詳細につきましては明らかにできませんが、音質にはかなり反映しております。」[編集者注:通常のMQAよりもさらに精度が高い状態でパッケージ化したり、独自のノウハウがあるようです。]


 今後のリリース予定について

 金野氏「最低でも年内に6〜8作品程度のMQAに特化した新録作品をリリースする予定で進行しております。MQAの特徴や普及促進のためにもあらゆるジャンル、楽器、編成で企画しておりますので、ご期待いただければ幸いです。現在までにリリースしている作品になります。お時間があるときにでもぜひご覧いただけましたら幸いです。 http://t-tocrecords.ocnk.net/product-list/25



 いかがでしたでしょうか。平井氏、金野氏にはシンプルな質問を投げかけましたが、率直な答えが返ってまいりました。両氏とも共通している点は、まず音へのこだわりです。元々ハイレートでの制作を行なっていたベースが既にあり、そこへ音質の改善効果としてのMQA採用が理由に挙げられています。具体的に”MQAでの再生音が〜””MQA独自の〜”と言及している点がまさに制作サイドの生の声です。

 次にハイレゾ録音をCDメディアへ収録できる音質と利便性の両立を挙げている点も共通しています。さらに表現こそ異なりますが、”CDメディアの復権”、”MQAの普及”、”気軽にハイレゾを楽しめる環境”、”あらゆるジャンル、楽器、編成で企画”と、両氏の音楽への熱い思いが言葉に込められ共感致しました。ちなみに相違点を挙げるならば、MQAの採用を即断即決した平井氏と満を持した金野氏でしょうか。それぞれの少しだけ人間味が垣間見えるように感じました。

 その他の注目点として”ライセンス費がCD制作費を大きく押し上げることがない”ということ。当ブログで取り挙げてきた懐疑論のコンテキストにはライセンスフィーが問題とした論調がありましたが、音楽レーベルのリアルな声が聞けた点も有意義であったと思っています。今後については、両氏のコメントにあるように両レーベルともに新録音とMQAでのリリース予定がさらに控えているそうですので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

 最後になりましたが、ご多忙のなか記事化にあたりご協力頂きましたdoLuck Jazz主宰・平井清貴氏ならびにT-TOC Records代表・金野貴明氏へ感謝申し上げます。 - INORI






コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part1 - MQAとは?
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part2 - MQA波及予測
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part3 - CAのMQA Q&A
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part4 - 制作者利益について
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part5 - MQA懐疑論
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part6 - TIDALのMQA対応
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part7 - MQAデコード解説
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part8 - MQA懐疑論的仮説
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part9 - Bob Talks
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part10 - ミュージシャンの視点から
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part11 - Stereophile MQA検証1 再構成フィルタ比較
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part12 - Stereophile MQA検証2 Audio Origami
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part13 - Stereophile 文脈によるMQA解説
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part14 - Stereophile MQAベネフィットとコスト
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part15 - Stereophile MQAとDRM
コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part16 - Stereophile MQA検証3 Bスプライン
コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part17 - Stereophile MQA検証4 AD/DA
・コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part18 - 音楽レーベルの視点から




関連投稿
コラム ステレオファイル誌のMQA検証記事・要約
レビュー MQAライブストリーミング解説 - Mick沢口氏インタビュー
コラム MQA 認証・デコード・レンダリング
コラム なぜMQAコーデックを選ぶのか?
レビュー Mytek Brooklyn DAC+ Part1 リスニング編
レビュー Roon - MQA ソフトウェアデコード、DSP EQ検証
コラム MQA技術解説についての私的メモ・ロスレスかロッシーか?
コラム SACD, HDCD, MQA-CD スペック比較考察
レビュー Audirvana Plus 3 - MQA ソフトウェアデコード検証
コラム LINNのMQA批判について
コラム MQAをなぜ探るのか?
レビュー Meridian Explorer2 - MQA







コメント

ラベル別INDEX

もっと見る