INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Instagram, Twitterでブログ更新情報等を発信しています。

Latest Post

コラム MQA 認証・デコード・レンダリング

メディアで既報(ESSが世界初、MQAハードウェアレンダリング対応のオーディオ向けDAC「ES9068Q」/編集部:風間雄介 2019年01月04日)の通り、ESS Technology社がMQAレンダリング機能を統合したDAC ICのリリースを正式発表いたしました。先述の記事によると2019年1月のCESでお披露目となるようですので、2018年5月のプレリリースから1年以内の動きになります。

 *ラウドネス関係の内容は他記事に移します (2019/1/20)

MQAレンダリングとは?
 そもそもMQAレンダリングとはどういうものなのでしょうか。当ブログの過去記事と既知の事項からのおさらいです。

1. MQAエンコードファイル(以下、MQAファイル)のデコードには3つの区分Authenticate (認証)Decode (デコード)Render (レンダー)
 MQAによると、認証とデコードはソフトウェア(TIDALデスクトップアプリ、Audirvana、Amarra等)でも行われますが、レンダーはハードウェア(DAC)で必ず行われるものだそうです。DAC製品には認証・デコード・レンダーを全て行うものがあるということです。MeridianやMytekのDAC製品が該当するでしょう。

一般的にデコードを行う製品はデコーダー、レンダーのみを行う製品はレンダラーと呼称していますが、レンダラーは認証・デコードは行ないません。

 レンダラーの需要は、たとえばUSB Audio Class1スペックのUSB-DACのような96kHz上限の製品の場合、ソフトウェアデコーダーで96kHzまでのコアデコードを行い、レンダラーでオリジナルサンプリングレート(たとえば384kHz)まで展開するような場面にあり、他にもメーカーが既存製品のMQA対応へローコストで負担が軽くアップグレードできるなど、メリットがあるようです。(*1)


2. MQAファイル再生は4通りの選択肢 24bit/192kHz MQAファイルの場合 (括弧内は呼称) [角括弧内は展開数]
デコーダーなし... 24bit/48kHz (ノンデコード)ソフトウェアデコード[1st]... 24bit/96kHz (コアデコード)ハードウェアデコード[1st & 2nd]... 24bit/192kHz (フルデコード…

レビュー 大友直人 & ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・ シンフォニー・オーケストラ guest 村治佳織



 兵庫県立芸術文化センターで行われた「ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラ 第7回 兵庫公演」へ行って参りました。正月は幸い天候に恵まれ、平野部を一望すると遠い山々の稜線まで見渡せる澄んだ空気。当日も比較的温暖な週末の午後、街ヘ出ると車両こそ少なめでしたが、歩道は人々で混み合っていました。

 会場には開演30分前に到着いたしました。広場には待ち合わせらしき人影やダンス練習に興じる若者の姿が視界に入るいつもの光景。新年が明けて最初に観覧するクラシックコンサートは”兵庫県政150周年記念事業”というコンサバティブな見出しが付く2013年から続いているニューイヤーコンサートです。

 エントランスはいつもより正装や着飾った老若男女で溢れ活気がありました。KOBELCO 大ホールに入るとステージには中央に赤い絨毯の指揮台と舞台一杯に大編成オーケストラのセット。2台のハープ、複数のマリンバ。座席は2階左寄り。開演間近のアナウンス後、ステージ下手の扉が開き、企画・構成者の一人である三枝成彰さんが登壇しプレトークと題し演目解説が始まります。

 その後、ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラの皆さんがステージに集い、コンサートマスターの崔文洙さんらによりチューニングが始まります。音程が揃ったところで客席が暗転、企画・構成者のもう一人、指揮者の大友直人さんがステージに登場するとひときわ大きな拍手が起こります。いよいよ開演です。





 演目は
・スッペ:「軽騎兵」序曲
・ヴェルディ:「運命の力」序曲
・ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
 (休憩)
・ベルリオーズ:幻想交響曲

 
 ”名手たちの交響楽団”というサブタイトルにあるように、ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラのメンバーはN響、日響、読響、新フィル、フリー等々、国内の名手たちで構成されています。そしてゲストにクラシックギタリストの村治佳織さんが出演し、見どころ聴きどころが満載です。
 




 
 スッペ:「軽騎兵」序曲。冒頭に管楽隊による華々しいファンファーレが鳴り響くお馴染みの楽曲。ややもすると絢爛さが目立つところを、ほのかに大人しやかさが調和し、艶やかさとのバランスが絶妙な音色。弦楽隊による斉整たる高俊な演奏を意識します。管楽器と弦楽隊が渾然一体となりリズムを刻み、明るく清々しい好演でした。

 ヴェルディ:「運命の力」序曲。オペラ「La Forza del Destino」の全体を見通すとされる名高い楽曲。同じく冒頭の管楽隊の音色には壮麗、弦楽隊には森厳を感じます。多くの楽器がパート毎にステージ上で多彩に演ずる様は、あたかもオペラを観劇するが如く。それでいて俯瞰すれば凛々しく一糸乱れぬパフィオーマンスは流石の一言。

  ロドリーゴ:アランフェス協奏曲。大友直人さんがステージを一旦下がり、第一バイオリンのセットを組み直します。ギタリスト用椅子と足台、ギター用のマイクと小型のモニタースピーカーが持ち込まれます。下手より村治佳織さんがベルベッドのドレスを纏い、やや深みのある茶色のギターを手に持ち大友さんとステージに登場すると大きな拍手が起こります。

 村治さんのファーストタッチ、なんとナチュラルで軽やかなこと。繊細なフィンガーピッキング、躍動感のあるストローク、滋味深いギターの胴鳴り。中編成となったオーケストラの音圧が下がり、ステージ上の全ての楽器がクラシックギターの音と調和します。オーボエの哀愁ある音色、サポートするオーケストラによる抑揚の効いたソフィスティケイトな演奏に意識が向きます。

 それにしても心地よいアコースティックな響きは、まるで村治さんのクラッシックギターのサウンドホールから音符が次から次へと飛び出しホール全体に充ちるかのよう。つかの間の3楽章でした。カーテンコールは鳴り止まず、アンコールは「タレガ:アルハンブラ宮殿の思い出」。2,000人余の聴衆と大友さんを含むオーケストラが村治さんの優美なソロワーク一点に聴き入るひととき。




 
 休憩を挟み、ベルリオーズ:幻想交響曲。ティンパニーやパーカッションが加わる大編成のオーケストラ。第一楽章から大友さんのタクトが大きく触れ、前半よりマッシブな音質ですが溌剌とし、さらに品位を感じます。金管楽器や打楽器が重なる場面でもまったく煩さを感じません。お馴染み、第二楽章のワルツは可憐で心が弾みました。

 第三楽章はステージ外より演奏するオーボエの弱音から、コントラバスの深い低域までダイナミクスを感じつつ、牧歌的でもある緩急の場面展開に翻弄されます。第四楽章は打楽器による轟音表現を音響的にも視覚的にも楽しみ、いよいよ第五楽章は木管、金管、打楽器、弦楽器がクロスし、ステージ外から鐘の音が入り、前後左右に立体的な音響が渾然と進み続けます。

 そのままクライマックスを迎え、静寂が現れた一瞬の間を置き観衆の拍手喝采のなか賞賛の声が複数発せられました。カーテンコールを受けた大友さんが初めて声を出し挨拶。アンコール曲としてビゼー:「アルルの女」第2組曲より「ファランドール」。ここでも改めてジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラのone by oneのステーブルなパフォーマンスに感嘆致しました。

 コンサートを振り返り、プレトークで三枝成彰さんがJ.ロドリーゴのアランフェス協奏曲以外は1800年代のロマン派作品と解説されていましたが、華やいだなかにも格調とドラマチックさを兼ね備える楽曲・演奏の流れに、村治香織さんのアランフェス協奏曲とアルハンブラ宮殿の思い出が不思議と調和し、選曲の妙をも感じる見事なニューイヤーコンサートでした。







コメント

ラベル別INDEX

もっと見る