INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Instagram, Twitterでブログ更新情報等を発信しています。

Latest Post

コラム MQA 認証・デコード・レンダリング

メディアで既報(ESSが世界初、MQAハードウェアレンダリング対応のオーディオ向けDAC「ES9068Q」/編集部:風間雄介 2019年01月04日)の通り、ESS Technology社がMQAレンダリング機能を統合したDAC ICのリリースを正式発表いたしました。先述の記事によると2019年1月のCESでお披露目となるようですので、2018年5月のプレリリースから1年以内の動きになります。

 *ラウドネス関係の内容は他記事に移します (2019/1/20)

MQAレンダリングとは?
 そもそもMQAレンダリングとはどういうものなのでしょうか。当ブログの過去記事と既知の事項からのおさらいです。

1. MQAエンコードファイル(以下、MQAファイル)のデコードには3つの区分Authenticate (認証)Decode (デコード)Render (レンダー)
 MQAによると、認証とデコードはソフトウェア(TIDALデスクトップアプリ、Audirvana、Amarra等)でも行われますが、レンダーはハードウェア(DAC)で必ず行われるものだそうです。DAC製品には認証・デコード・レンダーを全て行うものがあるということです。MeridianやMytekのDAC製品が該当するでしょう。

一般的にデコードを行う製品はデコーダー、レンダーのみを行う製品はレンダラーと呼称していますが、レンダラーは認証・デコードは行ないません。

 レンダラーの需要は、たとえばUSB Audio Class1スペックのUSB-DACのような96kHz上限の製品の場合、ソフトウェアデコーダーで96kHzまでのコアデコードを行い、レンダラーでオリジナルサンプリングレート(たとえば384kHz)まで展開するような場面にあり、他にもメーカーが既存製品のMQA対応へローコストで負担が軽くアップグレードできるなど、メリットがあるようです。(*1)


2. MQAファイル再生は4通りの選択肢 24bit/192kHz MQAファイルの場合 (括弧内は呼称) [角括弧内は展開数]
デコーダーなし... 24bit/48kHz (ノンデコード)ソフトウェアデコード[1st]... 24bit/96kHz (コアデコード)ハードウェアデコード[1st & 2nd]... 24bit/192kHz (フルデコード…

2019年、始まりました。




 新年、明けましておめでとうございます。

 今年も年末年始は国内で過ごし、正月の三が日は好天に恵まれました。初日の出を拝み、御節を頂き、初詣へ参り、御神籤を引き、年賀状を読み、過日には新年のクラシックコンサートに出掛ける予定がありましたので、その予習も兼ねて音楽に聴き浸る正月の午後。

 例年通りデスクトップのショット。小ぶりのラウンドテーブルを部屋へ持ち込み、その上にMacbookを設置。高さ調整のため素麺の空箱を水性ニスで塗装し裏返し戸当たりクッションを付け、内部に外付けHDDを収納。たまに窓の外を眺めつつ、円形テーブルでキーボードを打ちながらブログを書いています。

 昨年は週末のイベントに参加したり友人の仕事を手伝ったりとスケジュールがタイトになり、ブログ記事を書く時間がかなり制約されました。したがって平日に下書きを分散して書くということに。前年はほぼ一週間に一回でしたが、今年こそ一月に一回のマイペース更新を予定しています。

 今年も「Float A Flow」をどうぞよろしくお願い申し上げます。





コメント

  1. 明けましておめでとうございます��✨
    今年もブログ楽しみにしてます!
    引続き宜しくお願い致します��‍♂️

    返信削除
    返信
    1. 丸井大福さん、明けましておめでとうございます 🎍
      スロースタートスローランニングですが、今年も宜しくお願い申し上げます。

      削除

コメントを投稿

ラベル別INDEX

もっと見る