INFORMATION

   2018.10.27 レビュー クラウディオ・クルス & ブルーノ=レオナルド・ゲルバー
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。ご利用ください。
お知らせ Instagram, Twitterでブログ更新情報等を発信しています。

Latest Post

Mischievous mouse [music review]

大江千里による2017年1月発売のアルバム「Answer July」からの1トラック。アルバムアートはNishinoさん(キングコング)による精巧なイラストレーション。モチーフは大江さんらのバンドでしょうか。世界盤・ヴァイナル盤以外の通常盤はNishinoさんのイラストが入ったアートフレームを大江さんが抱えているショットとなっています。

 レーベルはVillage MusicThink! RecordsPND Records。ミキシング・マスタリングエンジニアはOscar Zambrano氏、アナログ盤の企画・監修は塙耕記氏。全てのトラックの作曲は大江千里さん、作詞はJon Hendricksさん、Lauren Kinhanさん、Becca Stevensさんがクレジットされています。大江さんのセルフプロデュース作品です。







 Mischievous mouse、訳すれば”お茶目なネズミ”。作詞はJon Hendricksさん、ジャズ界のレジェンド。ボーカルはSheila Jordanさん、言わずと知れたビッグネーム。このトラックを含む作詞と同様にLauren Kinhanさん、Theo Bleckmannさん、Becca Stevensさんが参加し、ジャズボーカルをフューチャーした作品となっています。

 Fメジャースケールでバンドが弾ける印象的な8小節のイントロダクション。ベースラインにピアノが乗り、シーラさんが歌い始めます。何やらおとぎ話を聞くときのような可愛らしい歌唱。verseからbridgeにかけての韻を踏んだ歌詞に引き込まれ、身体が音に合せリズムを刻みます。chorusはバンドメンバーによるバッキングボーカルが加わり、思わず楽しく歌い出します。

 歌詞に記述のないシーラさんの歌唱パートにはネズミが踊り出す理由が語られています。要約すると、バースデーケーキを用意した家主の足下にネズミが踊りながら現れ、同じ日、同じ月、同じ年の誕生日を祝いに来たと告げます。日付は1928年11月18日...。そのシーンをイメージしながら楽曲を聞くと、何とも微笑ましくコミカルで洒落っ気のある楽曲に感じます。シーラさんのアドリブが小粋さに輪をかけます。




 大江さんのYouTubeチャンネルではシーラ・ジョーダンさんらのインタビューがご覧いただけます。

 演奏者はJim Rob…

Souvenir de Florence (Allegro con spirito) [music review]


 Unamas String Septetによる2017年7月発売のアルバム「Souvenir de Florence (フィレンツェの思い出)」からの1トラック。アルバムジャケットはフィレンツェにあるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のフォトグラフ。夕景と思しき街の空と山々のカラフルな美しいグラデーションのアートワーク。

 レーベルは沢口音楽工房・UNAMASレーベルOttava Records。録音は2016年12月13-14日、長野県軽井沢・大賀ホールにて行われ、プロデューサー・レコーディング・ミキシング・マスタリングはMick Sawaguchi氏、レコーディング・ディレクターはHideo Irimajiri氏(Armadillo Studio)がクレジットされています。





 
 
 弦楽器のフォルテで始まる印象的なイントロダクション。バイオリンの奏でる主旋律の随所にスフォルツアート。その音に滲みはなく、しかし単色ではなく僅かに重なる響きを持ち合せます。サポートするビオラ、チェロがリズムを作り、そしてこの弦楽の録音には7人目にコントラバスが加わり、さらに深い低域を豊かに表現しアンサンブルを形成しています。

 やがてビオラとチェロが旋律を奏で始め、バイオリンやコントラバスと共に弦楽の掛け合いが始まります。弱音と撥音の明瞭で敏活なハーモニー、しなやかや質感の幾重もの弦音、伸びたり跳ねたり躍動する音の展開に耳を傾ければ、自然と胸が踊ります。再び冒頭の印象的な旋律に戻り、やがてドラマチックに急展開し爽快にラストを迎えます。まさにAllegro con spirito (快活に、生き生きと)。
 


 UNAMASレーベルのYoutubeチャンネルでは収録時の模様をご覧いただくことができます。  

 作品全体を通してみても、フォルテやスタッカートなどアーティキュレーションが見えてくるような明瞭な音のディテール。またアンサンブルのプレーヤーが操リ出す楽器の持つ響きがホール空間に溶け合い、それを再現する部屋全体に音が広がります。視聴の際は自然にボリュームコントローラーのレベルを上げ、高精細なサウンドと卓越したプレイングに聞き入ります。

 「Souvenir de Florence (フィレンツェの思い出)」のライナーノーツを執筆した伏木雅明さんはYoutubeチャンネルでスリスプ&クリアーなアタックと絶妙な残響という2つの要素を挙げ、大賀ホールという演奏・録音空間の聴きどころとしての旨を解説しています。またUNAMAS・沢口さんは今回の録音の舞台裏として音響装置等のメソッドを公開しています。興味深い内容です。

 当アルバム作品をPCに取り込みMQA対応DACのデコーダを通すとMQA認証マークが緑色点灯します。MQA-CDのレゾリューションは24bit/176.4kHz。MQA-CD以外の音源としては24bit/192kHz(WAV, FLAC)、HPL9、5.1ch、Dolby HD、Spotify、iTunesなどがあります。





コメント

ラベル別INDEX

もっと見る