INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー クラウス・ペーター・フロール & クレア・フアンチ

兵庫県立芸術文化センターで行われた「第113回 定期演奏会 フロール×フアンチ シューマン&ブラームス」へ行って参りました。寒の戻りで数日前より空は曇りが続き、空気も冷え込んでいましたが、時折顔を見せる陽光はやや強く暖かく、少しづつ春本番に近づきつつあることを肌で感じる週末の午後でした。

 会場へと続く道なりを歩くと、いつものように広場前にはダンス練習に励む若者やぼんやりと風景を眺める待ち合わせらしき人影が視界に入って参ります。開演15分前に到着し、エントランスホールからKOBELCO 大ホールへと吸い込まれていくかのような人波に続きます。座席は1階中央後方、すでに多くの観衆が開演前のひとときに歓談したりパンフレットへ目を通す様子がありました。

 大ホールのステージには中央にスタンウェイのグランドピアノが蓋を閉じ鎮座。その背後に指揮台。下手から第一バイオリン、コントラバス、チェロ、ビオラ、第二バイオリン、中央背後に管楽器、上手にティンパニーの中編成のセッティングでした。開演間近のアナウンス後、ステージ両側の扉が開き、兵庫芸術文化センター弦楽団員(PAC)の皆さんがステージに登場すると客席から拍手が沸き起こります。

 続いてゲストコンサートマスターである東京フィルハーモニー管弦楽団所属の近藤薫さんが登壇し客席へ一礼、チューニングが始まります。音程が揃ったところで客席が暗転、 クラウス・ペーター・フロールさんが下手からステージへ登場するとひときわ大きな拍手が起こります。いよいよ開演です。





 演目は
・ベートーヴェン:「エグモント」序曲 Op.84
・シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.54
 (休憩)
・ブラームス:交響曲 第1番 ハ短調 Op.68

 今回のプログラムでベートーヴェン 序曲は昨年「コラリオン」がPACオーケストラで演奏(レビュー クラウディオ・クルス & ブルーノ=レオナルド・ゲルバー)されて以来、今回はクラウス・ペーター・フロールさんのタクト。シューマンはソリスト、クレア・フアンチさんのパフォーマンス。そしてブラームスはシューマンと同じくロマン派であり、交響曲 第1番はベートーヴェンとのつながりという点でも注目と、聞きどころ満載です。





 ベートーヴェン:序曲「エグモント」作品84。フロールさんが手を振り上げ、オーケストラのマイティな…

コラム MQAコーデックをなぜ選ぶのか?



 以前、”コラム MQA技術解説についての私的メモ・ロスレスかロッシーか? ”と題する投稿を致しました。この投稿にはいまだにコンスタントにアクセスがあることから、潜在的なMQA関心層をイメージいたします。そこで今回はMQAについての巷の関心事を少しアングルを変えて「MQAコーデックをなぜ選ぶのか?」という観点で、私的な見解・考察をまとめました。


 

 大きな四角形への誤解


図1 典型的なDSD64(=2.8MHz=SACD)の周波数スペクトル (192kHz sampling)

 縦x横で表されるスペクトル、単位は振幅(amplitude)dB x 周波数(Frequency)Hz。オーディオ分野ではCD(16bit/44.1kHz)、DSD(1bit/22.5MHz)と縦軸1-32bit、横軸44.1kHz-22.5MHzが一般的に目にする数字です。我々はこの数字が歳月と比例し、やがてPCMのサンプリング周波数がMHzオーダーとなり、64bitで録音される日が来るかもしれないと漠然と考えています。

 オーディオメディアはしばしば、振幅x周波数のより大きな四角形がより良い音だとして、なかにはハイビット・ハイレートのノイズは音を良くする要素だとして、さらにはノイズは空間把握に影響があるとして、よりハイビット・ハイレートな性能を持つオーディオ機器や音源のコマーシャル・プロモーションに用い、我々はそれを信じ込んでいます。本当にそうでなのでしょうか。

 図1は一般的なDSD64(=2.8MHz=SACD)のFFTです。可聴帯域にも含まれるバックグラウンドノイズをノイズシェーピング、ローパスフィルタ(=ハイカットフィルタ)を通した後のピーク波形ですが、高調波ノイズで占められています。この高調波ノイズはPDM(パルス密度変調)方式の副産物、不要ゆにえ可聴帯域外に移したはずです。つまり大きな四角形の中にはリスナーが聴くことのないノイズが多分に含まれています。

 ハイビット・ハイレートがより良い音に影響があるとしても、オーディオメディアが謳う音を良くする要素としてのノイズの大部分はシェーピング(整形)しフィルタリングされていますので、良い音との直接的な因果関係はもはやありません。言い換えれば、振幅x周波数の四角形の解説にDSD生成に不可避なノイズも紛れ込ませて、文脈上いかにもノイズで音が良くなると意図的に誤解させています。

 振幅x周波数の四角形の面積で示されるものはデータレートです。



 ロッシーなコーデックの意義


 データレートはハイビット・ハイレートで大きくなります。CDは16bit/44.1kHzのステレオ2ch、ビットレートは 44,100 x 16 x 2 = 1,411,200 bit/s = 1.4Mbps で表されます。24bit/192kHzは9.2Mbps、24bit/384kHzは18.4Mbps、1bit/22.5MHzは45Mbpsになる計算です。我が家のメタル回線とWiFi(11ac)環境でのMacbookPro(11n)のデータ転送レートの実効値はUp:35Mbps、Down:65Mbps程度です。

 SpeedTest Indexの調査による2018年夏の日本のネットスピードでは、Fixed Broadband Up:90.21Mbps、Down:81.47Mbps、Mobile Up:8.39Mbps、Down :24.99Mbpsとされています。またNetflix(The Netflix ISP Speed Index)によると、2018年夏の日本のISPスピードインデックスはHigh:3.95Mbps、Low:1.98Mbps、Avg:3.02Mbpsとされており、より保守的な数値となっています。

 つまり保守的な数値では、現在ハイレゾで一般的になりつつある24bit/192kHzのレゾリューションの転送レートでもやや厳しい数字になります。モバイルに至ってはさらに数字が下がりますので、映像・音楽系のストリーミング・サブスクリプションサービス・プロバイダがスマホユーザーを想定し、より安全圏にある低いビットレートを有するロッシー(非可逆圧縮)なコーデックを採用する理由を見つけることができます。

 またデータレートはストレージ容量も圧迫します。HDDは4TB時代ですが、ノートPCやモバイル・スマホ向けのフラッシュストレージではそうもいきません。32GB、64GBの容量を持つスマホに1曲1GBの音楽データを入れることは極めて稀で常識的ではありません。したがってロッシーなコーデックの需要は依然としてストレージ容量の観点にもある。つまり、ネットワークインフラとモバイルのハードウェアスペックのベースが向上しない限り、ロッシーコーデックの意義はまだあると考えます。


 

 デファクトスタンダードなCDスペック


図2 主要な音楽フォーマット・コーデックのリリース年月

 ロッシーなコーデックはMP3の成り立ちがそうであるように、CDから生成される無圧縮ファイル(WAV, AIFF)のデータレートを圧縮することが主な目的でした。CDから質を落としより軽いデータレートにするか、もしくはCD並のビットレートに近づけるか。近年は後者の目的でスペック上は96kHzをサポートするAAC、192kHzをサポートするLDACなどが存在していますが、圧縮プロセスでCDのビットレートを削減する点は共通です。(*1)

 また無圧縮ファイル(WAV, AIFF)の音質を損なうことなく圧縮させることができるロスレス(可逆圧縮)なコーデックのFLAC・ALACは、CDスペック以上のハイレゾをコンテナできることからパーソナルユーザーのCD・ハイレゾデータファイルの圧縮や先述のサブスクリプションサービスのストリーミングにも利用されていますが、圧縮率がロッシーほどには至らず30-50%に留まっています。

 フィジカルメディアで圧倒的なシェアを有しているCDを軸にして、その音質を損なうが圧縮率が高いロッシーと音質は損なわないが圧縮率が低いロスレス。デジタル音源はデータレートとストレージに密接に関係しながら、大きな2つの潮流に分かれていると言えると思われます。なぜCDが基準なのか?一つにはレコードに代わり長年CDが音楽メディアの主流として普及してきたこと。

 もう一つにはCDのナイキスト周波数22.05kHzが人間の可聴限界と言われる20kHzをカバーしているとの言われです。後者については、急峻なデジタルフィルタを適用することでリンギングが発生することから、DAC処理の段階でオーバーサンプリングしデジタル/アナログ変換することがCDプレーヤーの音質・機能性の面で追究されてきましたが、ハイビット・ハイレートでサンプリングされるハイレゾ時代においては昔話の域になりつつあります。

 しかしフィジカルメディアの市場に限ればCDのシェアは圧倒的です。(*2)




 大きな四角形の中の三角形







 そういう背景でMQAは、最大24bit/768kHzのハイビット・ハイレートなデータレートを24bit/48kHzまで折りたたむ点がユニークです。音楽信号が持つ平均的な周波数は図3のように三角形の分布をしており、三角形は音楽的に関連する信号(残りはノイズと静寂)を囲み、全体のコーディングスペース面積の約1/6、つまりデータレートの5/6が浪費されているという考え方がMQAにはあるようです。(*3)

 そこでMQAは複合的なサンプリング手法とデータレート削減、カプセル化、ロスレス圧縮などを組み合わせ、最大768kHzは1/16の48kHzまで、352.8kHzは1/8の44.1kHzまで折りたたみ、結果的にはビットレートが1-1.4Mbpsまで圧縮されます。振幅x周波数の四角形の面積は既成概念で考えると非常に大きなサイズですが、音楽的に関連する信号(検知できるノイズも含む)に限れば思いのほか小さくなるようです。

 そこで24bit/352.8kHzのMQAエンコードファイルはCDやSACDのCD層へパッケージされることも可能となり(*4)、しかもMQAのビットレートはCDスペックを基準としている先述のロスレスやロッシーなコーデックと共通していながら、ハイレゾマスターと同じオリジナルレゾリューションを持つという点において、既存のロスレス・ロッシーなコーデックとの大きな違いがあります。



 ロッシー?ハイレゾ?MQAコーデック



図4 ロッシー圧縮コーデック(黄)、CD、ハイレゾ(青)、MQAコーデック(緑)の周波数分布イメージ

 MQAはハイサンプリングのメリットを活かしつつデータレート削減のロッシー圧縮を行い、スタジオ品質と認証された音源をCDサイズまで抑え、後方互換性を有しすべてのDACで音を聞くことができます。デコーダを通せばハイレゾのメリットを、さらに時間領域性能が向上した音質を享受できます。オリジナルレゾリューションであることはアップサンプリングを、CDサイズはダウンコンバートをユーザー側で行う必要性を無くします。PCに取り込む際にはFLAC・ALACでロスレス圧縮しよりコンパクトに保存できます。

 なぜマスター音源をリリースしないのでしょうか。それはネット時代にデジタルコンテンツは脆弱との主張が想起されます。デジタルコンテンツが一度コピーされインターネットで共有されればアーティスト・スタジオ・レーベルは不利益を被ります。ですから制作サイドがマスター音源でリリースしにくい環境であることはイメージできます。また一方でデジタル著作権管理(DRM)はユーザーには受け入れられません。(*5)

 今までのロッシーなコーデックはCDを、ロスレスなコーデックはハイレゾをも上限に捉えていましたが、MQAは上限はロスレスと同様にハイレゾなおかつオリジナルレゾリューン、下限はロッシーの上限のCDという点で今までに無いコーデックです。しかも圧縮率が1/10でありながらCDの音質を損なうことがない点で既存のロッシーなコーデックとは一線を画しています。またオリジナルレゾリューションを含むデコーダで展開した際にハイレゾと比べても音質に遜色が無い(*6)という点も特筆です。

 つまり、既存のCDメディアとしても、ハイレゾな音源としてもMQAは有用であるということです。

 MQAコーデックを選ぶ理由
・効率的で高い圧縮率
・CDと同等のサイズと音質を担保
・ハイレゾの音質と遜色がない
・マスター音源と同じオリジナルレゾリューション

 したがって、筆者のリスニングに関してMQAのロッシー性はほとんど影響がありません。


注釈:
 (*1) 他には以前拙稿で取り上げたXIVERO社の圧縮ソフトもありますが、圧縮率という点でもMQAを上回るには至っていません。
 (*2) 一般社団法人 日本レコード協会 日本のレコード産業 2018年度版より
 (*3) 拙稿:コラム MQA技術解説についての私的メモ・ロスレスかロッシーか?より
 (*4) MQA-CD 24bit/352.8kHzの音声信号のベースバンド以上の追加データはCDのノイズフロア下に符号化されます。
 (*5) 拙稿:コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part13 Stereophile 文脈によるMQA解説より
 (*6) カナダ・モントリオールのマギル大学の研究調査でMQAエンコードファイルと24bit/96kHzファイルとでは”明瞭さ”で区別がつかないというブラインドテスト研究論文から。



関連投稿
レビュー MQAライブストリーミング解説 - Mick沢口氏インタビュー
レビュー Mytek Brooklyn DAC+ Part1 リスニング編
レビュー Roon - MQA ソフトウェアデコード、DSP EQ検証
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part11 - Stereophile MQA検証1 再構成フィルタ比較
コラム MQA技術解説についての私的メモ・ロスレスかロッシーか?
コラム SACD, HDCD, MQA-CD スペック比較考察
レビュー MQA-CD リッピング・デコード検証
レビュー Audirvana Plus 3 - MQA ソフトウェアデコード検証
コラム LINNのMQA批判について
コラム MQAをなぜ探るのか?
レビュー Meridian Explorer2 - MQA



 


コメント

ラベル別INDEX

もっと見る