INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

レビュー 神戸市室内管弦楽団 - 白井 圭 & 仁詩

神戸市立灘区民センターで行われた「“悪魔の楽器”バンドネオンד天使の楽器”ヴァイオリン」へ行って参りました。1月末から厳しい寒さが続き、ようやく冬本番という気候ではありますが、例年どおり厳しさもひと段落する頃ですので、今冬は暖冬と言えたのかもしれません。それでも会場近隣には六甲山の麓から凍てつく風が降りて参りました。

 会場には開演20分前に到着いたしました。約500人収容のホールには既に2/3以上席が埋っていました。年齢層が高めのなかで若年層やファミリーも多く見受けられ、アットホームな雰囲気。座席は自由席、続けて空席となっていた中央やや左寄りに着座。ホールの左右は14mと広くはありませんが、見上げると高い天井に意識が向かいます。

 ステージには中央に小上がりと椅子。それを取り囲むように譜面台と椅子が並び、左奥にグランドピアノが小さく蓋を開け設置されていました。客席の照明が落とされステージが照らされると神戸市室内管弦楽団のメンバーとヴァイオリニストの白井 圭さん、バンドネオン奏者・仁詩さんが登壇します。客席から拍手が起こり、いよいよ開演です。






 演目は
・E.モリコーネ:ニュー・シネマ・パラダイス
・N.ロータ:映画「ゴットファーザー」より”愛のテーマ”
・P.マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より”間奏曲”
・A.ピアソラ:バンドネオン協奏曲「アコンカグア」
 (休憩)
・W.A.モーツァルト:ピアノソナタ 第11番 イ長調 K.331より第三楽章
・W.A.モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第4番 二長調 K.218


 今回は神戸市室内管弦楽団さんの演奏に加え白井さん、仁詩さんの両ソリスト共演が見どころの一つ。またバンドネオンは普段から中島ノブユキさん、三枝伸太郎さんの作品で馴染みがあることと、以前とあるコンサートでその生音に魅了されたことから異なる演奏者で改めて臨む点も聞きどころの一つ。さらにモーツァルトの2タイトルと盛り沢山の内容です。






 E.モリコーネ:「ニュー・シネマ・パラダイス」序曲。仁詩さんのバンドネオンと白井さんのヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ピアノ、パーカッション、オーボエという布陣。弦楽四重奏にバンドネオンが主旋律を奏でるアンサンブル。そこに打楽器・木管楽器のアクセント。とくにパーカッションのパフォーマンス…

レビュー デュメイ & 関西フィル 兵庫特別演奏会



 兵庫県立芸術文化センターで行われた「デュメイ & 関西フィルハーモニー管弦楽団 兵庫特別演奏会」へ行って参りました。前日は25年ぶりの記録的に強烈な台風に見舞われ、センターの催しは中止。翌日の開催は未知数でしたが、日が明ければ台風一過、晴れ渡る空にやや強い日差し、そこに心地よい風が吹き抜ける晩夏を思わせる気候でした。

 近隣の商業施設でランチをとり開場時刻まで時を過ごします。平日午後というスチュエーションにあってセンター前広場に人影はまばらでしたが、エントランスホールやカフェレストランには人々の気配が感じられました。年齢層は高め、それでもミドルエイジや子供連れが見られました。会場はKOBELCO大ホール。ステージには中央に回転式の椅子と金色のハープが目に留まります。

 座席は1階中央前方。開演間近のアナウンス後、ステージ両側の扉が開き関西フィルハーモニー管弦楽団員の皆さんがステージに登場すると客席から自然と拍手が沸き起こります。続いてコンサートマスターが続き客席が暗転、長身のオーギュスタン・デュメイさんが下手から松葉杖をつきながらステージへ歩み寄るとざわめきが起こります。そこでなぜ回転式の椅子なのかが理解できました。





 演目は
・ショーソン:詩曲 作品25
・ラヴェル:ツィガーヌ
・マスネ:タイスの瞑想曲
 (休憩)
・ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 作品92
 



 
 プログラムはデュメイさんのリリース作品「ショーソン: 詩曲 他」から3曲とベートーヴェン 交響曲 第7番。すべて馴染みのある楽曲ばかりです。またデュメイさんは指揮者でありソリストであり、つまり弾き振りを行う点も聴きどころ(見どころ)でもあり、その予見を持ち今回のコンサートに望みました。

 ショーソン:詩曲 作品25。デュメイさんが観客席に背を向け穏やかなイントロダクション。バイオリンのソロパートで彼がゆっくりと椅子を回し客席側に向いて弾き始めます。弦楽隊の小上がりがステージ上に無い所以か、冒頭から指揮者と楽団との一体感が視覚的に感じられます。やがてデュメイさんのバイオリン弓がタクトとなり盛り上がります。ジェントルな音色でした。

 ラヴェル:ツィガーヌ。デュメイさんの柔和で流暢なソロから始まり、コンマスとの掛け合い、微弱音からコントラバスの超低域まで音のテクスチャとダイナミクスの広さを感じさせる演奏。デュメイさんの足がステージを蹴り、オーケストラの演奏にアクセントが加わります。最後の音の余韻が大ホールの空中へ消えゆく様まで見事に表現したデュメイさんと関西フィルの演奏。

 マスネ:タイスの瞑想曲。聴衆が聞きたい、あるいは期待している音楽を期待通りに聞かせることに徹するプロフェッショナルな技量をひしひしと感じました。いたってコンサバティブ、安心して身も心も音に委ねられる演奏。ショーソン、ラヴェルと来て、マネスで前半のリリカルで耽美的とも思しき世界観は一旦結します。

 休憩を挟み、ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 作品92。ここでさらに管楽隊とティンパニが加わります。旋律が反復することで一度聞いたら忘れられない名作の一つ。息をつく暇もないくらい印象的なシーンが次から次へとドラスティックに展開し、楽曲に呑み込まれるとあやうく疲労困憊するくらいアグレッシブな演奏でした。思わず立ち上がり拍手したくなる衝動を覚えます。

 万雷の拍手の中でデュメイさんが松葉杖で身を支えながら一礼するとひときわ大きな拍手が起こります。一旦、彼が下手に引いた後、アンコールはシャルル・ビゼー:アルルの女 第一組曲より アダージェット。べートーヴェン第7番が”動”ならばアダージェットは”静”。そしてプログラム全体を通してみれば、静で始まり静で終わる。この癒しの様な演出に魅了されつつ終演を迎えました。








コメント

ラベル別INDEX

もっと見る