Latest Post

レビュー 大植英次 & 大阪フィル 大阪クラシック2018

大阪市中央公会堂 (以後、中之島公会堂)で行われた「大阪クラシック2018 第一公演 大植英次 & 大阪フィル」へ行って参りました。豪雨、台風の次は北海道で大規模な地震が生じ、列島に相次いで起きる天変地異。こんなときこそできれば少しでもリフレッシュを図りたいものですが、大阪クラシック初日はあいにく今にも雨が降り出しそうな曇り空。 

 メイン会場となる中之島公会堂には開演20分前に到着いたしました。公会堂周辺は普段ビジネス街であり美術館・博物館が並ぶ教養文化ゾーンですが、当時は休日と天気もありジョガーと観光客がちらほらと散見されました。しかし既に広場前には入場待ちの長い行列ができており、その列に加わり会場入りします。



 会場は大集会室。装飾を施したシューボックス型のホール。赤い敷物の指揮台と手前に大きくせり出しているステージが目に留まります。座席は2階右側後方。開演直前、真っ白なロングのタキシードを纏った大植英次さんがステージに現れ、マイクを手に取り大阪クラシック 2018の開会宣言を行います。そして大阪市長を招き語らいのあいだに大阪フィルハーモニー交響楽団の皆さんが着座します。





 演目は
・バーンスタイン:キャンディード「序曲」
・ドビュッシー・牧神の午後への前奏曲
・バーンスタイン:キャンディード「組曲」





 プログラムは大植英次さんの師である故レナード・バーンスタイン生誕100周年、それからクロード・ドビュッシー没後100年であることから選曲したと大植さんが自ら解説します。ちなみに中之島公会堂 開館100周年ということもあり、100年が3つ並ぶ記念すべきイベントでした。プログラムは彼のリリース作品「Bernstein」「Reveries」から聴くことができます。

 バーンスタイン:キャンディード「序曲」。大編成オーケストラによるスケールの大きな楽曲、そして華やかで都会的な艶を感じる作品ですが、中之島公会堂のステージにフィットした大阪フィルハーモニー交響楽団の中編成の布陣は、歯切れ良く、軽やかで、気品ある鮮烈な音。4分超の比較的短めの作品ですが、幕を開けた大阪クラシックのファンファーレとしても相応しい作品。

 ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲。大植さんが正午から演奏を開始したいと述べ、数秒後に時計の針が正午を刻んだとき演奏が始まる細やかな演出。フルー…

レビュー デュメイ & 関西フィル 兵庫特別演奏会



 兵庫県立芸術文化センターで行われた「デュメイ & 関西フィルハーモニー管弦楽団 兵庫特別演奏会」へ行って参りました。前日は25年ぶりの記録的に強烈な台風に見舞われ、センターの催しは中止。翌日の開催は未知数でしたが、日が明ければ台風一過、晴れ渡る空にやや強い日差し、そこに心地よい風が吹き抜ける晩夏を思わせる気候でした。

 近隣の商業施設でランチをとり開場時刻まで時を過ごします。平日午後というスチュエーションにあってセンター前広場に人影はまばらでしたが、エントランスホールやカフェレストランには人々の気配が感じられました。年齢層は高め、それでもミドルエイジや子供連れが見られました。会場はKOBELCO大ホール。ステージには中央に回転式の椅子と金色のハープが目に留まります。

 座席は1階中央前方。開演間近のアナウンス後、ステージ両側の扉が開き関西フィルハーモニー管弦楽団員の皆さんがステージに登場すると客席から自然と拍手が沸き起こります。続いてコンサートマスターが続き客席が暗転、長身のオーギュスタン・デュメイさんが下手から松葉杖をつきながらステージへ歩み寄るとざわめきが起こります。そこでなぜ回転式の椅子なのかが理解できました。





 演目は
・ショーソン:詩曲 作品25
・ラヴェル:ツィガーヌ
・マスネ:タイスの瞑想曲
 (休憩)
・ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 作品92
 



 
 プログラムはデュメイさんのリリース作品「ショーソン: 詩曲 他」から3曲とベートーヴェン 交響曲 第7番。すべて馴染みのある楽曲ばかりです。またデュメイさんは指揮者でありソリストであり、つまり弾き振りを行う点も聴きどころ(見どころ)でもあり、その予見を持ち今回のコンサートに望みました。

 ショーソン:詩曲 作品25。デュメイさんが観客席に背を向け穏やかなイントロダクション。バイオリンのソロパートで彼がゆっくりと椅子を回し客席側に向いて弾き始めます。弦楽隊の小上がりがステージ上に無い所以か、冒頭から指揮者と楽団との一体感が視覚的に感じられます。やがてデュメイさんのバイオリン弓がタクトとなり盛り上がります。ジェントルな音色でした。

 ラヴェル:ツィガーヌ。デュメイさんの柔和で流暢なソロから始まり、コンマスとの掛け合い、微弱音からコントラバスの超低域まで音のテクスチャとダイナミクスの広さを感じさせる演奏。デュメイさんの足がステージを蹴り、オーケストラの演奏にアクセントが加わります。最後の音の余韻が大ホールの空中へ消えゆく様まで見事に表現したデュメイさんと関西フィルの演奏。

 マスネ:タイスの瞑想曲。聴衆が聞きたい、あるいは期待している音楽を期待通りに聞かせることに徹するプロフェッショナルな技量をひしひしと感じました。いたってコンサバティブ、安心して身も心も音に委ねられる演奏。ショーソン、ラヴェルと来て、マネスで前半のリリカルで耽美的とも思しき世界観は一旦結します。

 休憩を挟み、ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 作品92。ここでさらに管楽隊とティンパニが加わります。旋律が反復することで一度聞いたら忘れられない名作の一つ。息をつく暇もないくらい印象的なシーンが次から次へとドラスティックに展開し、楽曲に呑み込まれるとあやうく疲労困憊するくらいアグレッシブな演奏でした。思わず立ち上がり拍手したくなる衝動を覚えます。

 万雷の拍手の中でデュメイさんが松葉杖で身を支えながら一礼するとひときわ大きな拍手が起こります。一旦、彼が下手に引いた後、アンコールはシャルル・ビゼー:アルルの女 第一組曲より アダージェット。べートーヴェン第7番が”動”ならばアダージェットは”静”。そしてプログラム全体を通してみれば、静で始まり静で終わる。この癒しの様な演出に魅了されつつ終演を迎えました。








コメント