Latest Post

レビュー Mytek Brooklyn DAC+ Part5 デジタル接続編

今回はBrooklyn DAC+と他機器とのデジタル接続を中心にレビュー致します。

 Brooklyn DAC+の豊富なデジタル入力端子はさまざまな機器との接続を可能にします。同じBrooklynのマルチをはじめ、A/D D/Aコンバータ、マスタークロックジェネレータ、レコーダー、エフェクター、ディスクプレーヤー、トランスポーター等。なかでもMQAデコードの可否については関心事の一つですので、MQA-CDをディスクプレーヤーで再生、MQA DACのデコードを検証いたします。

 ディスクプレーヤーはSONY BDZ-EW1100、2013年末発売の一般的なブルーレイレコーダーです。BDZ-EW1100のデジタル音声出力端子(光)を光デジタルケーブル(TOSLINK)でBrooklyn DAC+のデジタル入力端子(光)に接続し、各種フィジカルメディアを再生いたします。光デジタルケーブルはHOSA OPM303、ADAT, S/PDIF対応の普及価格帯のオプティカルケーブルです。


 フィジカルメディアをディスクトレーに挿入、再生するとレコーダーの前面パネルとテレビ画面にプレイ表示、Brooklyn DAC+の前面パネルには解像度が表示されました。メディアとデコードの可否は以下の結果となりました。




 左上:CD、中央:SACD(CD層は非MQA)、右上:MQA-CD
 左下:SACD(CD層はMQA)、右下:Blu-ray Audio

・CD、SACD(CD層は非MQA):16bit/44.1kHz  ・MQA-CD、SACD(CD層はMQA):24bit/176.4kHz、24bit/352.8kHz  ・Blu-ray Audio:16bit/48kHz


 デジタル著作権管理(DRM)されているBlu-ray AudioとSACDの場合、デジタル出力は通常ダウンコンバートされます。MQA-CDの場合はブルーレイレコーダーの光出力を通してBrooklyn DAC+でMQAデコードが確認できました。MQAの解像度はマスター音源のオリジナルレゾリューションにより異なっています。2L「FURATUS」はmShuttle機能を利用すればMQAデータファイルをPCに取り込める仕様で、今回は一事例としてご紹介しています。(*1)



クローズアップ



 Brooklyn DAC+とMan…

コラム レコードストアデイの使い方



 今年のレコードストアデイ(RSD 2018)は昨年よりSNSやメーリングリストでの事前告知が多く感じられました。それはRSD 2128を盛り上げようとするレコードショップやアーティストの積極的な姿勢、その裏返しにレコード愛好家の関心の高さの現れなのかもしれません。公式サイトをチェックすると、少しづつメジャータイトルも含めカタログが増えてきました。

 RSD 2018当日はストア巡りをするつもりで少し早めに外出しました。各ショップにRSD用コーナーがあるかどうか気に留めませんでしたが、ストアの一角には人だかりができていました。EP盤で希少なものがあったのか、ゲットできたことを喜んでいるファンの微笑ましい姿を横目にお目当のレコードを”漁り”ます。でも、他のファンに機会ができればいいなと、できるだけ1ストア1枚で我慢・・・。




 
 
 Madonnaによる1987年発売のアルバム「You Can Dance」。このアルバムはマドンナ初のリミックスアルバム。Madonna (1983)、Like a Virgin (1984)、True Blue (1986)と立て続けにヒットを飛ばしたアルバムのリミックスと新曲「Spotlight」が収録されています。1987年と言えば、伝説のコンサートツアー「Who's That Girl World Tour」。来日時にもMVを再現するようなマドンナの衣装と椅子を使ったダンスや少年ダンサーとのコラボが話題になりました。





 
 現代のクラブ・ダンスミュージックと比較すると「You Can Dance」のリミックスはポップに聞こえるかもしれません。この作品とマイケル・ジャクソン「BAD」は1987年リリース当時、ポップス系ダンスミュージックとしては目新しいもので、ソウル系のリック・アストリーやユーロビート系のペットショップボーイズのダンスナンバーと並んで、1987年の音楽シーンを牽引しました。

 とくに前作「True Blue」はPapa Don't PreachからLa Isla Bonitaまでテレビ・ラジオメディアで本当に多く流され、ワールドツアーの模様もニュースやワイドショーでフューチャーされましたので「You Can Dance」のリリースは満を持してというか、当時のステレオは重低音というフレーズが流行っていましたが、レコードやカセットとは異なるCDの音質や赤いジャケットが目を引くアルバムアートもあり、強く印象に残っている作品です。

 そしてRSD 2018では約30年ぶりに「You Can Dance」を新たにアナログ盤で目にする機会となりました。他にも勿論興味のあるタイトルはありますが「You Can Dance」はカタログリストからとりわけ手にしたいレコードの一つでしたので、たまたまレコードショップに1枚だけ残っていたのか誰も手にしなかっただけなのか、ご縁があり我が家のレコードラックに納まりました。

 今でも数年前のRSDにリリースされた限定盤レコードは在庫が有る限り手に入りますし、RSDのカタログを見ながら懐かしさと共に当時の音楽シーンやカルチャーを思い起こす機会がありますし、当日はインストア・イベントなどを開催しているストアもあったようですし、RSDはレコードを買った買えなかっただけではなく、さまざまな使い方があるように思った次第です。次のレコードストアデイが楽しみです。



引用参照:Wikipedia - You Can Dance This page was last edited on 6 May 2018, at 04:13.




コメント

ラベル別INDEX

もっと見る