Latest Post

レビュー 大植英次 & 大阪フィル 大阪クラシック2018

大阪市中央公会堂 (以後、中之島公会堂)で行われた「大阪クラシック2018 第一公演 大植英次 & 大阪フィル」へ行って参りました。豪雨、台風の次は北海道で大規模な地震が生じ、列島に相次いで起きる天変地異。こんなときこそできれば少しでもリフレッシュを図りたいものですが、大阪クラシック初日はあいにく今にも雨が降り出しそうな曇り空。 

 メイン会場となる中之島公会堂には開演20分前に到着いたしました。公会堂周辺は普段ビジネス街であり美術館・博物館が並ぶ教養文化ゾーンですが、当時は休日と天気もありジョガーと観光客がちらほらと散見されました。しかし既に広場前には入場待ちの長い行列ができており、その列に加わり会場入りします。



 会場は大集会室。装飾を施したシューボックス型のホール。赤い敷物の指揮台と手前に大きくせり出しているステージが目に留まります。座席は2階右側後方。開演直前、真っ白なロングのタキシードを纏った大植英次さんがステージに現れ、マイクを手に取り大阪クラシック 2018の開会宣言を行います。そして大阪市長を招き語らいのあいだに大阪フィルハーモニー交響楽団の皆さんが着座します。





 演目は
・バーンスタイン:キャンディード「序曲」
・ドビュッシー・牧神の午後への前奏曲
・バーンスタイン:キャンディード「組曲」





 プログラムは大植英次さんの師である故レナード・バーンスタイン生誕100周年、それからクロード・ドビュッシー没後100年であることから選曲したと大植さんが自ら解説します。ちなみに中之島公会堂 開館100周年ということもあり、100年が3つ並ぶ記念すべきイベントでした。プログラムは彼のリリース作品「Bernstein」「Reveries」から聴くことができます。

 バーンスタイン:キャンディード「序曲」。大編成オーケストラによるスケールの大きな楽曲、そして華やかで都会的な艶を感じる作品ですが、中之島公会堂のステージにフィットした大阪フィルハーモニー交響楽団の中編成の布陣は、歯切れ良く、軽やかで、気品ある鮮烈な音。4分超の比較的短めの作品ですが、幕を開けた大阪クラシックのファンファーレとしても相応しい作品。

 ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲。大植さんが正午から演奏を開始したいと述べ、数秒後に時計の針が正午を刻んだとき演奏が始まる細やかな演出。フルー…

Quartet [music review]



 Steve Reichによる2018年2月発売のアルバム「Pulse / Quartet」の中の3トラック。朝(夕)焼けの地平線が鏡像として広い湖畔の水面に浮かんでいるような幻想的なアートワークが目を引きます。レーベルはクラシックレーベルのNonesuch Records(ワーナーミュージックグループ)。

 録音は2016年5月、ロンドンのAir Studio Lyndhurst Hallで行われ、ミキシングはJohn Kilgore Sound & RecordingのJohn Kilgore氏、マスタリングは著名なGateway Mastering StudiosのRobert C. Ludwig氏がクレジットされています。







 
 
 Colin Currie Groupのメンバーによる2台のピアノと2台のヴィブラフォンによるアンサンブル。Quartetは三楽章からなり、冒頭ピアノから始まる第一楽章はすぐにヴィブラフォンの音色が重なり、広義の打楽器同士のパフォーマンスは早いリズムに乗り、それぞれの音色を主張し合いながら深いところで融合しています。

 第二楽章ではヴィブラフォンの澄んだクリスタルな高音が滋味深いピアノの低音にゆっくりと変化していくような不思議な情景を音響スピーカーの向こうにイメージさせます。そして第三楽章では再びピアノとヴィブラフォンの美しい音色が軽快なリズムに乗ってあたかも楽しげに踊りながらエンディングを迎えます。
 
 ミニマル・ミュージックは難しいと言われることがありますが、この作品は音に心を委ねてみるとなんだか音が踊っているようで、そう捉えると楽しい気分になります。スティーブ・ライヒ氏関連の近作では、Kuniko Katoさんの「Kuniko Plays Reich(Vinyl盤)」を愛聴していますが、パフォーマンスは違えど通じるところがあるように思います。

 実はこの作品はStereophileの記事で話題となりましたが、無印のMQA-CDです。PCに取り込み再生するとデコーダがMQA認証しグリーンに点灯します。ストリーミングサービスTIDALの無印盤も同様です。MQA-CD以外の音源としては24bit/96kHz(FLAC)、Spotify、iTunes, Vinylなどがあります。





コメント

ラベル別INDEX

もっと見る