Latest Post

レビュー 大植英次 & 大阪フィル 大阪クラシック2018

大阪市中央公会堂 (以後、中之島公会堂)で行われた「大阪クラシック2018 第一公演 大植英次 & 大阪フィル」へ行って参りました。豪雨、台風の次は北海道で大規模な地震が生じ、列島に相次いで起きる天変地異。こんなときこそできれば少しでもリフレッシュを図りたいものですが、大阪クラシック初日はあいにく今にも雨が降り出しそうな曇り空。 

 メイン会場となる中之島公会堂には開演20分前に到着いたしました。公会堂周辺は普段ビジネス街であり美術館・博物館が並ぶ教養文化ゾーンですが、当時は休日と天気もありジョガーと観光客がちらほらと散見されました。しかし既に広場前には入場待ちの長い行列ができており、その列に加わり会場入りします。



 会場は大集会室。装飾を施したシューボックス型のホール。赤い敷物の指揮台と手前に大きくせり出しているステージが目に留まります。座席は2階右側後方。開演直前、真っ白なロングのタキシードを纏った大植英次さんがステージに現れ、マイクを手に取り大阪クラシック 2018の開会宣言を行います。そして大阪市長を招き語らいのあいだに大阪フィルハーモニー交響楽団の皆さんが着座します。





 演目は
・バーンスタイン:キャンディード「序曲」
・ドビュッシー・牧神の午後への前奏曲
・バーンスタイン:キャンディード「組曲」





 プログラムは大植英次さんの師である故レナード・バーンスタイン生誕100周年、それからクロード・ドビュッシー没後100年であることから選曲したと大植さんが自ら解説します。ちなみに中之島公会堂 開館100周年ということもあり、100年が3つ並ぶ記念すべきイベントでした。プログラムは彼のリリース作品「Bernstein」「Reveries」から聴くことができます。

 バーンスタイン:キャンディード「序曲」。大編成オーケストラによるスケールの大きな楽曲、そして華やかで都会的な艶を感じる作品ですが、中之島公会堂のステージにフィットした大阪フィルハーモニー交響楽団の中編成の布陣は、歯切れ良く、軽やかで、気品ある鮮烈な音。4分超の比較的短めの作品ですが、幕を開けた大阪クラシックのファンファーレとしても相応しい作品。

 ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲。大植さんが正午から演奏を開始したいと述べ、数秒後に時計の針が正午を刻んだとき演奏が始まる細やかな演出。フルー…

レビュー エドガー・モロー チェロ・リサイタル



 兵庫県立芸術文化センターで行われた「エドガー・モロー チェロ・リサイタル」へ行って参りました。建国記念日を挟み連休の最終日は幸いにして好天に恵まれ、風はやや冷たくもありましたが、穏やかな昼下がりから始まるプロムナード・コンサートは肩肘張らず、リラックスムードで臨むことができる点が魅力です。

 開演時間の30分前に会場へと到着いたしました。エントランスには老若男女、様々な世代が往き交い、CD販売ブースには人だかりができていました。会場はKOBELCO大ホール。ステージには中央に椅子と譜面台、その背後に蓋を開けたグランドピアノが設置されていました。座席は1階中央やや後ろ側、後方は若干座席が空いていました。

 座席が暗転しステージが照らされた頃、エドガー・モローさんとピエール=イヴ・オディクさんが下手より姿勢良くステージへ歩み寄りました。客席から拍手が沸き起こります。エドガー・モローさんはチェロを片手にスマートに持ち、お二方が客席へ丁寧にお辞儀をしてコンサートがいよいよ始まります。

 


 演目は曲順こそ変えていましたが、アルバム作品「PLAY WORKS FOR CELLO AND PIANO」の曲目が中心で、馴染みのある曲とそれから名曲のエッセンスが感じられる楽章の構成は、すでに録音がハイレゾ、CD、ストリーミングで流通・配信されているだけに彼らの実力と申しますか、演奏を身近に感じる絶好の機会でもありました。




 コンサート前の先入観としてアルバムアートからカジュアルな演奏を想像していましたが、いい意味で裏切る真面目なパフォーマンス。そして大ホールに響き渡るチェロとピアノが一体となる音色。そこには彼が客観的にホールの音を聴きながら精緻に演奏する巧みさ、併せてチェロの音色を自在に繰り出す表現者としての一面を感じました。

 たとえばラフマニノフのVocalise, op34-14を演奏したときなどは、再構築とは違うかもしれませんが、ジャズ的(語弊がありますがジャズ風ではありません)なアレンジにも通じる演奏を少し感じたところで、それはクラシックのチェロ演奏における「自由」なのでしょうか、ですから馴染みのある曲目でも新鮮さ感じる。しかも表現として内向的ではないので体が動く。

 それがおそらく現象として現れたのが客席の拍手です。通常のコンサートでは曲終わりであわよくば演奏とかぶさるくらいのタイミングで拍手が起こるときがありますが、彼の演奏は最後の余韻まで聴き入ってしまうので拍手がワンテンポ遅れる。その点が実に印象的で、つまりは彼がコンサートホールに満たされている音、いや空気をも弓でコントロールしているのかもしれない。そんな演奏会でした。






コメント

ラベル別INDEX

もっと見る