2017/11/11

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part10



 ミュージシャン・David Elias(デヴィッド・エリアス)さんが自身のブログに「Why MQA? It Solves Magic Step #3...(なぜMQAなのか?ステップ#3を解決する魔法)」という題名の投稿を行っています。彼は精力的なハイレゾ作品の制作とさまざななディストリビューションでのリリースを積極的に行いながらご活躍されているアーティストの一人です。今回プロミュージシャンの立場からのMQAへのご意見を意訳して紹介させて頂きます。


「私の良いレコーディングの3条件は#1曲 #2演奏 #3録音です。情熱と音楽的才能が良い楽曲にあれば(#1 #2)、多くのあるいは全てのリスナーに伝えることができるからこのようにランク付けしています。」

「適切な機械的・物理的(マイク・プリアンプ・録音レベル)条件下で慎重にミックスとマスタリングでそれらを収録できれば、確実に最高の音楽レコーディングコレクションを作ることができます。それ以外の方法はありません。」

「私はMQAの"Take Me There"というタグをゆっくりと実現しています。スタジオやライブショーにおいてアーティスト・プロデューサーが最終的にレコーディングした音と、現実のアーティストの歌が大きく異なることがよくあります。アートディレクションの意図を表現するために(スタジオで入念なエフェクトやトリックは要求しないかもしれませんが、依然として高度な職人技を要求します) #1 #2 #3が存在しなればなりません。それ以外の方法はありません。」

「偉大なセッションやマルチトラックオーバーダビングの作品群は#3のすべてを満たさず元のソース録音の制限に起因する意図を完全に伝えることができないにも関わらず、まだ素晴らしいとみなすことができます。私の音楽のリスニング履歴はこれらのパーフェクトなレコーディングではないにしても、シンプルに素晴らしい歌と演奏に満たされています。個人的なメモリーコレクションのおそらく最高の宝物です。」

「しかしマスターテープのアーカイブズからのDSD変換が行われるまでは、当初はCD、それからMP3/AACで悪くなり、そしてHDCDやHDTracks/ProStudioMasterでさえもデジタルフォーマットで#3を満たす良い音を伝える方法は私にはありませんでした(購入しましたがほとんど聴いていません)。」

「テープからDSD変換にはプロセスの短縮化、カタログの手に入りにくさ、高価格、適切にアナログへ戻す追加設定とファイルサイズの大きさがストリーミングで多くの顧客へ伝えにくいという点で制約があります。そして・・・」

「DSDはソニーとフィリップスの当初の意図である劣化し続けるマスターテープを保全するという、アナログテープをデジタル変換することでは素晴らしく正しい方法だと個人的には思います。」

「いまMQAでは、どんな場面でもテープからマスターソースを採取することなく全てのリスナーに現代のフォーマットで届けることで、ついに意図を達成することができます。(*1)」

「これは既存のハイレゾPCMマスターを再エンコーディングすることによって#3(圧縮ではなくエッジを除去しタイムコンヒレンスを修正することと同じ)で課されたアーチファクトを文字通り取り除きます(*2 *3)。 それからマスターCD品質とそれ以上を低帯域幅(約1.44Mbps)で、CDラベルでも互換性のある機器ではハイレゾ(展開・アンフォールディング)で提供します。」

「ですから#3で素晴らしい歌を収録しそしてそれを録音・制作する意図は、これまでの少なくとも音楽作品のためのどのPCMドメインと比較しても実現されています。」


 ブログ引用にあたりDavidさんから「MQAのPCMマスターにもたらした音質改善に感銘を受けました。デジタルオーディオについて書いたのは全く個人的な意見で研究専門家でもありませんが、2000年以降のDSDから始まるハイレゾのレコーディングとマスタリングに焦点を当てています。」とコメントをお寄せ頂きました。また補足に以下の趣旨のご説明を頂きました。

 *1 DSDはアナログマスターテープ録音からA/Dしていたので音は良いけど非常に時間がかかり労働集約的だということ。
 *2 MQAはPCM録音・制作におけるブリックウォールフィルタの導入よるプリ・ポストリンギングを修正し、とくにプリリンギングは周波数より音の定位に敏感な人間の耳を混乱させるので、MQAエンコーディングではすべての楽器と声が音場でより明確に定位し、より自然で正確な響きとなりより聴きやすくなるとしています。
 *3 タイムスミア・タイムブラーと称されるリンギングの影響は上述の定位以外にもPCM録音に特有のざらつき/ぎらつきをもたらし、リスナーはこの点で耳の疲れや音楽に対する不自然な感じを訴えますが、タイムコンヒレンスを修正することにより、これらの影響およびリスナーの疲労が大幅に低減されるとしています。

 またその後のメールのやりとりの中で彼は以下が重要だとコメントしています。
「私のリスニングでは、MQAにより修正される最もタイムスミアが顕著で20kHz以上を除去した急峻なブリックウォールフィルタによる16bit/44.1kHzのPCMマスターにおいてMQAの最も効果的な改善が見出されました。したがってMQAの時間軸補正は業界のCDマスターにも効果的で、ハイレゾへの関心に関わらず世界中のすべてのリスナーの音質を向上させます。」

 DavidさんのブログはMQAエンコードを体験したミュージシャンのフォーマット論として興味深く読むことができました。現在彼はMQAのアーティストパートナーです。そして彼の作品のうちMQA音源はBandcamp, MQA-CDはcdbaby, その他のフォーマットは公式ウェブサイトNative DSDTIDAL, Spotify, iTunesなどからアクセスすることができます。ハワイ在住のアーティストのオーガニックでアコースティックなフォーク、ロック、ブルースなど多様なパフォーマンスをこの機会にぜひ体験してみて下さい。


*「」の引用文は英文を意訳したものです。正確性が必要ならば各本文をご参照下さい。



 
(>>|で次の曲へスキップします) 

 今回、Davidさんから「日本のブログ読者とシェアして下さい」とBandcampのMQA音源の期間限定のクーポンコードを頂きました。クーポンコードはこちらから(2017/11/15まで有効)。Daivid Eliasさんにはこのたびブログ紹介の機会とクーポンコードのご好意にこの場をお借りして御礼申し上げます。

追記:David Eliasさんから、NativeDSDmusicのダウンロードランキングTOP10にCrossingのDSDマスターが入っており、クーポンコード利用で10%offになるそうです。興味のある方はご利用してみてはいかがでしょうか。

 Bandcampの使い方については拙稿「コラム Bandcamの使い方」をご参考下さい。一度アカウントを取得すればダウンロード配信サービスと同じように利用できます。


追記:来たる2017/11/15-17までの間、千葉・幕張メッセにてInterBee2017が開催されます。その期間中、UNAMASレーベル・沢口氏とMQAのボブ・スチュアート氏が制作者向け講演会を行うそうです。当日はMQA Limited Japanさんもブース出展するそうですので、ご関心がある方はぜひこちらも覗いてみてはいかがでしょうか。ちなみに沢口さんはMQA以外の講演などでもご活躍されそうです。講演告知パンフレットはこちらから(PDF)。



コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part1
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part2
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part3
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part4
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part5
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part6
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part7
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part8
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part9

関連投稿
コラム MQA技術解説についての私的メモ・ロスレスかロッシーか?
コラム SACD, HDCD, MQA-CD スペック比較考察
レビュー MQA-CD リッピング・デコード検証
レビュー Audirvana Plus 3 - MQA ソフトウェアデコード検証
レビュー Meridian Explorer2 - MQA
コラム LINNのMQA批判について





0 件のコメント:

コメントを投稿