ラベル別INDEX→

もっと見る

Latest Post

レビュー Mytek Brooklyn DAC+ Part3 プリアンプ編

今回はBrooklyn DAC+のプリアンプ機能を中心にレビュー致します。


 Brooklyn DAC+のデジタルインはS/PDIFやOPTICAL端子のほか、AES/EBUやSDIFにも対応しています。AES端子はプロ用ギアのみならずコンシューマ向けディスクプレーヤー、トランスポーターにも搭載されており、ユーザーはAES/EBUケーブルを通してデジタルギアをBrooklyn DAC+に接続することができます。

 SDIFはDSD RAWを扱う他社製レコーダーやDACとのデジタル接続が可能、さらにワードクロックのイン/アウトは複数台のBrooklyn DAC+でのマルチの同期など、プロ・コンシューマ双方で使える機能が充実しています。ワードクロックについては高性能なFemtoclockを搭載しており、外部クロックで大きく音質が向上することはないとする考えのようです。

 DACチップはESS Technology社 ES9028PRO SABER DACを搭載しており現行で高性能のチップの一つです。Stereo192-DSD DAC (ES9016S)、Brooklyn (ES9018K2M)とはピン互換のアップグレードにあり、系譜的な進化がうかがえます。上位グレードにあたるManhattanⅡが搭載しているES9038PROとの差は主としてDAC数にあり、新機能は同世代として重なる部分があります。

 DAC以降のアナログサーキットはデュアルモノラル構成を採用しており、Brooklyn DAC+でブラッシュアップしたフォノイコライザー回路も同様です。インプットセレクタはカッチと音の出るリレータイプを採用し、このリレータイプはサウンドチェックを行い決めたようです。アッテネータはアナログドメインとデジタルドメインのいずれかを選択できます。

 アナログボリュームはチャンネル毎のラダー抵抗回路で1段目は信号分圧器として2段目はオペアンプのフィードバックループに。デジタルボリュームは32bitデジタルボリュームを採用し音質に心配は無用のようです。アナログ/デジタルボリューム共に1dBステップ毎の減衰量です。いずれもフロントパネルのフィジカルノブとPCのMytek Control Panelから設定可能です。

 またプロ用ギアであるため出力ゲインが高め(-18dBFSの音量で…

レビュー ビルボード クラシック フェスティバル 2017




 兵庫県立芸術文化センターで行われた「ビルボード クラシック フェスティバル 2017」へ行って参りました。当日は午後から今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、会場前の広場を遠くから眺めるとダンスの練習をする学生さんや木陰のベンチで読書にふける方など、いつものうららかな光景がそこにはありました。

 開演時間の30分以上前に会場へと到着いたしました。エントランスホール前には忙しく人々が往き交い、KOBELCO大ホールのロビーには老若男女、子供からご年配の方まで幅位広い年齢層の方が集い、談笑したり、アイテムを購入したり、お目当のアーティストのポスター前で記念撮影するなど、既に会場は活気づいていました。

 会場入りするとステージには指揮者の小上がりとオーケストラの椅子、グランドピアノ、ハープが確認できました。座席は1階のやや後方側中央、座席から俯瞰してステージを下に見る位置。いつもソリストやオーケストラを観劇する芸文大ホールの光景となんら変わらぬものでした。そう、今回はクラシックコンサートなのです。



 お目当は出演者全員と言ってもいいくらい豪華なキャスト陣。強いて言えば、学生時代に憧れ聴いていたREBECCAのボーカル・NOKKOさん。このたび、REBECCA再結成を喜んだ世代の一人で機会があればコンサートへ行きたいと思っていましたが、こんなに早く実現するとは思い到りませんでした。それだけも胸が踊ります。

 大阪交響楽団の皆さんがステージへ現れると自然と拍手が沸き起こります。コンサートマスターがチューニングを始めると楽団が楽器を調整し始め、チューニングが揃ったころ一瞬の間が空き、そして今回の指揮者・柳澤寿男さんの登壇を再び大きな拍手で迎えます。いよいよコンサートの始まりです。

 最初の出演者が袖からゆっくりとステージセンター歩み、客席が拍手で迎えます。ステージライトが歌唱とともにカラフルに変化し、妖艶でシックな雰囲気を演出します。普段、芸文大ホールの素のクラシックコンサートに慣れているせいか、ショー的な演出は新鮮で心拍数が上がり手に汗を握りました。

  MCではチャーミングなトークで観客を和ます方もいれば、会場となった西宮の思い出を語ったり、緊張していますと心象を吐露する方もいらっしゃいました。オーケストラをバックにクラシック専用コンサートホールで歌唱することにベテランの域に達したアーティストでも緊張するものなのですね。

 出演者の中で異色はヴァイオリニスト・川井郁子さん。300年前のストラディバリウスを弾くことで歌を届けるという趣向でしたが、他の歌手の方々がマイクを使っていたところに生音でオーケストラと数曲を披露し、音圧がグッと下がり会場の空気が張り詰める時間もまた麗しい演奏と演出でした。

 有名歌手が大集合しただけに耳馴染みのある曲が多く、ていねいにしっとりとまたはアグレッシブに思い入れのある楽曲を歌い上げる、歌手一人一人の優れたパフォーマンスと個々のオリジナリティを感じることができました。またポップス&ロックをアレンジしたオーケストレーションやソウルバードクワイアさんのコーラスも素晴らしかったです。

 NOKKOさんには小柄な容姿で振り付けながら歌う声と姿に魅了されつつ、ワンフレーズ・ワンシーンも見聞き逃すまいと釘付けになりました。彼女のリアルな歌声を聴いたときレコード・テープで聴いた頃の記憶が蘇りました。大トリの楽曲をご紹介された時には客席から歓声が上がりボルテージが最高潮に達しました。感激、幸せなひとときでした。

 最後はアーティストのみなさん、柳澤寿男さん、大阪交響楽団のみなさんを観客が総立ち万雷の拍手で称え、スタンディングオベーションはなんと3回!クラシックコンサートでも珍しい方ではないでしょうか。出演者の方がステージ上で少し驚いた表情で客席を眺めていたとことが印象的でした。みなさん素晴らしいパフォーマンスでした。

 これから年末にかけて出演者の方々がビルボードやそのほかの会場でライブを行うそうです。機会があればまた是非あの歌声と演奏を聴きたいと思っています。





コメント