2017/04/15

レビュー Goldring Elite



Goldring Elite

 Goldring Elite/Eroicaは共振に強い超硬質Pocanボディーを採用し、艶消しのソリッドで精悍なフォルム。Goldring製品はElektra/Elanこそカラフルですが、その他のラインナップはトーンを抑えた控えめで主張しすぎなスマートな気風。そこがGoldringたる存在感なのかもしれません。

 EroicaとEliteの違いの一つがスタイラスチップ。前者はGygerⅡ, 後者はGyger S。Eliteはよりシャープなスタイラスです。GygerはShibata、VanDenHulと並ぶ三大ラインコンタクト針として名高く、高解像度でインナートレースに強い特性があり、他のカートリッジメーカーもモデル別にスタイラスを使い分けています。さらにEliteはコイル素材に銀線を使うことで、よい高解像度の音で再現することに貢献しています。




Shelby Lynne You Don't Have To Say You Love Me

 ノッティンガムのプレーヤーはハイコン・ミディアムコンに適したトーンアームを標準で搭載していますが、ハイコンを志向すれば軽量カートリッジを視野に入れることになります。そこにあって拙オーディオ環境に限って言えば、物理的にハウリングマージンをとることができませんでしたので、ハイコンのトレースを前提としたときに、軽量かつ共振に強い筐体を持つカートリッジを選択肢に入れます。

 インタースペースアームの内部配線素材は銀線ですが、面白いことにEliteのコイル配線も銀線。そこでトーンアームとカートリッジの同素材に注目し、アームから針先ま銀線でつながることに好奇心を持ち採用しました。結果、NottinghamとGoldringの相性は抜群です。まずEliteの強固なキャビネットがハウリングマージンを高め、そしてラインコンタクト針によるインナートレース時の内周歪みも軽減されました。

 音質はクリアーでいたってニュートラル。ウェルバランスにあって中高域の解像度は特筆ものです。レンジも申し分なくMCの奥深さや繊細さといった特徴と共に安定してトレースする実力を持つカートリッジです。DECCA, RCA, EMI等の旧盤をトレースしても一定の音質を担保しますので、新旧レコードをお持ちの方にジャンルを問わず実用的で信頼できるカートリッジと言えると思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿