INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

Autumn L'Autunno / UNAMAS Strings Sextet [music review]

イメージ
アントニオ・ヴィヴァルディの『四季』と言えば、クラシック音楽のなかで最もポピュラーな作品の一つ。なんとなくオフィスやホテルのロビーでBGMとして日常的にメロディが流れているイメージです。ではいつ頃、初めて聴いたのか。おそらく学生時代に音楽の授業で「春」を聴いたとき。あるいはラジオやテレビから流れてきたとき。もはや定かではありません。

 UNAMAS Strings Sextetによる2019年6月発売のアルバム「ViVa The Four Seasons」からの1トラック。アートワークはライトブルーにピンクのフローラルや扇子と思しきイメージのレイヤー。ソフトなトーンのパステルカラーは落ち着いた感じを受けるジャケットデザインです。

 レーベルはUNAMASレーベル。録音は2019年1月28-29日、長野県軽井沢・大賀ホールにて行われ、レコーディング・ディレクターはHideo Irimajiri氏(Armadillo Studio)、デジタル編集はJun Tajiri氏。レコーディング、ミキシング、マスタリングとプロデューサーはMick Sawaguchi氏(Mick Sound Lab)がクレジットされています。





 UNAMSAレーベル公式YouTubeチャンネル "ViVa The Four Seasons" 4K interview インタビュー編

 イントロダクション。自然のリアルなサウンドに惹き込れます。『四季』はヴィヴァルディが作曲したヴァイオリン協奏曲の中の4作品。さらに「秋」は1.アレグロ、2.アダージョ・モルト、3.アレグロの3楽章から成り、ヴィヴァルディが描写したと言われているソネットが付され、楽曲のシーンをイメージすることがきます。"ViVa The Four Seasons"ではおおよそ11分の「秋」3楽章が1トラックとして流れます。

 タタタタタータタと耳に馴染むフレーズ。ヴァイオリンが描く鮮やかな主旋律をヴィオラとチェロの中域とコントラバスの低域がサポートするウェルバランスなクリアサウンド。UNAMAS Strings Sextetではスタンダードなオルガンやチェンバロに代わり、ヴァイオリンソロ x1とヴァイオリン x2、ヴィオラ x1、チェロ x1、コントラバス x1のセクステット構成を為し、コ…

レビュー Audirvana Plus 3 - MQA ソフトウェアデコード検証



 Audirvana Plus 3 のリリースが始まりました。レビューやチュートリアルはメディア他にお譲りして、今回はMQAソフトウェアデコート&ハードウェアデコードの違いを比較検証してみることにしました。

 Equipment
 Storage: Macmini
 Software Player: Audrivana Plus 3
 Measurements: Macbook Pro, AU Lab, MusicScope. Konnekt24d
 Software Decoder: Audrivana Plus 3
 Hardware Decorder: Meridian Explorer2
 Cable: AudioTechnica AT561A, Elecom Firewire cable

 A+の設定はExclusice acssess mode, Integer mode, Core Audio。その他の設定は無し。





 Source: 2L test bench/ Britten:  REFLECTION - Frank Bridge Variations - 4. Romance / TrondheimSolistene

 REFLECTIONの第4楽章は1.33秒と短い楽曲ですが、弦楽器のニュアンスの機微や重層的なハーモニーが特徴的な静謐で美しい楽曲です。2Lにサンプルがあることから当楽曲をテスト用音源といたします。ダウンロード版MQAのレゾリューションは24bit/352.8kHzですが、当該D/A, A/D機器のスペック上の制約から録音及び再生は24bit/192kHzが上限となります。



 Macminiで再生、Macbook ProのAU labでAIFF形式に録音、MusicScopeでアナライズを行いました。A+のMQAソフトウェアデコードはレゾリューション88.1/96kHzまで展開します。24bit/352.8kHz音源は24/88.1kHzへ展開しますので、2Lの24bit/88.2kHzFLACと比較しソフトウェアデコードの性能を検証します。Explorer2のハードウェアデコードについても今回は192kHz上限ですが、88.1kHzまで音声成分が視覚化されるのか176.4kHzの範囲で参考的にチェックしてみます。

 1. AudirvanaでFLAC音源再生
 2. AudirvanaでMQA音源再生。D/AはMacmini内蔵のDAコンバータ(ソフトウェアデコード)
 3. AudirvanaでFLAC音源再生。D/AはExplorer2
 4. AudirvanaでMQA音源再生。D/AはExplorer2(ハードウェアデコード)

 1-2はMacminiのオーディオ出力ポート(3.5mm)から、3-4はExplorer2のオーディオ出力ポート(3.5mm)から出力し、3.5mm-RCAケーブルを介し、ADコンバータで受けてAIFF形式で録音しMacbook Proのソフトウェアで計測します。テストは1-4各3回づつ録音を行い、各3回づつ計測しています。



 1. FLAC Macmini 24bit/88.2kHz



 2. MQA Macmini Software Decode 24bit/88.2kHz



 3. FLAC Explorer2 Hardware Decode (Explorer2) 24bit/88.2kHz



 4.  MQA Explorer2 Hardware Decode 24bit/352.8kHz (24bit/176.4kHzサンプリング)


・スペクトラムグラフは音源再生・完了時とその前後数秒の約1分40秒間の振幅x周波数のピーク値を表しています。
・1,3はFLACですが、2のMQAのソフトウェアデコード曲線とラインが近似であることがわかります。必ずしもラインが一致しないのはExplorer2ではPCMとMQAでデジタルフィルタが異なる点が挙げられます。
・またMQAがFLAC音源を正確に再現するものではないことも留意する必要があります。
・4は176.4kHzでサンプリング、88.2kHzまでの音声成分が確認できます。

 以上のことから、Audirvana Plus 3のMQAソフトウェアデコード性能はFLAC再生と同等と見て良いのではと考えます。またファイルサイズを確認するとFLAC 24bit/88.2kHzで26MB, MQA 24bit/352.8kHzで16.4MBですので、MQAはFLAC比63%のファイルサイズで同等の音楽性能を有すると解することができます。但しフルデコードでの展開後のレゾリューションはMQAが上回ります。

 それともう一点、実はMQAの音質のアドバンテージはスペクトラムグラフには現れない部分にあります。その音質の違いは是非Audirvanaのトライアル版や2L等のMQAサンプル音源に触れて体験して頂ければと考えます。あるいはソフトウェアデコーダのWindows版がリリースされればもっと多くのリスナーがMQAに触れる機会があることから、その点にも期待したいと思います。



関連投稿
コラム ステレオファイル誌のMQA検証記事・要約
レビュー MQAライブストリーミング解説 - Mick沢口氏インタビュー
コラム なぜMQAコーデックを選ぶのか?
レビュー Mytek Brooklyn DAC+ Part1 リスニング編
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part11 - Stereophile MQA検証1 再構成フィルタ比較
コラム MQA技術解説についての私的メモ・ロスレスかロッシーか?
レビュー MQA-CD リッピング・デコード検証
Wasted [music review]
コラム SACD, HDCD, MQA-CD スペック比較考察
コラム LINNのMQA批判について
レビュー Meridian Explorer2 - MQA




 


コメント

ラベル別INDEX

もっと見る