INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

Autumn L'Autunno / UNAMAS Strings Sextet [music review]

イメージ
アントニオ・ヴィヴァルディの『四季』と言えば、クラシック音楽のなかで最もポピュラーな作品の一つ。なんとなくオフィスやホテルのロビーでBGMとして日常的にメロディが流れているイメージです。ではいつ頃、初めて聴いたのか。おそらく学生時代に音楽の授業で「春」を聴いたとき。あるいはラジオやテレビから流れてきたとき。もはや定かではありません。

 UNAMAS Strings Sextetによる2019年6月発売のアルバム「ViVa The Four Seasons」からの1トラック。アートワークはライトブルーにピンクのフローラルや扇子と思しきイメージのレイヤー。ソフトなトーンのパステルカラーは落ち着いた感じを受けるジャケットデザインです。

 レーベルはUNAMASレーベル。録音は2019年1月28-29日、長野県軽井沢・大賀ホールにて行われ、レコーディング・ディレクターはHideo Irimajiri氏(Armadillo Studio)、デジタル編集はJun Tajiri氏。レコーディング、ミキシング、マスタリングとプロデューサーはMick Sawaguchi氏(Mick Sound Lab)がクレジットされています。





 UNAMSAレーベル公式YouTubeチャンネル "ViVa The Four Seasons" 4K interview インタビュー編

 イントロダクション。自然のリアルなサウンドに惹き込れます。『四季』はヴィヴァルディが作曲したヴァイオリン協奏曲の中の4作品。さらに「秋」は1.アレグロ、2.アダージョ・モルト、3.アレグロの3楽章から成り、ヴィヴァルディが描写したと言われているソネットが付され、楽曲のシーンをイメージすることがきます。"ViVa The Four Seasons"ではおおよそ11分の「秋」3楽章が1トラックとして流れます。

 タタタタタータタと耳に馴染むフレーズ。ヴァイオリンが描く鮮やかな主旋律をヴィオラとチェロの中域とコントラバスの低域がサポートするウェルバランスなクリアサウンド。UNAMAS Strings Sextetではスタンダードなオルガンやチェンバロに代わり、ヴァイオリンソロ x1とヴァイオリン x2、ヴィオラ x1、チェロ x1、コントラバス x1のセクステット構成を為し、コ…

コラム MQAをなぜ探るのか?



 
 TIDALのMQA対応以降、フォーマット論争が再燃しています。

 海外の幾つかのフォーラムでは技術論、マーケティング論、総論とバラエティに富んだ議論が盛んに行われています。それに比べ国内ではMQAの議論が盛り上がりに欠けます。端的に言えばメディア露出が少ないことが挙げられます。このあたりはマーケティング・プロモーションにコストをかけないメーカーの姿勢の表われなのか?わかりませんが、拙稿のMQAの連載には多くのビューを頂きMQAへの関心の高さをうかがい知ることができます。

 そもそも拙稿でMQAを取り上げることになった動機はシンプル、現在のメディアフォーマットには問題があるという意識があります。具体的に言えば、アーティストや制作関係者が音楽経済活動だけでは成り立たない状況に声を上げていることに対し、関心を抱きやがてシンパシーを感じることに至ったことが発端です。

 そこで自らメディアフォーマットについてより理解を深めるために”音楽メディアとフォーマット”というコラムを書き始め、そのうちにDSDやMQAといったフォーマット論に至ったという経緯です。音楽業界の声の中身とは主にアーティスト報酬に代表される権利のことで、その問題は音声信号のクオリティやメディアフォーマットの利便性などと同じくらい大きな問題意識として感じていました。

 その問題は現在ストリーミング・サブスクリプションサービスの課題そのものでもあり、Spotify, Apple Music, TIDALに代表されるストリーミング・サブスクリプションサービスは収益とアーティスト報酬とのバランスが課題となっており、著名なアーティストがSpotifyのアーティスト報酬が低すぎるとして音源提供を拒んだというニュースは世界を駆け巡りました。また、たとえ低レゾリューションの音源でも無料で配給する状況に賛否が割れています。

 ダウンロード配信も例外ではありません。こちらはスタジオマスター音源を配給すること自体に抵抗するアーティストの姿勢があります。これはデジタルメディアが容易にコピーやリッピングできることに起因する本来アーティストが得るべき報酬機会を損ねている問題であり、このファクターの裏返しとしてDRM・コピープロテクションを有したメディアは売れないという矛盾を抱えたままになっています。ですからアーティストはマスターより低レゾリューションの音源や16bit/44.1kHz CDをリリースする合理的な行動に至っています。

 そして過去のフォーマット論争で明らかになったDSDマーケティングの嘘やAD/DAプロセスにおけるコンバート、フィルタリングでの品質劣化。これらは国内ハイレゾ関心層10%程度のオーディオ・音楽愛好家に限った話とは思いますが、スタジオの音が流通過程を経ると劣化するという話は多くのアーティストが語っており、24bitの解像度を持つ音源をわざわざCD/SACD規格やDSDへコンバートし、それを相応の高価なDACやプレーヤーを使いビット拡張とオーバーサンプリング処理しその音を聞くという、それ自体がロッシーなプロセスにも関わらず、側から見ると滑稽にさえ見える行為がオーディオ愛好家たちの間で行われ続けています。

 これらの課題が昨今のメディアフォーマットの問題として顕在化しながら、ここでは利害対立という言葉は適切ではないかもしれませんが、その利害調整機能のソリューションとして、この分野では新たなテクノロジーやシステムが待たれていたのですが(待っていないという姿勢も利害の内です)、そこにMQAが提案されフォーマット論争が世界中で続いてる状況です。

 その議論の広範なテーブルはMQAのメディアフォーマットとしての影響の広さをそのまま表しているものと言えます。そしてMQAはそれら課題を解決するベストミックス(ベストではないしにしてもモアベター)なサービスなのではという関心を持ち拙稿では扱っています。

 オーディオ・音楽愛好家の立場で言えば、ハイクオリティでユニバーサルでオープンなフォーマットをロスの少ないプロセスで再生することがより良いという価値があります。リスナーの立場で言えば、DRMフリーでファイルサイズが小さく安価な音源であればより良いという価値があります。

 しかし上記要件を満たすPCMフォーマットにおける録音ー再生のスキームには解決できていない課題が続いており、このことに関知しないのであれば、今後PCMのハイレゾフォーマット流通やアーティストの利益はどうなっていくのでしょうか。そのとき”音楽は演奏家と聴衆で成り立つもの”という原理原則を思い返すのです。

 冒頭の写真は先日レコードを整理していたときに気づいた、とあるアーティストのLPジャケットから出てきた一枚のメッセージカードです。このメッセージを読んだとき、今回の拙稿で取り上げた問題はアナログ時代から続く古くて新しい問題ということに気付かされました。と同時に、あの当時から意識を持ってリスナーに対しメッセージを投げかけ続けていた一人のアーティストのアクションの意義を思い知らされた次第です。




関連投稿
コラム ステレオファイル誌のMQA検証記事・要約
レビュー MQAライブストリーミング解説 - Mick沢口氏インタビュー
コラム MQAコーデックをなぜ選ぶのか?
レビュー Mytek Brooklyn DAC+ Part1 リスニング編
レビュー Roon - MQA ソフトウェアデコード、DSP EQ検証
コラム MQA技術解説についての私的メモ・ロスレスかロッシーか?
コラム SACD, HDCD, MQA-CD スペック比較考察
レビュー MQA-CD リッピング・デコード検証
レビュー Audirvana Plus 3 - MQA ソフトウェアデコード検証
コラム LINNのMQA批判について
レビュー Meridian Explorer2 - MQA






コメント

ラベル別INDEX

もっと見る