INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

Autumn L'Autunno / UNAMAS Strings Sextet [music review]

イメージ
アントニオ・ヴィヴァルディの『四季』と言えば、クラシック音楽のなかで最もポピュラーな作品の一つ。なんとなくオフィスやホテルのロビーでBGMとして日常的にメロディが流れているイメージです。ではいつ頃、初めて聴いたのか。おそらく学生時代に音楽の授業で「春」を聴いたとき。あるいはラジオやテレビから流れてきたとき。もはや定かではありません。

 UNAMAS Strings Sextetによる2019年6月発売のアルバム「ViVa The Four Seasons」からの1トラック。アートワークはライトブルーにピンクのフローラルや扇子と思しきイメージのレイヤー。ソフトなトーンのパステルカラーは落ち着いた感じを受けるジャケットデザインです。

 レーベルはUNAMASレーベル。録音は2019年1月28-29日、長野県軽井沢・大賀ホールにて行われ、レコーディング・ディレクターはHideo Irimajiri氏(Armadillo Studio)、デジタル編集はJun Tajiri氏。レコーディング、ミキシング、マスタリングとプロデューサーはMick Sawaguchi氏(Mick Sound Lab)がクレジットされています。





 UNAMSAレーベル公式YouTubeチャンネル "ViVa The Four Seasons" 4K interview インタビュー編

 イントロダクション。自然のリアルなサウンドに惹き込れます。『四季』はヴィヴァルディが作曲したヴァイオリン協奏曲の中の4作品。さらに「秋」は1.アレグロ、2.アダージョ・モルト、3.アレグロの3楽章から成り、ヴィヴァルディが描写したと言われているソネットが付され、楽曲のシーンをイメージすることがきます。"ViVa The Four Seasons"ではおおよそ11分の「秋」3楽章が1トラックとして流れます。

 タタタタタータタと耳に馴染むフレーズ。ヴァイオリンが描く鮮やかな主旋律をヴィオラとチェロの中域とコントラバスの低域がサポートするウェルバランスなクリアサウンド。UNAMAS Strings Sextetではスタンダードなオルガンやチェンバロに代わり、ヴァイオリンソロ x1とヴァイオリン x2、ヴィオラ x1、チェロ x1、コントラバス x1のセクステット構成を為し、コ…

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part4



 MQAフォーマットに関しての投稿が続きます。John Atkinson氏がStreophile誌上で「Inside MQA」と題するフォーマット解説を行っています。(Inside MQA | Stereophile.com)

 技術解説がメイントピックスですが、前段に興味深い一節がありました。As well asから始まるセンテンスで、MQAはストリーミング配信の音質向上とは別にレコード業界に他のベネフットがあるということを彼は主張しています。それはMQAがFLACのようなロスレス・パッキング・スキームとは異なるという点だと述べています。

 そのベネフィットとは、MQAによってレコード会社は著作権上の問題を絡む、ハイレゾマスターの複製をもはや販売することはなくなり、その代わりにマスターと同等に聞こえるであろう、いずれかの商品を販売し、マスターを複製することはできなくなるだろうということのようです。

 昨今のフォーマット論はオーディオ業界主導のマーケティング戦略の一環という側面が大きく、製作側の視点に立ったものなのか疑問を感じる、偏った評論や広告が巷に溢れ、そもそもハイレゾマスターのリリースに消極的、否定的なアーティスト側も、オーディオ業界隈に限定した話としてオーディオファイルほどの関心を抱くことはなかったのではないでしょうか。

 さてここへ来て、MQAのリリースが誘発し、いよいよフォーマット論の核心の論点に入ったという感を持ちます。それはフォーマット論を語る上で欠かせない、製作側のベネフィットという視点です。それはとりもなおさず、MQAがリスナー、アーティスト、技術者そしてレーベルというステークホルダーにメリットがあるデジタルメディア・音楽メディアとして成立するのか?という、今最も必要とされている論点でもあります。

 この点は前回の投稿で言及したマーケティングの事情という一節と重なり、元をただせば、当ブログのコラム「音楽メディアとフォーマット」でデジタルメディア時代の課題設定とした掲げた音楽産業界のベネフィットとコストというテーマに立ち返るもので、単にフォーマット論という枠を超えた議論に広がる可能性が見えてきました。

 ちなみにそのMQAですが、米RIAAがMPEG 4 AUDIO SLSと並びハイレゾとして認定することをアナウンスしました。(HI-RES MUSIC INITIATIVE EXPANDS TO INCLUDE MUSIC STREAMING SERVICES

 これまでのRIAA、DEGのハイレゾの定義は”制作側が当初意図した、CD音質を超える、20bit/48kHz以上の、ロスレスオーディオ”でしたので事実上の修正アップデートと言えるのかもしれません。もはやMQAがロスレスか?ハイレゾか?はあまり本質的な問題ではないよう気がしますが、MQAリリースの後押しになる動きですね。




コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part1 - MQAとは?
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part2 - MQA波及予測
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part3 - CAのMQA Q&A
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part4 - 制作者利益について
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part5 - MQA懐疑論
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part6 - TIDALのMQA対応
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part7 - MQAデコード解説
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part8 - MQA懐疑論的仮説
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part9 - Bob Talks
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part10 - ミュージシャンの視点から
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part11 - Stereophile MQA検証1 再構成フィルタ比較
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part12 - Stereophile MQA検証2 Audio Origami
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part13 - Stereophile 文脈によるMQA解説
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part14 - Stereophile MQAベネフィットとコスト
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part15 - Stereophile MQAとDRM
コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part16 - Stereophile MQA検証3 Bスプライン
コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part17 - Stereophile MQA検証4 AD/DA
コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part18 - 音楽レーベルの視点から




関連投稿
レビュー Roon - MQA ソフトウェアデコード、DSP EQ検証
コラム MQA技術解説についての私的メモ・ロスレスかロッシーか?
コラム SACD, HDCD, MQA-CD スペック比較考察
レビュー MQA-CD リッピング・デコード検証
レビュー Audirvana Plus 3 - MQA ソフトウェアデコード検証
コラム LINNのMQA批判について
コラム MQAとベストミックス
レビュー Meridian Explorer2 - MQA




コメント

ラベル別INDEX

もっと見る