INFORMATION

お知らせ Google+API廃止の方針に伴いGoogle+アカウントによるコメント等は2019年3月以降、非表示になります。ご承知おき下さい。
お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。

Latest Post

Autumn L'Autunno / UNAMAS Strings Sextet [music review]

イメージ
アントニオ・ヴィヴァルディの『四季』と言えば、クラシック音楽のなかで最もポピュラーな作品の一つ。なんとなくオフィスやホテルのロビーでBGMとして日常的にメロディが流れているイメージです。ではいつ頃、初めて聴いたのか。おそらく学生時代に音楽の授業で「春」を聴いたとき。あるいはラジオやテレビから流れてきたとき。もはや定かではありません。

 UNAMAS Strings Sextetによる2019年6月発売のアルバム「ViVa The Four Seasons」からの1トラック。アートワークはライトブルーにピンクのフローラルや扇子と思しきイメージのレイヤー。ソフトなトーンのパステルカラーは落ち着いた感じを受けるジャケットデザインです。

 レーベルはUNAMASレーベル。録音は2019年1月28-29日、長野県軽井沢・大賀ホールにて行われ、レコーディング・ディレクターはHideo Irimajiri氏(Armadillo Studio)、デジタル編集はJun Tajiri氏。レコーディング、ミキシング、マスタリングとプロデューサーはMick Sawaguchi氏(Mick Sound Lab)がクレジットされています。





 UNAMSAレーベル公式YouTubeチャンネル "ViVa The Four Seasons" 4K interview インタビュー編

 イントロダクション。自然のリアルなサウンドに惹き込れます。『四季』はヴィヴァルディが作曲したヴァイオリン協奏曲の中の4作品。さらに「秋」は1.アレグロ、2.アダージョ・モルト、3.アレグロの3楽章から成り、ヴィヴァルディが描写したと言われているソネットが付され、楽曲のシーンをイメージすることがきます。"ViVa The Four Seasons"ではおおよそ11分の「秋」3楽章が1トラックとして流れます。

 タタタタタータタと耳に馴染むフレーズ。ヴァイオリンが描く鮮やかな主旋律をヴィオラとチェロの中域とコントラバスの低域がサポートするウェルバランスなクリアサウンド。UNAMAS Strings Sextetではスタンダードなオルガンやチェンバロに代わり、ヴァイオリンソロ x1とヴァイオリン x2、ヴィオラ x1、チェロ x1、コントラバス x1のセクステット構成を為し、コ…

コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part2



 Meridian Audio社がMQAフォーマットの既存製品へのアップデート対応をアナウンスしました。いずれは他メーカーも追随するようになるだろうというStereophile誌の記事Meridian Updates its Products to MQA By Jason Victor Serinus • Posted: Jan 29, 2016)です。

 MQA対応としてのトピックスと言えばTIDALでの配信です。ストリーミング配信サービスは各社、楽曲数や料金で競い合っていますが、CD音質かそれ以上でストリーミングを用意するTIDALのサービスは、ストリーミング配信で遅れをとっている日本の音楽ファンのみならず、ハイレゾ時代到来の端境期のような非常に大きなインパクトを与える、MQAはハイレゾ時代の黒船ような気がしています。

 その核はフォーマット論争の終焉の予感です。オーディオ業界はPCMやDSDフォーマット対応について、ハードウェアのスペック競争に突入していますが、肝心の巷に存在する音源のほとんどがハイレゾではない、PCがハイレゾのプレイバック処理に追いついていない、DSDに至ってはセールストーク以外のネガティブ要素が認知され、後追いの一般ユーザーは、いずれ音質と価値の適正値を見出し始めることでしょう。
 
 その適正値としてMQAフォーマットが支持されれ拡がる可能性は3つあります。一つが高音質化。トランジェント(過渡・遅延特性)に優れていること=再現性の向上に寄与という点。一つが汎用性。プレイバックに一般的なCD音質を最低限担保しているという点。そして一つが音源供給の適正化。メタデータ中にオーソライズド・フラグが書き込まれる点。
 
 逆に言えば、この3点が受け入れられるかどうか。1点目は、MQA音質が制作者とリスナー両方の耳に適うのかという点。2点目は、CD音質以上を聴くにはハードウェア(ソフトでも可?)にデコーダーが必要になるという点。3点目は、AppleのMastered for iTunesという前例がありますが、不可逆性的な性質を持つフォーマットであるという点。
 
 もっともMQAはPCMのエンコード・デコード処理プロセスの一部なのですから、現実的には3点目の要素が大きいように思います。その利害関係の一番大きな音楽産業界の支持が、オーディオ業界推しのDSDの時とは違い、MQAの今後の展開に大きな影響を与えるのかもしれません。




コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part1 - MQAとは?
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part2 - MQA波及予測
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part3 - CAのMQA Q&A
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part4 - 制作者利益について
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part5 - MQA懐疑論
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part6 - TIDALのMQA対応
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part7 - MQAデコード解説
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part8 - MQA懐疑論的仮説
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part9 - Bob Talks
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part10 - ミュージシャンの視点から
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part11 - Stereophile MQA検証1 再構成フィルタ比較
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part12 - Stereophile MQA検証2 Audio Origami
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part13 - Stereophile 文脈によるMQA解説
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part14 - Stereophile MQAベネフィットとコスト
コラム 音楽メディアとフォーマット・MQA Part15 - Stereophile MQAとDRM
コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part16 - Stereophile MQA検証3 Bスプライン
コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part17 - Stereophile MQA検証4 AD/DA
コラム 音楽メディアとファーマット・MQA Part18 - 音楽レーベルの視点から



関連投稿
レビュー Roon - MQA ソフトウェアデコード、DSP EQ検証
コラム MQA技術解説についての私的メモ・ロスレスかロッシーか?
コラム SACD, HDCD, MQA-CD スペック比較考察
レビュー MQA-CD リッピング・デコード検証
レビュー Audirvana Plus 3 - MQA ソフトウェアデコード検証
コラム LINNのMQA批判について
コラム MQAとベストミックス
レビュー Meridian Explorer2 - MQA




コメント

ラベル別INDEX

もっと見る