INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

コラム サンシャイン

イメージ
深い緑の中をゆっくりと縫うように走る電車。車窓からは瑠璃と紺碧の水平線が時折り垣間見える。太陽はすでに高く輝き、紫外線は窓を通して左腕に照りつける。僕は2泊3日の夏合宿を終え、青春18きっぷを利用した普通電車での帰路にあった。 


「せんぱい?」 横を見ると後輩がひとり、僕の顔を覗き込んでいた。 「奴ら、うるさいだろう?」と返すと、クスッと笑う。
「一番前からの写真を撮りたくて」 「座る?」と僕は隣に視線をやる。 「はい」



「あっという間だったね」窓外の景色を眺めながら呟く僕。 「楽しかったです」 「朝まで浜で遊んでいた奴がいるんだって」と僕。 「そうなんですか?」 「馬鹿だよね」と僕。二人で笑う。
「先輩、何を聴いているんですか?」 「聴く?」僕はイヤホンを外し、左側を手渡し、右側を右耳に付け換えた。



窓外の風景はいつのまにか街に変わっていた。 僕らはいつのまにか音楽と電車のリズムで夢の中へ誘われていた。 隣に座っている後輩の頭が僕の肩に寄りかかっている。
車両連結部分のドアが開いた音で僕らは背筋を伸ばした。 携帯には彼女からメールが届いていた。 「ナツヲオウカシテキタ?」
「先輩は学校に寄りますか?」 「家に帰るけど?」と僕。 「私もです」



電車がターミナル駅に到着し夏合宿は解散した。 乗り継ぎホームの向かいには6、7人の部員たち。 皆、うちわをあおいでいる。
エアコンの効いた電車に乗車し横並びに座る。 「つづき、聴く?」と僕。 やがて駅に到着し、後輩はイヤホンの片方を返すと一礼し下車した。



僕が手を振ると、手を振り返した。 もうすぐ暑い夏が終わる。


 *この物語はフィクションです。




関連投稿: コラム 15%の失恋ソーダ
コラム ある日の僕と彼女とFMラジオ




レビュー DENON RCD-N8 Part1



 リビングのサイドボードに置けるコンポを探す際、LANとメディアサーバーのインフラがあることからネットワーク・CDコンポを選ぶことにしました。先日、Bluetoothが使えるONKYO X-U1Xのレビューをしましたが、その時にもう一つの候補だった機種です。





 X-U1Xより一回り大きいサイズの筐体に65WのアンプとCD・ネットワークプレーヤーを収めています。材質はカジュアルなプラスチック系ですが、市場価格を思えば納得できるものだと思います。RCD-CX1のような精緻な質感ならもっとプライスゾーンは高いのかな。

 この機種を選んだ大きな理由はApple Lossless(ALAC)ファイルが使えること。サーバーに保管している音楽ファイルがALACファイルなので、このファイルがストレス・フリーに使えることが何よりも決め手でした。



 もう一つの理由は、操作レスポンスの良さ。他機も比較し触ってみましたが、RCD-N8はリモコン操作の選曲・再生がキビキビしていて、ディスプレイの視認性の良さがあって、あるいはタブレット用DENON Remote Appででの操作ができますので、LINN DSをタブレットでコントロールする様な感覚と同じように操作できます。

 DLNA対応ですのでサーバーへの接続もかんたん。リモコン操作でのサーバー接続は階層上にアルバムやファイルまでつながります。慣れれば敷居の高いものではないかもしれませんが、先述のAppの方がかんたんです。AirPlay対応なので、iPad内音楽コンテンツやRadikoを聞きたい場合もiPadからストリームで流すことが出来ます。

 音質はDENONらしく低域がしっかりしたバランスのいいサウンド。 大きなスピーカーでも無い限り60Wもあれば、おおよそ広め部屋でもスピーカーを十分鳴らすことが出来ると思います。またWAV、FLACファイルなら24bit/192kHzのハイレゾ音源も再生できます。CDプレーヤーが不要な方なら兄弟機のDENON DRA-N5でもいいかもしれませんね。



つづきは、レビュー DENON RCD-N8 Part2です。



コメント

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release