INFORMATION

お知らせ ページトップの「検索」のほか、サイドバーとページ中段にインデックスを設けています。
お知らせ Stay Healthy and Safe. #NewNormal

Latest Post

コラム サンシャイン

イメージ
深い緑の中をゆっくりと縫うように走る電車。車窓からは瑠璃と紺碧の水平線が時折り垣間見える。太陽はすでに高く輝き、紫外線は窓を通して左腕に照りつける。僕は2泊3日の夏合宿を終え、青春18きっぷを利用した普通電車での帰路にあった。 


「せんぱい?」 横を見ると後輩がひとり、僕の顔を覗き込んでいた。 「奴ら、うるさいだろう?」と返すと、クスッと笑う。
「一番前からの写真を撮りたくて」 「座る?」と僕は隣に視線をやる。 「はい」



「あっという間だったね」窓外の景色を眺めながら呟く僕。 「楽しかったです」 「朝まで浜で遊んでいた奴がいるんだって」と僕。 「そうなんですか?」 「馬鹿だよね」と僕。二人で笑う。
「先輩、何を聴いているんですか?」 「聴く?」僕はイヤホンを外し、左側を手渡し、右側を右耳に付け換えた。



窓外の風景はいつのまにか街に変わっていた。 僕らはいつのまにか音楽と電車のリズムで夢の中へ誘われていた。 隣に座っている後輩の頭が僕の肩に寄りかかっている。
車両連結部分のドアが開いた音で僕らは背筋を伸ばした。 携帯には彼女からメールが届いていた。 「ナツヲオウカシテキタ?」
「先輩は学校に寄りますか?」 「家に帰るけど?」と僕。 「私もです」



電車がターミナル駅に到着し夏合宿は解散した。 乗り継ぎホームの向かいには6、7人の部員たち。 皆、うちわをあおいでいる。
エアコンの効いた電車に乗車し横並びに座る。 「つづき、聴く?」と僕。 やがて駅に到着し、後輩はイヤホンの片方を返すと一礼し下車した。



僕が手を振ると、手を振り返した。 もうすぐ暑い夏が終わる。


 *この物語はフィクションです。




関連投稿: コラム 15%の失恋ソーダ
コラム ある日の僕と彼女とFMラジオ




レビュー DENON RCD-N8 Part2



DENON RCD-N8のミュージック・サーバー再生に絞って追加レビューしたいと思います。

本体前面はボタン配置が省略化されていますので、リモコンorアプリでの操作がおおよそ前提なんだと思います。操作性に関しては、リモコンよりアプリの方が有利ですが、リモコンでも操作可能ですという視点でのレビューです。



リモコンにはCD、MusicServer、Digital-In、Analog-Inなどソース単位のボタン、再生/一時停止/停止/スキップ/リバースボタンなど操作ボタン、音量ボタン/十字カーソルボタン/数字/アルファベットボタンその他一通り配置されています。




DENONのリモコン。前回の投稿で言及しましたが、階層フォルダ上のアルバムや曲を選曲しますので、リモコン操作ではこの十字カーソルボタンを多く使うことになります。



サイズの大きな有機ディスプレイは視認性が高いです。選択中の項目が可動的に拡大表示されるので、その作用もあると思います。日本語表示対応です。



上写真はMusicServerボタンを押した後にサーバーがディスプレイ表示されている状況です。例えばTwonkyServerを選択すると、次の階層のミュージック・フォルダが表示され、その次の階層のアルバム、アーティスト、ジャンル・・・などが表示され、最後にアルバム、曲の単位までたどり着くということになります。この表示順はサーバー側の設定に依存します。



階層は末端に行くほど項目数が多くなりますので、曲までたどり着くのが面倒です。私の場合はアルバム階層でSerachボタンを押して、選曲したいアルバムの文頭を数字・アルファベットボタンで入力すると、そのアルバムや周辺までたどり着くのでさらに絞り込む、そういう選曲方法を活用しています。タブレット操作に越したことはないが、リモコンでも事足りるというニュアンスが伝われば・・・。




iPod DockにセットしたiPodもリモコンで操作できますので、Airplayで音切れするときや充電チャージしたい場合などはそういう使い方も可能です。



本体やアプリのアップデートもなされていますし、概ね期待以上の満足感を得ていますが、一点だけ要望があって、AirPlay操作の際の不慮の大音量を防止するために、本体の音量制限に幅を持たせて欲しいと思います。とくに下限を下げる方向で。



コメント

ラベル別INDEX

もっと見る

New Release